Yasuji Ohagi
高校卒業後にフランスに渡り、パリのエコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院で学ぶ。1998年、ハバナ国際ギター・コンクールにて第2位及び審査員特別賞を受賞。2000年から4年間、イタリアのシエナで開かれるキジアーナ音楽院でオスカー・ギリアに師事し、4年連続最優秀ディプロマを取得。
ルネサンスから現代曲まで多彩なレパートリーを持ち、ソロから室内楽、協奏曲と幅広く取り組んでいる。国内外でジャンルを超えた活動を展開し、TV、ラジオ、雑誌での露出も多数。
2000年に「11月のある日」でビクターエンタテインメントからCDデビュー。これまでに11枚のCDおよび2枚のDVDをリリース。第6回ホテルオークラ賞、第18回出光音楽賞受賞。宮崎県出身。
Yasuji Ohagi Official Site@ Victor Entertainment
Ryu's Cuban Night 2007

Oct 10, 2006

「書く女」

友人に誘われて、樋口一葉の
半生を描いた舞台を観に行きました。
作・演出:永井 愛
樋口夏子(一葉):寺島しのぶ
ほか。

・・・三時間ちょっとがあっという間でした。
それぞれの役の性格がとっても
ハッキリしていて分かりやすかったし、
何よりその巧みだけれど自然な演技を
観ていると、どんどん物語に入り
込んでしまっている自分がいました。
ユーモアもいい具合に盛り込まれており、
いろんな表情でこちらも楽しむ事が
出来ました。

BGMにバッハ、ブラームス、ショパン等
使われていて、「誰の演奏だろう?」
と、つい気になってしまいました(笑)

*写真は私の若い頃です。
先日兄夫婦の赤ちゃんに再会して来て、
「そういえば丁度同じ頃の写真があったなぁ」
と見比べてみました。
P_002

October 10, 2006 in お勧め!!, 文化・芸術, 日記 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143787/12225486

Listed below are links to weblogs that reference 「書く女」:

» 書く女 from 藤森紀彦商店
今日は、てら(寺島しのぶ)が出演している“書く女”を観に、世田谷パブリックシアターへ行ってきました。いやー、すごい面白かった!樋口一葉の小説読まなきゃ[:読書:] 舞台が終わってから、楽屋にお邪魔して色々話をしたんだけど、やっぱりてらはテレビとか映画よりも舞台がいいよね…ってことで意見が一致。本人も『舞台が好き』だと言ってたので、寺島しのぶを知るにはやはり舞台を観に行くことをオススメします[:チケット:] これからは、5千円札を見ても「不気味だ」なんて言わずに大切にしよう(笑) ... Read More

Tracked on Oct 15, 2006 12:48:38 AM

» 書く女@世田谷パブリックシアター from 机上庵方寸を目指す輩の独り言
樋口一葉その人の書いた作品から面白いってな印象を受けたことはないんですたまたた読んだものが当時の仮名使いを尊重した編纂だったりしたこともあって・・・それでも10年ぐらいまえにも『頭痛肩こり樋口一葉』なんてのを観ているんで樋口一葉という女性(ヒト)には魅か...... Read More

Tracked on Oct 15, 2006 8:14:57 PM

» 【演劇】二兎社『書く女』2006.10.2 from Badlands〜映画・演劇・音楽レビュー〜
Read More

Tracked on Oct 27, 2006 11:18:24 AM

Comments

eh. interesting thoughts ))

Posted by: GlawsTus | Dec 16, 2009 2:01:44 AM

おぉぉぉぉ、お芝居ですか!!
それは、素敵ですね~
なんてったって芸術の秋ですもんね♪♪♪
”体で触れて、心で感じる”素晴らしい季節です!!

という私は、芸術の秋にふさわしくなく、
「書く女」でもなく、
「読む女」でもなく、
「聴く女」でもなく、
ただひたすら、体調不良で「寝る女」でした、、、(;;)

皆さんも、季節の変わり目ですので、
くれぐれも体調崩されないようお気をつけください。

☆未希さん☆
先日は、お礼のコメントありがとうございます。
ちょっと体調悪くて寝込んでたので、
お礼が遅くなってごめんなさい。
また、何か小さな幸せを見つけたら、
私にもおすそ分けしてくださいね。
楽しみにしています。

Posted by: すみれ | Oct 11, 2006 11:27:33 PM

若い頃...って書いてあったので、数年前の写真かと思ったら。
随分とお若い頃ですねぇ。
もちもちでほんと食べてしまいたい感じです。
子供ってどうしてこんなにホッとさせるんでしょうね。
人間の本能でしょうか...。
書く女、観てみたいです。
なんでも、ナマは迫力ありますよね。

Posted by: ショウコ | Oct 11, 2006 2:31:45 PM

ん~っ!!かわいい~っ♪

あかちゃんって、周りを笑顔にさせる力がありますよね。
見ているだけで、心が休まったり、幸せな気持ちにさせてくれる。

ほんとに、天使です♪

それぞれ、色んな可能性をたくさん秘めているからでしょうか・・・?

この頃のおおはぎさんを見て、この子は大物になる☆、って思った人はたくさんいたかもしれないけれど、
本当に世界的なギターリストにまで成長されるとは思いもしなかったのでは・・・

それぞれの可能性を啓くのは、個人の努力なのでしょうね☆


Posted by: miracle | Oct 11, 2006 1:46:20 PM

カワイイ・・・ってフォトギャラリーに載っている写真ですね♪
coming soon... と書かれて1年半は経過しているような(笑)気がするのですが、更新される予定はあるのでしょうか?
ブログとは別モノとして更新をしてほしいです。

Posted by: yama | Oct 11, 2006 12:01:29 PM

さすが、大萩さん
ちょ~、カメラ目線ですね^^ かわいい^^

Posted by: junko | Oct 11, 2006 12:00:23 AM

かわいい・・・☆
優しい目と穏やかな表情
変わってないですね(*^^*)


連れて帰りたくなっちゃいます・・・(笑)

Posted by: ちひろ | Oct 10, 2006 11:57:09 PM

お芝居のBGMが気になるなんてやっぱり音楽家ですね^^

あかちゃんの時が、若い頃って言う表現も、今が若いからでしょうか・・。

それにしても可愛い笑顔です。

Posted by: riri | Oct 10, 2006 11:27:26 PM

赤ちゃんの頃の大萩さんは、この笑顔で、きっとご家族をはじめ、まわりのたくさんの人達を幸せにしたことでしょう。そして今、大萩さんの音楽で(もちろん笑顔もね!)たくさーーーんの
人が幸せな気分に浸っていますよ。

Posted by: けーちゃん | Oct 10, 2006 10:17:14 PM

芸術の秋を楽しまれていますね
生の舞台は緊張感があります。
観客と一つになれた時大きな感動が
生まれます。
コンサートも楽しみにさせていただきます。

お写真は面影が残っていらしゃいます☆彡
みなさまに食べられたのでは・・・!!!

Posted by: 未来 | Oct 10, 2006 8:44:50 PM

マシュマロみたいですね~♪

Posted by: nicewine | Oct 10, 2006 4:10:27 PM

機嫌の良さそうな赤ちゃん!

Posted by: nayang | Oct 10, 2006 3:14:29 PM

Post a comment





Insert Emoticon