Yasuji Ohagi
高校卒業後にフランスに渡り、パリのエコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院で学ぶ。1998年、ハバナ国際ギター・コンクールにて第2位及び審査員特別賞を受賞。2000年から4年間、イタリアのシエナで開かれるキジアーナ音楽院でオスカー・ギリアに師事し、4年連続最優秀ディプロマを取得。
ルネサンスから現代曲まで多彩なレパートリーを持ち、ソロから室内楽、協奏曲と幅広く取り組んでいる。国内外でジャンルを超えた活動を展開し、TV、ラジオ、雑誌での露出も多数。
2000年に「11月のある日」でビクターエンタテインメントからCDデビュー。これまでに11枚のCDおよび2枚のDVDをリリース。第6回ホテルオークラ賞、第18回出光音楽賞受賞。宮崎県出身。
Yasuji Ohagi Official Site@ Victor Entertainment
Ryu's Cuban Night 2007

Mar 22, 2006

食べました。

美味しくないですね。

ジンギスカンキャラメル。

ギターの松尾俊介君が遊びに来てくれて、
そのときに「食べる?」と勧めたら、
あまりにあっさり口に放り込んだ瞬間の、
言葉が出て来なさそうな不安に満ちた表情が印象的で、
「よし、俺もその感覚を味わうのは今だ!!」
・・・と満を持して食べた瞬間に舌触りは
キャラメル、香りは何かショウガやニンニクの
入ったような香りを化学調味料で模した
感じのものが口の中から鼻孔に充満しました。

・・・私が小学校六年生の家庭科の時間、
先生に特別まずいサンドイッチ(中には
たっぷりカラシやワサビを注入)を冗談で
作ったところ、先生はそれをすべて
お召し上がりになりました。

世の中には毎秒のように食べ物もろくに
得ることができずに飢えで死んでいく人が
いる中で、そんな食べ物(サンドイッチ)を
途中で捨てることはできない、冗談で人に
まずいと分かっている食べ物を作るものではないよ
と教育していただのです。

私たちの班は自分たちがしたことに対して
涙を流しました。それ以来食べ物は
大事にしています。ご飯粒も残さず、
目の前に出た物は全て食べるようにしています。
好き嫌いもありません。

・・・よって、ジンギスカンキャラメルも
どういう目的で作られたかは知らないけれど、
最後まで口の中で溶け終わるまで食べました。
食べ終わった後も口の中にいるようです。
これを食べる人は、キャラメルの前に
本物のジンギスカンを食べてからにした方が
良いと思います。
本物のジンギスカンは美味しいです。


このキャラメルはいろんな方に
食べていただきたいです。

「飽食ニッポン」の味がしますよ。060320_002201.jpg

March 22, 2006 in 日記 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143787/9200956

Listed below are links to weblogs that reference 食べました。:

» プリのせるw from お兄ちゃん募集日記
とりあえずプリ帳からプリをのっけてみるw これでメールとか来なかったらショックでかいよw ちょっと思いっきり白くした写メだけど一応左なんでw よろしくお願いしまぁす☆ ... Read More

Tracked on Mar 22, 2006 8:22:03 AM

» 哲人アリストテレスの殺人推理 from ホワイトヘッド
■哲人アリストテレスの殺人推理作者: マーガレット ドゥーディ出版社/メーカー: 講談社発売日: 2005/06メディア: 単行本 Read More

Tracked on Mar 23, 2006 12:09:19 PM

» おぉ! from ゆるゆる日記
『食べ物は大切に』 大萩さんも私と同じ考えですごくうれしいです♪ えへへ☆ ジン Read More

Tracked on Mar 23, 2006 11:06:59 PM

» イラクの小さな橋を渡って from chotto
遺跡による文明論を雑誌に連載していた作家の池澤夏樹さんが、メソポタミア文明の発 Read More

Tracked on Mar 24, 2006 8:25:05 AM

» 庄内町の風景 from いぐぜあまるめ日替わり日記
はじめましてウェブ担当のうぇぶたんです。私がイグゼあまるめのウェブ部門の責任者と Read More

Tracked on Mar 24, 2006 11:05:33 AM

» イグゼのブログで語ってみっが!? from いぐぜあまるめ日替わり日記
どーも、イグゼのネクタイはち巻きおぢさんで~す。今日が初めての書き込みなので、先 Read More

Tracked on Mar 24, 2006 11:06:52 AM

» アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書 from イースター堂
アメリカの小学生たちは、こんなに易しい英語でこんなに面白い歴史を読んでいる! 真珠湾攻撃、原爆投下、ベトナム戦争などはどう語られているか? アメリカ人の考え方のスタンダードがわかる。 日本の読者向けコラムも充実。 ... Read More

