Yasuji Ohagi
高校卒業後にフランスに渡り、パリのエコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院で学ぶ。1998年、ハバナ国際ギター・コンクールにて第2位及び審査員特別賞を受賞。2000年から4年間、イタリアのシエナで開かれるキジアーナ音楽院でオスカー・ギリアに師事し、4年連続最優秀ディプロマを取得。
ルネサンスから現代曲まで多彩なレパートリーを持ち、ソロから室内楽、協奏曲と幅広く取り組んでいる。国内外でジャンルを超えた活動を展開し、TV、ラジオ、雑誌での露出も多数。
2000年に「11月のある日」でビクターエンタテインメントからCDデビュー。これまでに11枚のCDおよび2枚のDVDをリリース。第6回ホテルオークラ賞、第18回出光音楽賞受賞。宮崎県出身。
Yasuji Ohagi Official Site@ Victor Entertainment
Ryu's Cuban Night 2007

Dec 02, 2006

名取市文化会館

名取市文化会館

とっても弾いていて気持ちの良いホールでした!
きっとこれから録音などでも
使われることになるんじゃないかな〜
というくらい良い響きでした。

こんなホールで演奏させていただいて幸せ者です。

また来れると良いな〜。

写真は打ち上げをした居酒屋でいただいた
牛タン串焼き。ステーキですか?
と言ってしまいそうなくらい分厚くて大きかったです。

December 2, 2006 in 日記 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143787/12899938

Listed below are links to weblogs that reference 名取市文化会館:

» 大萩康司ギターリサイタル from ゆんみの日記帳
12月1日(金)名取で大萩くんのコンサートがありました。 Read More

Tracked on Dec 3, 2006 8:21:57 PM

Comments

素晴らしい演奏をありがとうございました。
すこし早めのクリスマスプレゼントになりました。
大萩さんのコンサート、じつに一年半ぶり...
その間にますます音色には深み、人物には貫禄が増して、
いろいろな体験をどんどん吸収して、
有意義に時を重ねていらっしゃるんだなあと、うれしくなりました。
なかなか東北でのコンサートの機会がないのが残念ですが、
これをきっかけにファンも増えたはず。
東北の人はネ、恥ずかしがり屋なので、
オモテに出さないだけで、
本当は熱い想いで感動しながら聴いているのですよ!

Posted by: 蛙啼音 | Dec 4, 2006 12:13:04 PM

さすが大萩さん、ご当地グルメは絶対はずさないのですね。
弾いていて感じることがたくさんあるんですね。そのホールとの相性で、自分の中での出来栄えが左右されるんでしょうか?
奥深いですねぇ・・・。

Posted by: ショウコ | Dec 3, 2006 8:23:45 PM

ぶらぼー!
お疲れ様でした!「11月のある日」は個人的な想い出のある曲です。演奏が始まった途端涙があふれてきました。音色が好かった!!

ホールとの相性もバッチリでしたね。
とても素晴らしかったです。

2月はラテンな気分になれるんですね。ラテンなカッコウ似合うだろうなー。とても見たいです。
ジャケットも含めてアルバム発売を楽しみしています。

言い忘れてたことがあります。ら・ふらんすの
食べごろをちゃーんと見極めて食べてくださいませい。でないとマズイです。(^o^)/
それから、是非また仙台へいらしてくださいねー!

Posted by: はちみつ | Dec 2, 2006 5:34:44 PM

昨日、2時がら待っていた者です。

コンサート、すごく響きが良かったですね。ホールの良さもあったのでしょうが、
やはり大萩くんの力だと思います。とても、キレイな音でした。
ステキな演奏、たくさんのアンコールありがとうございました。

また、仙台に来てくださいね。待ってます。

Posted by: ゆんみ | Dec 2, 2006 3:01:50 PM

演奏を聴かせていただくのも楽しみですが
ホールを見るのも楽しみの1つです。

いろいろなホールの感想は
行ってみたいなぁと
誘惑されますね☆

Posted by: 未来 | Dec 2, 2006 9:28:23 AM

Post a comment





Insert Emoticon