Yasuji Ohagi
高校卒業後にフランスに渡り、パリのエコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院で学ぶ。1998年、ハバナ国際ギター・コンクールにて第2位及び審査員特別賞を受賞。2000年から4年間、イタリアのシエナで開かれるキジアーナ音楽院でオスカー・ギリアに師事し、4年連続最優秀ディプロマを取得。
ルネサンスから現代曲まで多彩なレパートリーを持ち、ソロから室内楽、協奏曲と幅広く取り組んでいる。国内外でジャンルを超えた活動を展開し、TV、ラジオ、雑誌での露出も多数。
2000年に「11月のある日」でビクターエンタテインメントからCDデビュー。これまでに11枚のCDおよび2枚のDVDをリリース。第6回ホテルオークラ賞、第18回出光音楽賞受賞。宮崎県出身。
Yasuji Ohagi Official Site@ Victor Entertainment
Ryu's Cuban Night 2007

Feb 22, 2008

JGC in 静岡

JGC in 静岡
ジャパンギターカルテット、
気持ち良く終える事ができました。
なかなか集まる事のできないメンバーなので
こうやって集まって演奏できる事は貴重な事です。
福田師匠が皆の中心になってまとめてくださって、
大介さんが皆を盛り上げて、佳織さんが
皆を華やげてくれて、私は・・・どんな役目なんだろう??
ま、良いか。

今日の昼は蝶屋のトンカツで腹拵え。
すごいボリュームと美味さでした。

February 22, 2008 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143787/40224533

Listed below are links to weblogs that reference JGC in 静岡:

Comments

素晴らしい方々が四人も集まってカルテット!
聴きには行かずとも、想像しただけでテンション上がります。
気持ち良く演奏されたのなら何よりです。
お疲れ様でした。

きっと大萩さんは、その場を柔らかくしてくださるんじゃないかと思います。
コーヒーに入れるミルクみたいな…。
そこにいてくれることにどうもありがとうって人、いますよねー。
そんな感じでしょかね。

Posted by: かめ | Feb 23, 2008 1:13:09 PM

いい演奏になったようで、よかったですね!
大萩さんは曲によってイメージが違うので、昨日はなんの担当だったんでしょうねぇ?

トンカツの写真を見たら、食べたくなってしまいました。

Posted by: 春菜 | Feb 23, 2008 1:10:59 PM

大萩さんは、ボケ担当?というのは嘘で癒しですよ!!
今度は絶対いくぞー!!
皆さんお疲れ様でした。

Posted by: ゆっこ | Feb 23, 2008 10:24:40 AM

私も大萩さんは場を和やかな雰囲気にされているのだと思います☆

豪華なメンバーによる素晴らしい演奏を心から楽しませていただきました♪
ありがとうございました♪♪
デュオ、ソロ、カルテットをとりまぜたプログラムは、お1人ずつの魅力ある個性を味わいながら、
その組合せ、重なり合いの妙も堪能できる本当に贅沢なコンサートだと思いました。
1年に1度以上が目標とのことですので、次回も絶対に足を運ばせていただきます!

Posted by: ソンブレイユ | Feb 23, 2008 1:29:07 AM

大萩さんも、村治さんと同様に、ある意味ムードメーカーなんじゃないかな?
自分では気づかなくても、いつの間にか柔らかい雰囲気にしているのかも。
鈴木さんのブログでも写真を拝見しましたが、
蝶屋のトンカツ、とっても美味しそうです!!!(・∀・)
トンカツにかかっているのは、デミグラスソースかな?それともケチャップ???

Posted by: しのタソ | Feb 23, 2008 12:29:57 AM

こんばんは。大萩さんは、きっとその場を和やかにしているのだと思います◎コンサートの雰囲気もそうですもの。なんてバランスのよいメンバー!

Posted by: emu | Feb 22, 2008 11:43:07 PM

Post a comment





Insert Emoticon