Yasuji Ohagi
高校卒業後にフランスに渡り、パリのエコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院で学ぶ。1998年、ハバナ国際ギター・コンクールにて第2位及び審査員特別賞を受賞。2000年から4年間、イタリアのシエナで開かれるキジアーナ音楽院でオスカー・ギリアに師事し、4年連続最優秀ディプロマを取得。
ルネサンスから現代曲まで多彩なレパートリーを持ち、ソロから室内楽、協奏曲と幅広く取り組んでいる。国内外でジャンルを超えた活動を展開し、TV、ラジオ、雑誌での露出も多数。
2000年に「11月のある日」でビクターエンタテインメントからCDデビュー。これまでに11枚のCDおよび2枚のDVDをリリース。第6回ホテルオークラ賞、第18回出光音楽賞受賞。宮崎県出身。
Yasuji Ohagi Official Site@ Victor Entertainment
Ryu's Cuban Night 2007

Jun 11, 2006

Bogota旅記〜グルメ編その2〜

昨日「武満徹 - Visions in Time」
ギャラリー・コンサートを
東京オペラシティ
アートギャラリー内特設シアターで
させていただきました。

展示物もかなりの充実度で楽しめ、
コンサートにも沢山の方が聴きに
来て下さっていました。
有り難うございました☆

アップライトのピアノの上には
「森の中で」の自筆譜がありました。
持って帰りたいという衝動に
駆られましたが、
諦めました(笑)

絵画と同様、楽譜も
印刷物より手書きの本物の方が
説得力があるんです。
・・・と感じるんです。
小学生の頃母が習字の先生を
やっていたので習っていたのですが(六段)、
やはり「字」もその書く人によって
性格が現れていると思います。

美術に興味がある人、
音楽に興味がある人、
何にも興味が無い人、
全ての人にお勧めです。
「武満徹 - Visions in Time」どうぞ。

・・・さて、話はもうしばらく
コロンビアの続きを。
あまりに違う話なので
つなぎにくいです・・・


え〜〜、この「Lulo」という
果実ジュースは、
一度飲んだらクセに
なります。
レモンを5個くらい
まるかじりするくらいの
酸っぱさ。しかし美味い!
後ろにあるのがその果実Lulo


Morimori名前忘れましたが
凄いボリューム!
全部食べたら、
同席していた全員(4名)
と店員さんに
驚かれました。
フリスビーくらいの大きさ。

Ajiacoまた別の日には・・・
アヒアコ


Churascoチュラスコ

Corderoコルデロ


Kaoshasin→コルデロの食後。
完食でした。

Imgp0323このレストランでは
ある団体のお客さんが
食後に音楽&ダンスを
していました。
おじいちゃんおばあちゃん
楽しそうです。
老後はこういうのも
良いなと思ったりして・・・。

June 11, 2006 in グルメ・クッキング, 心と体, 旅行・地域, 日記, 趣味 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143787/10454015

Listed below are links to weblogs that reference Bogota旅記〜グルメ編その2〜:

Comments

ボゴタの主夫さん、ありがとうございます。
corderoは、そのまんまラムですね。

Posted by: 蛙 | Jun 13, 2006 7:44:43 PM

このページで質問等も
受けて行こうかと思います・・・。


もしあれば、ですけれど(笑)

Posted by: おおはぎ | Jun 13, 2006 12:53:00 AM

みなさま、足りない文の
補足、解説、感想、有り難うございます。
出来るものは返信して行こうと思います。

これからもどうぞよろしくおねがいします★

Posted by: おおはぎ | Jun 13, 2006 12:46:32 AM

所属している市民楽団の本番を終えて、姉に大萩さんの演奏が初台で聞けるとその日に教えてもらい、セシオン杉並から電車を乗り継ぎ、猛ダッシュでオペラシティへ向かいました。ピンクのアルトサックスケースを背負って走るのはかなり体力を消耗しましたが、大萩さんの演奏を聴いているうちに、走って疲れたことも、朝早く家を出たことも、すっかり忘れて聞き入っていました。本当のリラックスタイムをありがとうございました。

大萩さんの音はとてもイメージを膨らませてくれるような気がします。大萩さんが見てきた風景が音に乗って会場を彩っているようでした。また、聞きにいきます。

Posted by: tomo | Jun 12, 2006 11:09:12 PM

名前を忘れた料理は、bandeja de caucaといいものです。バンデッハは「盛り皿」という意味で、Valle de Cauca県の郷土料理と言えばいいのでしょうか。因みに、有名なのはBandeja de paisaというAntioquia県のものです。あと、コルデロはラムのことですよ。

Posted by: ボゴタの主夫 | Jun 12, 2006 9:45:02 AM

こんにちは。今ブラジルで書道を教えています。大萩さんも書道をやってたと知って嬉しくなりました。大萩さんのギターが大好きで、こちらに来る前にコンサートにはじめて行きました。ちょっとでも弾けるようになりたくて、今習っています。とても楽しいです。

コルデロは私も大好きです。やわらかくておいしい!ブラジル生活のブログをやってますので、よかったら見に来てくださいね。これからも応援してます!

