Yasuji Ohagi
高校卒業後にフランスに渡り、パリのエコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院で学ぶ。1998年、ハバナ国際ギター・コンクールにて第2位及び審査員特別賞を受賞。2000年から4年間、イタリアのシエナで開かれるキジアーナ音楽院でオスカー・ギリアに師事し、4年連続最優秀ディプロマを取得。
ルネサンスから現代曲まで多彩なレパートリーを持ち、ソロから室内楽、協奏曲と幅広く取り組んでいる。国内外でジャンルを超えた活動を展開し、TV、ラジオ、雑誌での露出も多数。
2000年に「11月のある日」でビクターエンタテインメントからCDデビュー。これまでに11枚のCDおよび2枚のDVDをリリース。第6回ホテルオークラ賞、第18回出光音楽賞受賞。宮崎県出身。
Yasuji Ohagi Official Site@ Victor Entertainment
Ryu's Cuban Night 2007

Jun 28, 2006

引っ越し祝い

引っ越し祝い

していただきました。
(写真はイチゴ大福アイス☆)

最近身近な人で多いんです。
引っ越しする人。
一人や二人ではなくて、
三、四、五人くらい。

また新たな気持ちで
スタートしようと思えるので
引っ越しは最強の気分転換
アイテムですが、やはり荷物を
梱包する労力は尋常ではないです。
留学から帰って来てから4年近くも
封印されていた段ボール箱もこの際
全て開封されました。
・・・四年も使わないという事は
いらないものなのでしょうけれど(汗)

・・・といっていますが実際引っ越したのは
春先だったのでした(笑)。

前の部屋では練習していて
苦情が来た事が一番大きな理由です。
やっぱり集合住宅だと生活音から
何でも聞こえてしまいますからね〜。
ギターの音も雑音の一つなのです・・・。

June 28, 2006 in 日記 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143787/10712873

Listed below are links to weblogs that reference 引っ越し祝い:

Comments

☆王子☆
千手観音さまのような、お慈悲あふれる
コメントありがとうございます。
確かに、王子のブログの中で恐縮ですが、
皆さんとの声をたくさん聞けるなる
出会いの広場になるといいな~と思っています。

『何が起るか分からない、
何でも起こりうる世の中ですからね』
↑↑↑
確かにそうですね。
明日自分がどうなっているかは
誰にも分からないですし、
半年前の自分が今こうしていることも
想像していなかったわけですし、、、

そう考えると、一日一日を感謝しながら、
そして、後悔することなく大切に過ごしていきたいと思っています。
ありがとうございます。

☆おかじさん☆
全く会ったことも、話したこともない私に、
こんなに長~く、心温まるコメントありがとうございます。

とても感動しながら読ませていただきました。
皆さん、それぞれの思い出や希望を抱いて
頑張ってるんだな~と勇気をいただきました。
素敵な出会いだったんですね。
人生を変えるような出会いってなかなかありませんから。

その人の一言で、
”絵を描き続けている”とのこと。
素晴らしいなと思いました。
そして、自分のことのように嬉しく感じました。

別れはゼロではなく、お互いにとって何かの始まりですね。
今日が例の送別会を行った人の事実上の退職でした。
その前におかじさんのコメントを携帯で見て、
晴れやかな気持ちで送ることができました。
心より感謝です☆☆☆

おかじさん、ご自身でもおっしゃる通り、
きっとその人に、またいつの日か会えますよ!!

私も自分の夢を諦めず、頑張りますp(^^)q

くじけそうな時、また勇気と元気の
お裾分けして下さい♪♪♪

追伸)
王子、ほんとにほんとに掲示板変わりに使ってごめんなさい。
そして皆さん、長々ごめんなさい。

そうそう、最初のコメントの”千手観音”っていうのは、
深い意味があるんですよ。
なぜ、観音菩薩ではないのか?
それはまた今度(笑)

Posted by: すみれの花 | Jul 1, 2006 12:10:18 PM

いちご大福アイスでしたか???ありがとうございます。

この蒸し暑い季節にピッタリ☆

イチゴの酸味とアイスの甘みが・・・(ごっくん)

お耳はりんごのチップですね・・!!