Tracked on Mar 31, 2006 1:00:07 PM

» WENGER(ウェンガー) ソルジャー 17001 from アーベントイエル
兵役に入った成人男子に支給される、公式スイスアーミーナイフと同じモデル。 スイス軍に制式採用されることでウェンガーの基礎を築いた伝統の名品、ソルジャー。 シンプルにしてミニマムなツールは、今もなおその有効性を失わない究極の1本である。 ... Read More

Tracked on Apr 1, 2006 10:09:21 AM

» ジンギスカン・キャラメル from ゆんみの日記帳
「ジンギスカン・キャラメル」って、食べたことあります・・・? Read More

Tracked on Aug 24, 2006 10:13:10 PM

» 一息 from El Cant dels Ocells 〜 鳥の歌
 チェロただいまの課題はBoellman(ボエルマン)のSymphonicVar Read More

Tracked on Sep 18, 2006 1:57:42 PM

Comments

ものを粗末にしてはいけません。
まったくそのとおりデス♪(σ゜ω゜)σ
今日も3歳の甥っ子が遊びに来たのですが、食べのものに執着がなく少食すぎるので『もったいないお化け』(注)の噂話をしたらがんばって食べてくれました。
(注)『もったいないお化け』とは、ものを粗末にすると「もたいない、もったいない、もの粗末にするのはだれじゃ~」といってあらわれるお化けのこと。

甥っ子とは対照的に私が意識を持とうとホワイトバンドをしていると友人が「ペットのノミ捕りの首輪みたい」といわれ我が姿を悲しく思いをしました。飽食すぎる私とは逆に甥っ子は、「少食」ではなく「粗食」なのかも知れませんね(;´―`)ゝ

話は変わりますが、現在は全国区になった、大好きな『ゴーヤ』ですが、十数年前、沖縄の旅で『ゴーヤジュース』を発見した時、チャレンジ精神の旺盛な年代にもかかわらず口にできなかったことを思い出しました。

『島へ』で沖縄へ行かれた時、『ゴーヤジュース』は飲まれましたか?

〈すみれの花〉さんと同じく、TVでしたが大萩さんのギターを聴いてビビっときて、コンサートで奏でる音を聴くだけで涙をぬぐったのは、あなたが初めてでした。私にとっての癒しの音
感動で涙する・・・。
心が豊かになったようなやさしい気持ちになれたことを今でもおもいだします。
これからも頑張ってください。

Posted by: sumi-jun | Apr 2, 2006 1:52:33 AM

大萩さんは、本当に素敵な人ですね。その優しく曇りのない心が、奏でる曲にそのままでているのだな~と感じました。大萩さんの曲を初めてラジオで聞いた時、涙が出た理由がこのブログを拝見するようになってわかりました。どうもありがとうございます。これからも、ずっとそのままの大萩さんでいて下さいね。そして、これからも音楽を通してたくさんの人を癒してあげてください。勇気を与えてください。また、コンサートでお会いできるのを楽しみにしています。

Posted by: すみれの花 | Mar 26, 2006 1:45:14 AM

少し悲しかったです。

てっきり、どなたかからの贈り物だと思っていました。
なので、「開ける勇気がない」は、贈り主に対する大萩さんらしい思いやりのある
精一杯のコメントなのだと。
文面からは、最初からそういう商品だとうすうす感じているように思えたのです。
逆にわかった上で買っていると思い、コメントを寄せた方々の中には、
少し寂しい思いをしている方がいるのではと気になったり。

一方でとても嬉しかった。素敵な先生とのエピソードと、食べ物を粗末にしない精神。

「完食」も大事ですが、食べ物を粗末にする会社の商品を買わないことも大事かな。
それは、商品そのものに対してだけではなくて、
コンビニのお弁当は、陳列用に作ってはバサバサと捨てられていく。
そんなシステムを利用している私は「飽食ニッポン」に加担している気がします。
もっと言えば、先進国が作った経済システムが他国の「飢え」の遠因になっているとしたら・・。
何かを買うとき、乗り物に乗るとき、選挙のとき、知らず知らずのうちに加担しているかもしれない。

とはいえ、かかわりあう企業の全てを知っているわけではなく、キャラメルの会社も、
一方で社会貢献事業もしているかもしれない。
私は歯医者さんで一粒いただいたのですが、
それがきっかけでとても会話が弾み、そんな効用もあるのかなと思っています。

いずれにしても一面のみでの判断はせずに、
日々、原材料をチェックしてから買ったり、どんな企業かなと考えたりしながら、
できる範囲で丁寧に生きていくことが大事かな・・。

