Yasuji Ohagi
高校卒業後にフランスに渡り、パリのエコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院で学ぶ。1998年、ハバナ国際ギター・コンクールにて第2位及び審査員特別賞を受賞。2000年から4年間、イタリアのシエナで開かれるキジアーナ音楽院でオスカー・ギリアに師事し、4年連続最優秀ディプロマを取得。
ルネサンスから現代曲まで多彩なレパートリーを持ち、ソロから室内楽、協奏曲と幅広く取り組んでいる。国内外でジャンルを超えた活動を展開し、TV、ラジオ、雑誌での露出も多数。
2000年に「11月のある日」でビクターエンタテインメントからCDデビュー。これまでに11枚のCDおよび2枚のDVDをリリース。第6回ホテルオークラ賞、第18回出光音楽賞受賞。宮崎県出身。
Yasuji Ohagi Official Site@ Victor Entertainment
Ryu's Cuban Night 2007

Dec 14, 2009

明日はSTB!その前に事業仕分け!!

明日は六本木STBでコンサートなのですが、
今、日本では信じられない事が起きています・・・。

締め切りは明日。
もし芸術を伝えていく事に賛同してくださる方、
日本をつまらない国にしたくない方、
メールを一通書いてください!!

それにしても海外研修の派遣採択で毎年150人
選ばれることが「多すぎる」とはどういう事か?
音楽家に限らず、ほかの芸術全般で物事を考えると、
それでも少ないはず。
何にも分かっちゃいない?
ちょっとここの4と5の「評価コメント」見てください。
http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/sassin/1286925.htm

それにこの一文「芸術は自己責任。日本独自の
洗練された文化レベル・芸術性が通用するのであれば、
しっかりしたマーケティングで興行可能」
・・・これはもう完全に
「勝手にリュウガクでもコンサートでもやってろ。」
とでも言われているような扱い。

いま世の中に出ている第一線の芸術家で、
国の援助のおかげでここまで来られた人は
数えきれないと思います。
それを更に高め、伝え繋げていくためにも
国が助けるという事は欠かせないのではないでしょうか?

私の留学していたパリ・コンセルヴァトアールは
外国人の私でさえフランス国からの援助金が出て
本当に助かりました。
しかしその状態でも自分に必要な楽譜や
耳を養うためにコンサート通いをしたりしていると
お金はなくなり、毎日一食しか食べられず、
それも白米もしくはパスタに塩だけ、という感じの
食生活の時期もあったのです。

事業仕分け人の「お偉いさんたち」は、
芸術とひとくくりにしているけれど、
はたして芸術と言われるすべてのエレメントを
吟味しての発言なのだろうか?
・・・いや、それは「音楽」だけ見た感じだけでも
疑問に思うのだから、明らかに感覚がずれていると思う。

このまま事が進めば、芸術文化は絶滅するでしょう。

それで、私も反対表明しました。

以下、私に送られてきた文です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

音楽仲間からメールが来ました。
「仕分け作業」による、
『本物の舞台芸術体験事業』廃止、
日本芸術文化振興会への交付金圧倒的減額
についての反対表明です。


ご賛同いただける方にまわしていただけると助かります。
以下のフォーマットをお使いください。
よろしくお願いいたします。


Subject: 助成廃止反対

緊急のお願いです。

 事業仕分けにおいて文化関連予算がバッサリ切られました。
特に、子供たちを対象とする『本物の舞台芸術体験事業』が
廃止、日本芸術文化振興会への交付金が圧倒的減額、と
されたことには強い危機感を持っております。
 『本物の舞台芸術体験事業』は音楽のみならず、
演劇、伝統芸能などの公演を、学校に出向いて
ワークショップを行い、生徒の参加を含めて
体験させるという、大変意義深い事業です。
 天下りによって私たちの税金が巨額の
報酬や退職金になっている事業ならともかく
子供たちの感性を豊かにし、将来の日本を担う
人材を幅広く育てよう、日本の文化活動を底支えしよう、
という事業にまで、費用対効果の理屈一辺倒で切り込んだ
今回の非常識な結論にたいして、ぜひ、事業廃止に
反対する意見のメールを送っていただきたくお願い申し上げます。

 文化庁(文部科学省)の意見募集は期限が
「12月15日」となっておりますので、
ぜひ期限内にお願いいたします。その際、
下記の要領でお願いいたします。
送信先アドレス:nak-got@mext.go.jp
担当官:中川正春・後藤斎
 
●事業番号「4」事業名
「文化関係1−独立行政法人日本芸術文化振興会」


*芸術創造活動特別推進事業助成金についてはこの事業です。
「芸術創造活動特別推進事業助成金の削減・廃止に反対します。」
という一文を入れてください。この一文だけでも構いません。


●事業番号「5」事業名
「文化関係2—芸術家の国際交流(学校への芸術家派遣)」

*本物の舞台芸術体験事業がこの項目です。


「本物の舞台芸術体験事業の廃止に反対します。」
という一文を入れてください。この一文だけでも構いません。
 
・様式は自由、必ず「件名(タイトル)」に
事業番号、事業名を記入して下さい。
※ 署名扱いなので、住所・氏名を入れて下さい。


12月15日〆切です、音楽関係の方に限らなくても結構です。
とにかく文化庁のサーバーがパンクする程のメールを
送信しなければ、このまま日本の芸術は全て
なくなってしまいます。時間がありませんが、
ご協力よろしくお願い致します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・・・以上が送られてきたメールでした。
皆さんのご意見をどうぞ文部科学省へ
メールしていただければと思います。

December 14, 2009 in お知らせ, ニュース, 心と体, 文化・芸術, 日記, 経済・政治・国際, 育児, 音楽 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143787/47019076

Listed below are links to weblogs that reference 明日はSTB!その前に事業仕分け!!:

» しわけとやら。 from おさぼり日記
次世代コンピューターのプロジェクト凍結。ロケットは廃棄。正直がっかりした。 経済政策をうたい、このところ予算削減ばかりが強調されているが、実際のところは内需拡大への道筋は不透明で、投資家の動きも鈍い。 ☆ 世界一だったスパコン事業で日本が他国に追い抜かれて数年、いまやアメリカはおろか中国・韓国にまで抜かれて母国はすっかり科学技術三流国だ。経済の無駄を省くのはおおいに結構だが、目先の経済のみを追った仕分け作業はいかがなものか。 戦後50年、先祖が汗水たらして世界で一番といわれるまで... Read More

Tracked on Dec 23, 2009 10:39:09 AM

Comments

カルトはお祓いしませよ!

http://d.hatena.ne.jp/nonasu/20091215/1260880439

http://blog.goo.ne.jp/truenet/e/758deea620d53e7e393937156f8dc9df

Posted by: エクソシスト | Dec 17, 2009 5:40:52 PM

わが国では数少ない「ホンモノの音楽家」のご意見
を、手遅れるになる前に・・・
http://homepage3.nifty.com/t-yoshimatsu/

Posted by: とおりすがり | Dec 17, 2009 9:46:37 AM

大萩様

プログで、議論をしてしまい、心からお詫び申し上げます。

いろいろとつたない文章で、失礼しました。

Posted by: ねこ | Dec 17, 2009 6:05:58 AM

dog  mail building

http://blog.goo.ne.jp/chef-norichika/d/20091216

Posted by: ねこ | Dec 17, 2009 1:46:24 AM

昨日、STB139の最前列より、携帯でピコピコして、自分の言葉で、文化庁宛に、署名扱いで、送付しました。

本件の趣旨も理解できず、妄想・想像で、意見と事実の切り分けもできず、一方的な自己主張が好きな方は、放置しましょう。相手するだけ無駄です。>all

Posted by: gan | Dec 16, 2009 11:56:06 PM

「国立劇場」というのは、
国が作ったものではありません。

ある新興宗教団体を母体にもつ
政党が作ったものですよ・・・

Posted by: とおりすがり | Dec 16, 2009 9:35:58 AM

(独)芸術文化振興会
天下り先ですよ・・・
http://www.ntj.jac.go.jp/about/document/yakuinkyuuyo2010.pdf

Posted by: とおりすがり | Dec 16, 2009 9:16:02 AM

初めまして、僕も一票投じさせて音楽仲間にも呼び掛けさせて頂きました。

この問題は色々な意見があると思うし、また予算の使い方には納得のできないことも多くあるかも知れません、

でも国の芸術家への支援があることで一人でも素晴らしい音楽を演奏することで人々の心を前向きにする音楽人ができるならば帳簿の計算上割に合わなかろうが、
人々に希望をもたらせるならおおいなるプラスだと思います!
それをこれからを担うミュージシャン達がもっと良い方向に変えて行きたいですね!

Posted by: toshiaki wada | Dec 15, 2009 11:59:54 PM

只今お昼休みです。

空をあおいで
風に触れて
胸いっぱいに深呼吸。

3回繰り返すころには
気分転換できた…かな。

おひさまの光をあびて
あったかい気持ちで
午後もがんばれそう。
大萩さんもお試しあれ☆

今夜も素敵な音色を奏でてください!

Posted by: ami | Dec 15, 2009 12:59:50 PM

ねこさま

焦点がずれてきたので無駄でしょう・・
これ以上大萩くんに迷惑はかけられません。

私は国の援助で学校を出たわけはありません
親が納めてくれた税金で学校に行けたと理解しています。

「アナキスト」の意味をちゃんと理解してください。
最後に、私は「芸術」とは「Touch」だと思っています。

Posted by: 岡嶋浩幸 | Dec 15, 2009 10:44:41 AM

岡嶋浩幸様

なるほど、あなたは、アナーキストなんですね。国家、伝統のみならず、天皇の存在も否定するアナーキストなのですね、そうゆうアナーキストが、国の援助によって、国立大を卒業している。うーん、矛盾していますね。

「音楽でどれほど社会が変えられるのでしょう・・」
その表現自体が、私には、尊大、不敬に感じます。そもそも、文化、芸術は、キャピタリズムによる判断には、そぐわないものなのでは、ないでしょうかと考えています。

いろんな数字がありましたが、その数字と根拠となる実際のデータを御示し下さい。
多分、アナーキストのあなた様とこれ以上議論しても無駄でしょう。

Posted by: ねこ | Dec 15, 2009 10:04:32 AM

大萩さん、こんばんは。
大萩さんの考えに賛同し、芸術を伝えていく大切さを強く感じたので、メールを送りました。皆さんの一つ一つの想いが、より良い方向へと向かっていくことを、心から願っています。
今日のコンサートも、すばらしいものになりますように。。

Posted by: izumi | Dec 15, 2009 3:23:15 AM

自分が書き込みをしてから、後の様子が気になって、また来てみれば・・・何ということ!

こんな事では今日、心を落ち着けて平常心で演奏するのは厳しいでしょうね。
大萩さんの心中は察するにあまりある・・・。

誰がどんなにあなたを傷つけても、必ず立ち直ってください。
私たちの心は、ずっとあなたのそばに寄り添っているから。

いつも、あなたのギターで癒され、勇気づけられ、生きる力をいただいているのですもの。
私たちは、いつでもあなたの見方です。

本当に素晴らしい音楽が持つ不思議な力を感じさせてくれる大萩さんのギター。その音色が、今日も美しい輝きを放つよう祈っております。

会場には行けませんが、アリエルさんとの初演曲も楽しんできてくださいね。
いつか、私もその素晴らしい音楽に出会えますように!

Posted by: oyoyo | Dec 15, 2009 3:05:15 AM

ねこさま

いろんなご意見もあると思います。承知しております。
小生も国立大学を出ていますが、当時は授業料免除
してもらってました。在学中は当時噴出した授業料
値上げ反対のデモ等、それなりの活動をしました。
現在も、微力ながら誠意ある期間への寄付も続けてお
ります。
(他、政治的な活動についてはノーコメントですが)
どちらかというと私はアナーキストです。

大事なのは手続きの方法なのです。
今はネットというインフラが整備されてとても
お手軽に・・匿名性、そういうあなたも私に反論されるなら
本名を堂々と名乗られたらどうですか?
そこが一番の問題なんですよ。
人間は顔と顔を対峙させて正面から話合わなければ
本当に良い結果は生まれません。

事業予算というものは「費用対効果」でしょう、
仕分け人のコメントはキャピタリズムからは正常
な意見だと思いますよ。
そもそもこの国は芸術・文化を庇護する国では
ない・・輸入楽器に税金かけるのは先進国では
日本くらいです。
したがってこの国で文化活動をする人の多くは
それに殉じる相当覚悟でやっているのです。

文化庁が一体どうゆう組織かご存知ですか?
私は、工業所有権や著作権等の法律を扱う仕事
をしています。予算のほとんどは天下り人件費です。

私も多くの音楽家の演奏会に関わってますが、
はっきりいって行政や国の金もらって御用文化を創って
何の意味があるのですか?

なんのしがらみもなく自由に独立した自己主張をもって活動
すべきではないのですか?

科学技術予算にしても270億の9割方が天下りと
ITゼネコンにピンハネされているのが現状ですよ。

だから、著名な科学者たちは自らをマスコニにさらけ出して
訴えているわけではないのですか?

著名な音楽家もそうするべきではないのでしょうか?
音楽でどれほど社会が変えられるのでしょう・・
過去、確かにいました。ワーグナー、R・シュトラウス
かれらの音楽がどれだけの悲劇を生んだのかご存知ですか。

官庁が広く意見を募るというのは、
一種の口実ではないのですか?公衆に問うたという既成事実
を作るためであって、なんら効果はないと思いますが・・
官庁を発表を鵜呑みにするようなことでは・・・
為政者にすぐにアジテートされますよ。お気をつけてください。

しかし、飯を食うのが第一でしょう(笑)世界中を見回して
ごらんなさい、今日の10円が無い人たちのことに想いを
馳せなさい。
芸術・文化・芸能。伝統とは・・古今東西、パトロンのお遊びなんですよ歴史を見ればはっきりしている。