おなか減った(晩ご飯作ろ。。。)

Posted by: 未来 | Jun 30, 2006 6:41:29 PM

この掲示板(?)も出会いの
広場になると良いですね。

何が起るか分からない、
何でも起こりうる世の中ですからね。

Posted by: おおは | Jun 30, 2006 5:21:40 PM

  すみれの花さんの質問、非常に興味のある事だったもので、差し出がましくもおはぎさんより先にコメントさせていただきます。

 最近私も別れの選択をしなければならない状況にあり、この事についてよく考えています。やっぱり大切な人と別れる事は寂しいものですよね。そんな時によく思い出す出来事があります。
 
 私はしがない絵描きなんですが、この職業を漠然と思い描き始めたのは中学生の頃でした。その頃はまだ何も知らず、ただ夢見るだけで全てがかなうと思っていた気がします。
 そんな私に初めての挫折が訪れたのは高校2年の夏。自分の未熟さと憧れていた世界の厳しさを痛感し、自分には絵を描いて行く事などできないと感じました。そして今ならまだ方向転換も間に合うと思い、夢を捨てる決意をしました。その時電車に乗っていて他の乗客もちらほら居るにもかかわらず、悔しくて悔しくて涙が止まりませんでした。
  田舎の電車だったので滅多に乗客の乗り降りは無かったのですが、ある駅に停車した時、数名の男性が乗り込んできました。そのうちの一人がすっと群れから離れ、私の隣に腰を下ろしたのです。ひどい顔をして泣いていたもので、なるべく見られまいと私は窓の方に顔を向けました。にも関わらずその男性は私に声をかけてきたのです。
「絵を描くんですか?」
男性のイントネーションの違いに思わず顔を見るとアジアの方ではないようでした。持ち物から画家を目指していた事がばれてしまい、また涙の理由も察する事ができたらしく、男性は慰めるためにあれこれと言葉をなげかけてきました。そんな優しさにも私はただ無気力に返答するだけでした。
 そのうち男性は自分の話を始めました。自分がジャーナリストである事。その職業を目指し始めたのが、ちょうどその時の私の年齢くらいだった事。その夢を実現させるために一生懸命努力したこと。そして一通り話し終えてから、また私に穏やかな声で質問しました。
「あなたはがんばりましたか?」
私はその言葉にはっとさせられたのです。「はい。がんばりました!」と、即答できない自分に初めてきづいたのです。驚きを隠せない私に笑顔で続けました。
「がんばって、がんばって、精一杯の努力をして、それでもダメだった時初めてあきらめる事ができるのです。まだがんばっていない人にはあきらめる事はできないのです。今のあなたがどれくらいがんばったかが将来のあなたを決めるのです。...ちょっとは元気出ましたか?」
  そう言って男性は立ち上がり、再び乗り込んで来た時の一群と一緒に停車駅に降りて行きました。おそらくたった二、三十分の出来事だったと思います。
  あれから七年。たまたま電車で一緒になった、名前も国もわからない人に励まされて、私はまだ絵を描いています。

 人生は電車と似ているかもしれませんね。本人の意思に関係なく、どんどん進んで次から次へと景色が移り変わって行く様に、環境も変化して行く。そのつど乗客が入れ替わって行く様に、出会いと別れを繰り返して生きているんですね。これ、偶然の積み重ねと言ってしまえばそれだけなんですけど、私には必然に思えてしまいます。同じ時に同じ電車に乗る事は、お互いの目的がその時一致したと言う事。また時が経って状況が変わればお互いの目的も変わり、別れて行く。
 別れは辛いですけど、それはゼロにもどる事ではないですよね。出会う前と後では、お互いの中に確実な変化がおきているわけです。
 私、正確に言うと、まだ画家のたまごってとこですかね。まだまだ一人前ではないんです。あれから幾度もあきらめかけました。けどその度にあの電車の人の事を思い出すんです。いつか立派な画家になって、あの人を見つけ出してありがとうを言いたい。がんばりました!って、胸を張って報告したい。と、こんな事に支えられてこの道を進み続けているわけです。名前も国もわからないで、いったいどうやって見つけ出すのかは疑問ですが、進む事を止めないかぎり、またいつの日かお互いの目的が重なり合って、ひょっこり電車に乗り込んで来るんじゃないかなって。

  やばい...。気がついたらこんなにダラダラ書いてしまった!!
ごめんなさいおはぎさん!ごめんなさいみなさん!失礼しました!!

