Yasuji Ohagi
高校卒業後にフランスに渡り、パリのエコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院で学ぶ。1998年、ハバナ国際ギター・コンクールにて第2位及び審査員特別賞を受賞。2000年から4年間、イタリアのシエナで開かれるキジアーナ音楽院でオスカー・ギリアに師事し、4年連続最優秀ディプロマを取得。
ルネサンスから現代曲まで多彩なレパートリーを持ち、ソロから室内楽、協奏曲と幅広く取り組んでいる。国内外でジャンルを超えた活動を展開し、TV、ラジオ、雑誌での露出も多数。
2000年に「11月のある日」でビクターエンタテインメントからCDデビュー。これまでに11枚のCDおよび2枚のDVDをリリース。第6回ホテルオークラ賞、第18回出光音楽賞受賞。宮崎県出身。
Yasuji Ohagi Official Site@ Victor Entertainment
Ryu's Cuban Night 2007

Nov 12, 2005

早稲田大学へギター侍が!?

池田慎司さんのコンサート、熱い演奏でした。また今日、明日とどこか忘れましたが都内で演奏されるようです。

051111_210401.jpg
左はギタリストの新井伴典さん、右が池田慎司さん。


・・・さて、早稲田大学での招聘講師の大役も、無事終了しました。果たしてちゃんと言ってることが伝わったか心配でしたが、生徒のみなさんが小さい紙に書いてくれたそれぞれの感想文を全部読んで、「あ〜、あの90分が彼らにとって無駄にならなくて良かった〜。」とホッとしているところです。様々な話題が出てきましたが、各々が受け止め、感じる事は十人十色で、そこにとても興味を持ちました。それで良いと思うのです。皆が同じ考えになったらなんてつまらない世界になるんだろうとおもいます。自分はこういう考えを持っていて、あなたはこんな考え方をするんですね、と比較対象して相手を知ってゆく。各々違う環境で育ってきたんだから考え方や価値観が少しくらい違っていて当たり前。その違いが「個性」の要素にもなっているのでしょう。日本では「個性的」=「変わり者」のように扱われがちですが、海外では個性がハッキリしない(自分の意見が無い)人のほうが「ちょっとおかしいんじゃないの?」となります。だから良い意味で自分の意見をちゃんと自分の言葉でいう事が出来る大学生がいる事がとても嬉しかったです。
野谷文昭教授、有り難うございました!

051111_180802.jpg

そしてこの用紙に書かれている・・・


051111_180901.jpg


・・・ってアンタ、「オオハギ」じゃなくて「オオイバラ」になってますから〜っ!!

残念っ☆


微妙に紛らわしい苗字でゴメンネ、斬りっ(゜д゜;)・・・。

学生の皆様、感想はofficial web siteホームページ(http://www.jvcmusic.co.jp/ohagi/)のメッセージ欄のところでも常時受け付けております。みてないようでちゃんと全部拝見しておりますので大丈夫です。いつになるか分かりませんが、これまでいただいた質問に対してのQ&Aもできる範囲でしていきたいと思っております。

November 12, 2005 in 日記 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143787/7057388

Listed below are links to weblogs that reference 早稲田大学へギター侍が!?: