Yasuji Ohagi
高校卒業後にフランスに渡り、パリのエコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院で学ぶ。1998年、ハバナ国際ギター・コンクールにて第2位及び審査員特別賞を受賞。2000年から4年間、イタリアのシエナで開かれるキジアーナ音楽院でオスカー・ギリアに師事し、4年連続最優秀ディプロマを取得。
ルネサンスから現代曲まで多彩なレパートリーを持ち、ソロから室内楽、協奏曲と幅広く取り組んでいる。国内外でジャンルを超えた活動を展開し、TV、ラジオ、雑誌での露出も多数。
2000年に「11月のある日」でビクターエンタテインメントからCDデビュー。これまでに11枚のCDおよび2枚のDVDをリリース。第6回ホテルオークラ賞、第18回出光音楽賞受賞。宮崎県出身。
Yasuji Ohagi Official Site@ Victor Entertainment
Ryu's Cuban Night 2007

Apr 23, 2008

「さよなら。いつかわかること」

この映画、観てみてください。
家族との繋がりも薄れていると思えるような
悲しいニュースが流れる今、
こういう物語を観て、
自分にとって大切な人の事を思い出して
改めて自分の存在を確認するのも
大事な事だと思います。

このサイトの「コメント」のところに
私も一筆書いています。


Pic1

April 23, 2008 in お勧め!!, 文化・芸術, 日記, 映画・テレビ |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143787/40969645

Listed below are links to weblogs that reference 「さよなら。いつかわかること」:

» さよなら。いつかわかること from アートの片隅で
「さよなら。いつかわかること」の試写会に行って来ました。 戦争をテーマにしているので、重い暗い映画なのかと思っていたら、結構楽しい映画で、観れて良かったと思える映画でした。 こういう出会いがあるのが、試写会の良い所ですね(^o^)... Read More

Tracked on Apr 25, 2008 11:27:06 AM

Comments

先日、銀座でのミニコンサートの前に観て来ました。
クライマックスよりも前に、始まってすぐからうるっときてしまいました。
パパの、娘のそれぞれの立場で感じている事がリアルに伝わってきました。
私も21歳のときに母を亡くしましたので、その時の自分の心情が蘇っただけでなく、父も辛かったであろうことを、この映画が気付かせてくれました。
家族を大切にしなければ!ですね。
そんな訳でその後大萩さんにせっかくお会いできたのにメイクが・・・。残念な結果です。

Posted by: akiko | May 14, 2008 12:32:12 AM

こちらでは、6月公開ですが必ず観に行きますね。
大萩さんのコメント読みました。
私も心で感じたいと思います。

27日のキタラでのギターリサイタル、とても楽しみにしています。
いつもより2週間早く桜が咲き、大萩さんが来られる時は、満開になりそうですcherryblossom
昨日から、また寒くなり始めましたので、暖かくしてきてくださいね。

Posted by: とも。 | Apr 25, 2008 10:16:15 PM

自分を含めて無知が一番いけないのかしら。
本当のことを知るって一番難しいなぁ。戦争したら、いい悪いじゃなく、儲かる人がいる。だから、戦争がおこる。人は、自分が被害をうけないかぎり、関係ない別の世界と思ってしまうから、この映画いい作品ですね。

Posted by: ぽち | Apr 25, 2008 9:00:12 AM

明日はタワレコーnotes
渋谷の若者のハートheart01をバキューンpunchしてきちゃってくださいね。
私は残念ながら行けないので、たぶんお天気はいいはずsun
私がいないと寂しいと思いますが?素敵な演奏をしてきてくださいねwink

Posted by: ゆっこ | Apr 24, 2008 11:10:09 PM

是非観たくなりましたsweat02公開が待ち遠しいです。。

Posted by: izumi | Apr 24, 2008 8:54:13 PM

私も・・予告編だけですでに号泣ですcrying
毎日の生活に追われて、ほんとに大切な事を見失いがちです。
失ってから気づく事、ありますね。
でも本当は、まさに今、この瞬間が大切・・
溢れる涙がその事を気づかせてくれます。

Posted by: hina | Apr 24, 2008 9:45:31 AM

キニナルエイガのヒトツです。
ガ。
ザンネンなことに、
近くのエイガ館では上映されないのです…
『ちぇっ』です。

Posted by: aiko | Apr 23, 2008 11:08:06 PM

評判もよさそうですね。
GWも近いし、観に行く計画立てますね!

Posted by: su | Apr 23, 2008 10:32:45 PM

ジョン・キューザック大好きなので、チェックしてました!
評論家の中ではあまり評価されなかったけど、観客賞を受賞したとか。多くの普通の人が心動かされた象徴だなーと思ってました。
伝えなくてはいけないけど、伝えられない。。。なぜ自分の愛する人が?そんな悲しさと怒りと戸惑いで苦しくなる映画ですよね。

Posted by: ゆっこ | Apr 23, 2008 4:39:34 PM

大萩さん、母が、祖母のお世話をしながら、いつもいっていましたっけ。。「いつか、あなたもわたしも通る道・・・」と・・・的外れかもしれませんが、、。

Posted by: あめり | Apr 23, 2008 4:06:24 PM

もう4000人以上の米兵がイラクで戦死しました。
イラクの民間人の犠牲者は数え切れません。
Ohagiくんなら、もっとグローバルに活動できると思います。

Posted by: ムートンです。。。 | Apr 23, 2008 4:01:27 PM

必ず観ますshine

Posted by: かめ | Apr 23, 2008 3:46:02 PM

予告編だけで・・・ジーンweepときています。
ありがとう・・・観させていただきます。

Posted by: 未来 | Apr 23, 2008 2:20:47 PM

Post a comment





Insert Emoticon