Posted by: uririn | Jun 12, 2006 3:13:30 AM

オペラシティのギャラリーコンサートお疲れさまでした。
1回めしか聴けなかったのですが、とてもしあわせな
気分になりました。
特にアンコールの『翼』は元の合唱曲がとてもすきなので
思わず、こころのなかでいっしょに歌ってしまいました。

終わってから握手していただける機会まで作っていただいて
(というよりは有無を言わさず引き止めていたのかも・・・)
今考えればいろいろ言いたいことはあったのに
「ブログ読んでます」としか言えなかったので無念です(笑
けれど休みをもぎとって行ったかいがありました!
今日も同僚たちに冷やかされる始末で。

コンサートの記事をトラックバックしようと思ったのですが、
ココログでないとTBできないのでしょうか。
うまく行かないようで残念です。

コロンビア日記も充実した内容で、ぶろぐを全然更新して
いないわたしは、お忙しいのにこれだけの記事を書いちゃう
大萩さんを見習わなくては・・・。

Posted by: | Jun 12, 2006 1:20:00 AM

大感激でした。昨日のギャラリーコンサート。
前半後半プログラムが少し違うということで、両方聴かせて頂きましたが、本当に素晴らしかったです。アンコールも盛り沢山で、大好きな「そのあくる日」も演奏してくださって、夢心地で家路につきました。ずうずうしくも、2度にわたって写真をお願いしたのにもかかわらず大萩さんは快く対応してくださって、ファンを大切にするお人柄がますます好きになりました。
武満徹さんの展示も思っていた以上にいろいろなジャンルのものがあって驚きました。文字は人を表すって言いますが、繊細そうな、でも天才肌の方の書く字、そんな感じでした。楽譜も手書きのを見ることはあまりできないし、特に武満さんのアトリエの一角がそのまま展示されてたのは面白かったです。コーヒーの缶にペンが入ってたりして、まだそこにいるみたいでした。こんな風にしてああいう曲が生まれたんだなぁ...って、一般人の私が思ったくらいなので、大萩さんはきっと感慨深くて楽譜持って帰りたくなるのも当然ですね!
たくさんの人が観たらいいのになって思います。

コロンビアのお食事、見たこともないようなものがいっぱいですね!どれも美味しそう。大萩さんは見た目によらずたくさん食べる方なんですね。その土地のものを食べるとパワーがもらえるっていうし、大萩さんの演奏にも貢献してるのかも?
好き嫌いの多い人は生きいく上でとっても損してるって思います。何でも食べられるってほんとに楽しいことですよね。

Posted by: ショウコ | Jun 11, 2006 6:58:28 PM

何にも興味の無い人・・・(笑)にもお薦め!!それは気になります☆
習字の先生!?私も一度は憧れた職業・・・。最近ギターにも興味を持ち始めた私としては、世界のギタリストを育てたお母上に興味津々です☆
その人の性格を現す字の様に、楽譜にも性格が現れるんですね~?・・・おもしろい!!

Posted by: miracle | Jun 11, 2006 6:11:33 PM

大萩さん、すごい食欲ですね。その食べっぷりも大萩康司の魅力に加わりました!
美味しそうですね~。そして、老後はのんびり美味しいもの食べて、楽しかったら踊って、疲れたらお昼寝して、家族に囲まれて、いいですね、そういう生活。

Posted by: emita | Jun 11, 2006 6:04:44 PM

コルデロが魅力的ですね。何の肉なのでしょ?そして、どんな味?
レストランの赤い花、ゼラニウムでしょうか。きれいですね。
おいしいものを食べて、美しい景色をみて、たくさんの人とふれあって、
それがすべて大萩さんの音楽につながっているのだなあ。

Posted by: 蛙啼音 | Jun 11, 2006 5:13:25 PM

コルデロの食後の写真は・・・・
ちゃんと「顔」になってたんですね(*^^*)

Posted by: ちー | Jun 11, 2006 4:43:55 PM

すごい豪華な量ですね!食事量が多い方ほど、働き者と聞いた事があります。大萩さんもそのお1人ですか?☆

Posted by: 蝶の夢☆ | Jun 11, 2006 3:09:27 PM

コンサートお疲れさまでした☆見にいきたかったです。習字ですか・・。私は、字がきれいとは言えないくらい、幼い字をしています。
習字習えば、きれいな字書けるようになるのかな。と、思うのですが、なんか自分の個性が、失われそうな気がして、そのままです。

Posted by: 蝶の夢☆ | Jun 11, 2006 3:01:03 PM

これ、完食ですか??すすごい~!!
コンサートをなさった後に、このボリューム感たっぷりの記事!!
グレイト大萩さん!!!

で、またお写真をmyPCの背景に下さいませ♪

Posted by: かめ | Jun 11, 2006 12:05:55 PM

すべては薄明のなかで、悲歌、そしてバッハ・・・もう見事としか言いようのない音楽作りと完成度でした。
若々しく艶やかで明るい新しいギターの音色も、新しい大萩さんの世界を見せてくれました。
素晴らしいコンサートをありがとうございました!

ところで、Luloというのはトマトみたいなもの?
アヒアコは青唐辛子?
でっかいソーセージは血の入ったものでしょうか?
食後の妙にすっきりしたお皿が感動的ですね。

Posted by: あいすこーひー | Jun 11, 2006 10:47:00 AM

Post a comment





Insert Emoticon