先生や大萩さんは、そんなことを端的に教えてくださった気がします。

Posted by: 沙 | Mar 25, 2006 12:43:31 PM

ふぅむ・・・ツッコミどころがないお人じゃ。

Posted by: みたらし団吉 | Mar 24, 2006 2:17:17 AM

飽食世代に生まれた人で、ご飯粒を残さず最後まで大切に食べる人は、少ないように思います。お茶碗にご飯粒をたくさん残している人を見ると、何だかがっかりします。

戦争を体験した祖父母たちの時代は、一粒でも口の中に入れたいほど、空腹と戦っていたということ、ご飯一粒の中には7人の神様がいらっしゃる(らしい)ということを、改めて想起した記事でした。

Posted by: 宵待小鳥 | Mar 24, 2006 12:41:49 AM

ジンギスカンキャラメル食べて頂けたのですね…。
私も先日友人が買ってきてくれたジンギスカンキャラメルを初めて食しました。
札幌ではコンビニに普通に売っているようです。
私は友人3人と意を決して口の中に入れました…。
すると…意外とあっさり一粒完食してしまいました。
私たちの味覚がおかしいのか、あまりにもまずいことを想定しすぎて味覚がおかしくなったのか、
何がどうしたのかは定かではありませんが…それでもやっぱりもう一粒とまではいきませんでした。
美味しくはないですね…そしてふざけすぎた自分が恥ずかしいです…
残っているキャラメルの数の方がダントツ多いのですが、余すことなく「飽食ニッポン」の味としてたくさんの人に食べてもらおうと思っています!!

Posted by: あい | Mar 23, 2006 12:44:17 PM

ついにたべましたかぁ!コンサートのサイン会の時にお願いしたおいちゃんです。カキコしてくれて嬉しいです。余計な事お願いしたなって反省してます。でも、学生時代の大萩さんの思い出話が聞けたし、飽食時代の事も改めて考えたりと、とても意義深いコメントで良かったです。有り難うございました。

Posted by: 湘南のおいちゃん | Mar 22, 2006 11:12:47 PM

なんのためらいもなく、口に含んだ松尾俊介さんを想像しました。ごく最近、大阪のドルチェというアーティストサロンで、彼のギターと、井上さんという方のサックスのコラボを拝聴したばかりです。演奏後、サインをいただくときに、少しお話させてもらって、そのお人柄なりに触れました。それで、松尾さんなら、そうするだろうなぁと想像つきました。
涙を流して、反省して食べ物を粗末にしないと心に誓った大萩さん。いい先生に巡り会えましたね。食べた後のキャラメルの紙が、とても印象的なショットです。

Posted by: ルナ | Mar 22, 2006 10:50:57 PM

ジンギスカンキャラメル、友達が面白半分に周りの人に配ってて、食べた人みんなが途中でギブアップしてました。
(私はチャレンジする気になれず、食べれませんでした。)
こんな商品が毎日大量生産されてるのは確かに悲しい話ですね。
このジンギスカンキャラメルを、ここまでまっとうな話に広げられる大萩さんはほんとに素敵です!
読んではっとさせられました、この人柄が音楽にも反映されてるんですね~。

Posted by: momo-royd | Mar 22, 2006 10:40:47 PM

大萩さんや先生のお話を聞いて、興味本位だった自分が恥ずかしくなりました・・

広い世の中には、生きるためにドロ水だってためらわず飲むような小さな子どもが何万といるんですよね。
そういう子どもたちにとっては
「食べること」=「生きること」なんですよね。


食べ物に対して、そういう考え方をもつ大萩さんが素敵だなと思いました(*^^*)

Posted by: ちひろ | Mar 22, 2006 4:39:58 PM

この味を「飽食ニッポンの味」と喩える感性は、さすが大萩さん、ですね。
私は、最後までいけるかなーと思ってなめてましたが、途中で出してしまいました。
ごめんなさい。
「食べ物を祖末にしない」
子供たちに伝えていきたい精神です。

Posted by: mami | Mar 22, 2006 1:50:14 PM

すばらしい先生ですね。
普通に叱るだけはできても、体を張ってできる人はなかなかいないと思います。
でも、完食した大萩さんもかなり素敵です。

Posted by: shouko | Mar 22, 2006 10:13:40 AM

ついに食べたんですね…。そうですか…やはり皆さんが言うようにおいしくはなかったみたいですね。。。いまだにジンギスカンすら食べたことがないので味の想像がつきません!? …とりあえず肉だけでも食べてみようかとおもいます。

Posted by: riri | Mar 22, 2006 7:53:10 AM

Post a comment





Insert Emoticon