Yasuji Ohagi
高校卒業後にフランスに渡り、パリのエコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院で学ぶ。1998年、ハバナ国際ギター・コンクールにて第2位及び審査員特別賞を受賞。2000年から4年間、イタリアのシエナで開かれるキジアーナ音楽院でオスカー・ギリアに師事し、4年連続最優秀ディプロマを取得。
ルネサンスから現代曲まで多彩なレパートリーを持ち、ソロから室内楽、協奏曲と幅広く取り組んでいる。国内外でジャンルを超えた活動を展開し、TV、ラジオ、雑誌での露出も多数。
2000年に「11月のある日」でビクターエンタテインメントからCDデビュー。これまでに11枚のCDおよび2枚のDVDをリリース。第6回ホテルオークラ賞、第18回出光音楽賞受賞。宮崎県出身。
Yasuji Ohagi Official Site@ Victor Entertainment
Ryu's Cuban Night 2007

Jun 14, 2006

Bogota旅記〜街編〜

ここには15世紀にスペインの征服者たちが
黄金やエメラルドを採りに来た頃の
建築様式が今も残っています。

今となっては観光ポイントと
なっていますが、
そこでは何世紀もの間、
いろんなドラマが
繰り広げられていたはずです。

それを先住民たちはどんな気持ちで、
自然や街が変化して行く様を、
見ていたのでしょうね。

そんな事も想像しながら
観て行くのも趣の一つで
あると思います。

Imgp0269広場の大聖堂

Imgp0270古きスペインは
こんなバルコニーが
付いているのが特徴的。
・・・だそうです。


Imgp0295石畳の道路。
ここを五百年前は馬車が
走っていたのでしょう。
(現在でも見かけましたが・・・・
・・・・笑)

Imgp0290ある大学の回廊。
こんな大学に入ったら
否応も無く気が
引き締まりそうです・・・。


Imgp0289その大学の中庭に
じっと構える銅像。

Imgp0292椅子。
「何でも鑑定団」へ
出品したら・・・・!?

Imgp0293床ひとつ撮っても
こんなに美しい。


Imgp0298レストランの中庭も
この通り。
家にも欲しいです。


Imgp0294これまでとは
がらっと変わって
近代的な様相の
バス・ステーション。


いや〜、今日は長いブログでした(笑)

June 14, 2006 in 住まい・インテリア, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 趣味 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143787/10488274

Listed below are links to weblogs that reference Bogota旅記〜街編〜:

» プロミュージシャン from the エンタ master!!!
写真にもあるようにギターやってるんですけど、 やっぱり自分でやってるだけじゃあ中 Read More

Tracked on Jun 14, 2006 7:56:34 PM

Comments

I'm really Glad i came across this website.Added ohagiyasuji.cocolog-nifty.com to my bookmark! <b><a href="http://gordon24rutledge.bravejournal.com ">Watch Family Guy</a></b> 100% free online.

Posted by: Watch Family Guy | Feb 18, 2011 7:53:06 PM

先人の哀しみ、喜び、怒りなどの様々な想いを、頭に描きながら、読んでみました。


今まで遠い地域だったのに、
大萩さんの音楽とブログのおかげで、
かなり身近に感じられるようになりました。
ありがとうございます!

Posted by: しゃおりん | Jun 20, 2006 3:06:22 AM

多くのファンの方に愛されて、幸せですね。
本当に、それだけ万人を惹きつけられる
愛情や優しさ、強さなどを、大萩さんは、持ってらっしゃるからですね☆
音楽は、心で奏でるものだと思います。
豊かな大きな心が、あってこそ出来るのかな。
いまの私は、技術もまだまだの身です。

Posted by: 蝶の夢☆ | Jun 16, 2006 8:51:49 PM

歴史あるもの。
それは、先人の残してくれた大切な宝物。
全てが何ものにもかえがたい
素晴らしい財産ですね。

歴史あるものに触れるたびに
どんなテクノロジーもその歴史の深さには
かなわないのだと痛感します。
だからこそ、守らなければいけませんね。
この時代に生きる私たちが。

大萩さん、あなたの優しさあふれる心と情熱奏でる指先で、
次の世代へ先人の音楽を伝えて続けて下さい。
あなたにしかできないことだと信じています。

Posted by: すみれの花 | Jun 15, 2006 11:26:22 PM

はじめまして。
僕もギターをやっているのでチョット気になって見させていただきました。
僕の場合ロックギターですけど、同じ楽器ですから通じるものがあるはず!
勉強させていただきます!!よろしくお願いいたします。

Posted by: fujikun | Jun 14, 2006 7:52:05 PM

宮崎に帰ってくれば、
中庭付きの家とかすぐ住めるちゃが(^_-)

Posted by: ムートンです。 | Jun 14, 2006 1:53:29 PM

本当に、まるでスペインのようですね!
ボゴタという街が、こんな風景をしているとは!

昨年の夏に、スペインを旅行してきましたが、
ウチにも、素敵な中庭が欲しい~と、その時も思いました。

いつもながら、写真の撮り方も素敵です!
大萩さんが撮られたのですよね?

Posted by: koguma | Jun 14, 2006 1:31:36 PM

 建物でも何でも歴史を感じさせてくれるものをはいいですね。

 日本の都会が味気なく感じてしまいます。
 
 行ってみたい~。
 

Posted by: さとよりんこ | Jun 14, 2006 11:29:22 AM

すご~く素敵です!なんて味のある建物ばっかりなんでしょうか。
先日スペインに建築物を見に行きました。世界遺産がイタリアの次に多い国ということで、守るべき古くて歴史のあるいい建物がたくさんありました。大聖堂が特に言いようがないくらいすばらしかったですが、大萩さんの見てきたものたちと近いものを感じます。
昔のものほど細部までしっかりつくってあって、こんな技術があったのか~と感心するばかりです。建物に対する情熱と愛情がありますよね。ほんと素敵な写真です。

Posted by: ショウコ | Jun 14, 2006 10:14:24 AM

Post a comment





Insert Emoticon