Posted by: おかじ | Jun 30, 2006 5:02:07 PM

(笑)

ぷぷぷっ。そうでしたか。
私の勘違いだったんですね。
良かった、良かった。安心しました。

でも、王子は紳士というか、本当に優しいですね。
私の勘違いなのに、逆に謝っちゃうなんて(笑)
ありがとうございます。心より感謝☆

全くお引っ越しとは違いますが、
今日は、会社の人の送別会でした。
転職という新たなスタートです。
けれど、今までいた人がいなくなるって、
どんな理由であれ寂しいですね。

結婚など、前向きなスタートならまだしも、
そうでない場合は、悲しくて仕方ありません。
自分が何もできなかったことが情けなくて。。。悲しくて。。。
そして悔しくて、涙が止まりませんでした。

この広い世界で、この日本で、そして今いる会社で、
一緒に働ける仲間に出会えることって奇跡だと思っています。

そう、王子の存在を知ったのも、本当に奇跡に近い偶然でした。
営業車を運転していた時、ふと気分転換につけたラジオで
流れていたのが王子の曲です。
きっとその時ラジオをつけていなかったら、
私は未だに王子のことを知らなかったと思います。

その奇跡に近い偶然のおかげで、
今は大萩康司さんという素晴らしい人の奏でる
美しい音色をを聴くという幸せを手にいれることができました。

そう考えたら、全ての偶然や出会いって奇跡ですよね。

追伸)
王子は人との出会いや別れについてどう考えますか?
そして、皆さんはいかがですか?

Posted by: すみれの花 | Jun 30, 2006 2:22:53 AM

昨年の夏休みにマンションの敷地内で子供たちのために
ラジオ体操を一週間だけ理事会主催で行いましたが、
やっぱり苦情はありました。
ちょっと住みにくい世の中になってしまいましたね・・・。

私が中学生の頃(ずいぶん昔の話?)、ブラスバンド部の先輩が
休日の夕方になると近くの高台にある小学校の校庭で
トランペットの練習をしていました。
苦情どころか、皆さん楽しみにしていました!

大萩さんの練習がタダで聞けちゃうなんて~
羨ましいどころか、ホントもったいない!!のにねぇ~


Posted by: ぴよひこ | Jun 30, 2006 1:01:07 AM

あ、ほんとだ!最初に見た時より内容が詳しくなってる。よく見るとその前の記事も・・・おはぎさん、やるなあ。

ところで大介星人さんも三、四、五人の中のお一人?
演奏者の方の引っ越しって楽器はもちろん、機材とか楽譜とかCDも人並み以上にお持ちだろうし大変そうですよね。

でも、気分や運気を変えたい時には引っ越しはいいですよね!

Posted by: みるみる | Jun 30, 2006 1:00:52 AM

おはぎさんのギターの音色まで騒音にされちゃうんですね。びっくりです。だとしたら私なんかどうなっちゃうんでしょう。
 音楽にしろ絵にしろ、やっぱり万人にとって心地良いってあり得ないんでしょうかね。
難しいな〜。

 それにしても、騒音だなんてもったいない。聴きに行きたくても我慢しなきゃいけない人がいるとゆうのに...。もったいない。もったいない。 

 あ〜〜〜もったいない!!

Posted by: おかじ | Jun 30, 2006 12:28:27 AM

ブログの中身、新しく改正されましたか?☆
28日に見た内容と29日、今日見た内容が、
少し変わってた気がするのですが。。。??
同じだったら、すいません!
落ち込んでいて、私がちゃんと見てなかったんでしょう。笑☆

Posted by: 私の夢☆ | Jun 29, 2006 8:19:33 PM

・・・わたしも今段ボールに埋もれています。
必要ないんだけど持って行くんだよな・・・
海外とか行くと、スーツケースだけで暮らせてるんだけどねぇ〜。

Posted by: 大介星人 | Jun 29, 2006 6:28:45 PM

楽器の練習場所には困りますよね。大萩さんでも苦労されるとは…。自分には気持ちのよいものでも、相手がどうとるかは分かりませんからね。私は練習場所に困っていたら、最近になって音楽教室の社長さんが「教室を使わない時は使って下さっていいですよ。」ですって。しかも、無料で!!1レッスン30分の教室なのになぜか一時間も、時にはそれ以上レッスンしてしまう音楽教室だし。すごいです。でもお陰でチェロをたくさん愛せて私は幸せです。

Posted by: チェロ弾きさん | Jun 29, 2006 5:59:36 PM

皆さんがおっしゃるとおり、ワタクシもうらやましい限り(@v@)
お隣からおはぎさんのギターの音が流れてくるなんて。なんて。うっとり。
私も昨年田舎から、やや田舎へ(私の住む市の中ではかなりの町)へ引越しました。お隣からはピアノの練習する音。玄関前の道路からは子供の遊ぶ楽しそうな声。雑音というより確かに楽しいBGMですね。

