Yasuji Ohagi
高校卒業後にフランスに渡り、パリのエコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院で学ぶ。1998年、ハバナ国際ギター・コンクールにて第2位及び審査員特別賞を受賞。2000年から4年間、イタリアのシエナで開かれるキジアーナ音楽院でオスカー・ギリアに師事し、4年連続最優秀ディプロマを取得。
ルネサンスから現代曲まで多彩なレパートリーを持ち、ソロから室内楽、協奏曲と幅広く取り組んでいる。国内外でジャンルを超えた活動を展開し、TV、ラジオ、雑誌での露出も多数。
2000年に「11月のある日」でビクターエンタテインメントからCDデビュー。これまでに11枚のCDおよび2枚のDVDをリリース。第6回ホテルオークラ賞、第18回出光音楽賞受賞。宮崎県出身。
Yasuji Ohagi Official Site@ Victor Entertainment
Ryu's Cuban Night 2007

Mar 21, 2006

B→C→エスポワール→祝、鈴木大介さん

B→C終わりました。
この日の模様は福岡のギター、マンドリン専門店
「フォレストヒル」さんのHPの中の
「フォレストヒルニュース」に掲載することにします。

プログラムは以下の通りです。


* J.S.バッハ:リュート組曲 ホ長調 BWV1006a
 (原曲:《無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番》ホ長調)

* J.S.バッハ:プレリュード、フーガとアレグロ 変ホ長調 BWV998

* ヴィラ=ロボス:《5つの前奏曲》から1、3、5番

* 武満 徹:フォリオス

* ブリテン:ダウランドによるノクターナル─
  《重き眠りよ、来たれ》にもとづくリフレクションズ op.70

[アンコール]
* フランソワ・ルコック:イ短調組曲よりパッサカリア


* 武満徹(福田進一/編):翼


さて、その翌々日は沢山行きたい
コンサートが重なっていたのですが、
パリに留学していた頃に一度共演させて
いただいたことがある、ウ゛ァイオリンの
瀬崎明日香さんatトッパンホールの
「エスポワール」企画のコンサートに行きました。

イザイのソナタ全曲演奏。
それをストラディバリウスで。
あるヴァイオリニストたちを讃えて
ヴァイオリニストが書いた曲を
ヴァイオリニストが演奏する。
ギターの世界ではしばしば見ることですが、
ヴァイオリンの世界ではどうなのでしょうか?

瀬崎さんのどこまでも真摯に音楽に
向き合っていると思わせる演奏を聴いていると、
「演奏欲神経(そんなものあるのか?)」
を刺激させられます。

・・・と思っていたら更に追い打ちをかけるが如く、
鈴木大介さんが「ギター・エラボレーション」を認められ、
芸術選奨(せんしょう)文部科学大臣新人賞を
受賞されたではありませんか!!

祝電ならぬ祝メールをおくらせていただきました。

更に更に自分がこれからやっていくことに
対して冷静に見つめていこうと思った数日間でした。

*写真は演奏後の瀬崎さんと。060316_211501.jpg

March 21, 2006 in 日記 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143787/9187297

Listed below are links to weblogs that reference B→C→エスポワール→祝、鈴木大介さん:

» E.イザイ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ/フランク・ペーター・ツィンマーマン from 航  海  記
 デュオ・プリマとして活躍される礒絵里子さん(Vn)、神谷未穂さん(Vn)のブロ Read More

Tracked on Mar 21, 2006 10:50:26 PM

» 超絶技巧な午後 from 航  海  記
 今日は仕事が休みだったので、昼間から文京区開催の若手アーティストによる「無料」 Read More

Tracked on Mar 21, 2006 10:54:59 PM

Comments

今頃、時期遅しで、申し訳ないですが、やっぱり知りたいので、どなたかコメントお願いします。B→C のコンサートとは、何でしょうか?ついでにエスポアールというのは?
途中から参加した者は、よくわかっていないところがあります。済みませんですが・・・

Posted by: ルナ | Apr 1, 2006 12:14:38 PM

本当に音楽にしろそれ以外にしろ、素晴らしい物にふれて、刺激される事ってありますよね!私も少しでも良い物にふれて自分磨きをしようとおもいます。

Posted by: riri | Mar 22, 2006 12:19:58 AM

先日、区主催の無料コンサートで瀬崎明日香さんのイザイを2曲だけ聴きました。本当に凄い演奏でした。イザイは何度聴いてもいいです。

Posted by: t@shi | Mar 21, 2006 10:52:45 PM

大萩さんの演奏大好きです。いろんな人がいろんな演奏をするけれど、大萩さんの音には物語がある感じがして、こう、小さい頃の夜親に本を読んでもらってその声を聞きながら眠る心地よさみたいな。いや子守唄にたとえてるんじゃないですヨ。わくわくする、ずっと聴きたくなる、雰囲気に入り込んだりする、一緒に心が動く、心地いいそんな感じです。
上限(行き着く先)がない、幅がある(せめてでもそういう風に見える)ことが「人によって追求される分野」の条件なら音楽もそうと言えますか。これからもどのような音楽をされてゆくのか楽しみにしています。

あ、付け足し。大萩さんはたまにギターで音楽をするのでなく音楽をするのにギターを弾く(音楽でギターをするって言葉として変なので...)という感じを受けるので、それがとても嬉しくて、面白くて(いや、愉快とかじゃなく嬉しさが込み上げると言う感じで)、大好きです。このブログも面白くて大好きです。大萩さんがどう変わりどんな表現をしていくのか、このブログの次回の記事はどんなお話なのか、楽しみにしています。


Posted by: kuu | Mar 21, 2006 9:23:26 PM

何事でも、あるものを不断の努力で極めた人というのは、演奏にしろ、その人の生き方にしろ、まわりの人の心さえも突き動かす事が出来るんですね。よ~し、自分も毎日の生活を、頑張ろうって気持ちになりました。昨日より今日、今日より明日!

Posted by: miracle | Mar 21, 2006 8:43:00 PM

B→Cのコンサートは
仕事の都合で途中からになってしまいましたが、
後半+アンコールを堪能させていただきました!

会場が大萩さんの演奏によって
別世界になっていました。
私も日頃の・・・を忘れ
聞きほれてきました。

コンサート終了後は
「私も頑張ろう!」と気持ちを新たにして
帰っています。


八王子のチケットも購入しているのですが、
これまた・・・途中からになってしまうかもしれませんけど、
行くつもりです!
楽しみにしています。

Posted by: しゃおりん | Mar 21, 2006 5:44:50 PM

Post a comment





Insert Emoticon