Posted by: ひるあんどん | Jun 29, 2006 3:52:47 PM

ムートンです。さんのコメントに同感です。
もし、隣から大萩さんの奏でるギターの音色が流れてきたら・・・

そちら側の壁に集音器を設置して
場合によっては壁に穴を空けたくなるかも・・・

あ、でもそうなると犯罪ですね。
失礼いたしました~

Posted by: みや | Jun 29, 2006 3:10:19 PM

隣の部屋から
大萩康司のギターが聞こえて
くるなんて・・・いいなあ

Posted by: ムートンです。 | Jun 29, 2006 10:34:55 AM

(笑)

いえいえ、夜中のエレキのお話とは
関係なく、ただ自分の部屋事情を
書いただけですよ。
「ごめんなさい」的なことはないと思います。

こちらこそ似た話題を取り上げてしまい
混乱させてしまったようで、
申し訳ありません・・・。

Posted by: おはぎ | Jun 29, 2006 10:18:56 AM

大萩さんがお引越し祝いをしてもらったお店、私の友人が働いてますよ!お料理もデザートもおいしいですよね。その子も大のウサギ好き…。
そっか、ギターの音は騒音になってしまうんですね?確かに、車の音とかはうるさいと思うかもしれないですけど、ギターやピアノの音は聴いていて心地良いと思うんですけど・・・子供の遊ぶ声とか、蝉の鳴く声とか、そういう音はいいですけどねぇ。でもそういうのもうるさいっていう人もいますから、人によるんですね。
きっとその苦情を言った人は、ちょっと余裕がない時期だったのかもですね。
今度のおうちでは思う存分練習できるといいですね!

Posted by: ショウコ | Jun 29, 2006 10:12:14 AM

大萩さんは以前、防音室を設置するとおっしゃってたような?? その後どうなりましたか?

うちのは2畳タイプの組み立て式のものです。
マンションに住んでいるのでやはり周囲のことを考えて設置したのですが、性能はバッチリ。
気兼ねがすっきり解消です。演奏中に自分の気が楽になったことが一番うれしいです♪


Posted by: ポンタ | Jun 29, 2006 9:21:47 AM

音の苦情が理由のお引越し・・・もし住み慣れて気に入っていた部屋だったのでしたら、残念だったでしょうね。 もし私がお隣に住んでいたら、ずっと窓開けて大萩さんの練習を一日中飽きずに聞いていた事と思いますけど~(^-^;) 私もピアノをしていますが、マンションだし、練習には気を使います。 曲が仕上がるまでは地道な練習が続きますからね~。 
11月の京都での演奏会、行きますので、また素晴らしい癒し&慈しみを感じる音色を楽しみにしています! これからもがんばってくださいね。 

Posted by: YOKOママ | Jun 29, 2006 8:57:18 AM

!・・・ピンクのうさぎ・・・ですね?
耳は何でできてるのでしょうか・・・

Posted by: havana-moon | Jun 29, 2006 7:42:20 AM

ごめんなさい!!

今日のブログを見てビックリ!?
引っ越しの理由、ギターの音への苦情だったとか。。。

本当にホント、ごめんさないm(_ _)m
私がコメントで、夜中のエレキのこと書いちゃったからですよね?

新たなスタートと思って気分変えてお引っ越ししたのに、、、
時間的にも随分経って、やっと気持ちの整理がついた頃なのに、、、

私の一言で嫌なこと思いださせちゃったな~と反省しきりです。

Posted by: すみれの花 | Jun 29, 2006 2:31:48 AM

本文に書いてあることを質問してしまいました。すみません。

Posted by: yama | Jun 29, 2006 2:02:50 AM

引っ越しですか。良いですね。私はこのごろ、海外に旅行したくて、想像ばかりしています。
お寺の修行でも、今は、お金が要りますね。先立つ物がなければ、なにも出来ない世の中ですね。お金の大切さを感じました☆

Posted by: 私の夢☆ | Jun 29, 2006 12:13:36 AM

引っ越しは最強の気分転換・・・
と思える若さに

乾杯!!!

手作りのお菓子かな
お饅頭にみえます(^-^)

Posted by: 未来 | Jun 28, 2006 11:56:35 PM

フランスから帰国された際のお荷物は結局全部開封されたのでしょうか~?

Posted by: yama | Jun 28, 2006 10:06:22 PM

Post a comment





Insert Emoticon