ねこさん、あなたは、芸術や文化の何を理解しているのでしょうか?
私にはまだ分かりません、多分死ぬまで分かりません。
だからころ音楽を楽しむのです。大切にしたい。アホな役人や
政治家に攪乱されたくないのです。自立しなければほんとのアート
は生まれません。

Posted by: 岡嶋浩幸 | Dec 15, 2009 2:48:10 AM

明日のSTB、妻と共に伺います。非常に楽しみにしています。

事業仕分けというか、「民主党」の独裁政治には、甚だ怒りを覚えずに入られません。

彼らの政策(というか、ただの思いつき)は、全て自党の支持基盤確保のための利益追求ばかり。これまで日本が大事としてきた社会・文化・藝術を”議論なく”壊す。

絶対に許せない。

本件についても同様。事業仕分けは、彼らの票稼ぎのための手段でしかなかった。思いつきの自分たちのやりたいことにお金を垂れ流し、お金がないとこれまでの大事な予算を壊す。その影響をもろに受けた形。

大萩さん、あなたのまっすぐな思いは間違っていないと思います。
我々の大事な日本を”壊そう”とする政権に対して、断固たる態度をとらねば、日本は本当におかしくなる。

多くの論者が、今の民主党のやり方、無策、横暴に対して、強い懸念やNoの声を上げつつあります。

一人ひとりが問題意識を持って、取り組まなければ、いけない時期と思います。

頑張りましょう。

追伸:明日は、最前列で寝ていたら、それは私です。お許しを。。今夜も仕事で徹夜のためweep

Posted by: gan | Dec 15, 2009 2:23:17 AM

追記
ただのギター馬鹿の人は、大好きです。
これからも、外食やめて、節約して、食費削っても、
友達誘って、大萩さんのコンサートがんがん、行けるように、がんばります。

Posted by: ねこ | Dec 15, 2009 1:14:25 AM

岡嶋浩幸様
あなたは、文化、芸術、伝統というものが、どんなものか少しも理解していらっしゃいませんね。
この他に、科学技術の予算も削られましたが、例えば、リニアモーターカーは、初めて新幹線が、開通した翌年から研究をはじめ、やっと最近、実用化のメドが立ったのです。研究者は、今では、3代目になるそうです。このように、すぐには、経済原則には合わなくても、長い目でみれば、国民の利益、世界の為になることを援助するのが、国家の役割なのです。
科学技術ですら、このような巨視的視点が必要なのだから、まして、文化芸術事業は、もっと深い思慮と大きな視点が必要とされます。削減の中には、世界最古の舞台芸術である、能楽も含まれているようですが、助成金は、アーティストや研究者個人の為ではないのです。日本の文化、世界の文化遺産なのです。たとえ、我々が、明日の食事を10円節約しても、護っていかなければならないものなのです。国立大に行けない貧困の人を救うより、もっと大切なことがあるのです。それに、貧困故に、国立大学に行けない人とは、どういう人でしょう。奨学金制度もあるし、日本は、アルバイトに困るほど仕事のない国ではない。私の知人も、親から援助なしに、大学を卒業している。私の夫もそうです。そこまで言うなら、あなたは、国立大に行けない人の為に、街頭募金に立たれたのでしょうか。また、9.11のテロとサイバーテロだとして、同じ次元で、論ずるのは、どうでしょう。今回の仕分けで、官庁は広く意見を一般から公募して、それを斟酌すると発表しています。意見を求められて、それに応じることのどこが、テロなんでしょう。あまりに非常識なバッシングは、慎んでいただきたいと思います。

Posted by: ねこ | Dec 15, 2009 12:54:00 AM

昨日メールをいただき、事業仕分ページを確認しました。
私も音楽ではないですが、芸の技を仕事としております。
付加価値の塊とも言われますが、やはり芸術というものの豊かさは、かけがえのない色を人生に添えてくれるものだと思っております。
それらを奪っていくことはやはり反対です。
私自身、もうすぐ職を失います。。。自分の技術を信じていたいけれど、いま非常に厳しい現状です。
しかし細かいこの事業シートをひとつづつ確認していくと、思ったように目的に使われていない気がします。
高額な金額が天下り役員へ流れていくのであれば、例えここで反対が通っても、意図しているものが違うのでは?
正直これだけの資料では、自分の勉強不足で、本当にまっとうな金額かどうか分かりませんが。
運動には反対ですが、しかし中身の整理整頓をきちんとしてもらわず、ただ「反対」という事はできません。
あと数時間、そのあたりを自分なりに整理してからメールを送りたいと思います。

Posted by: とまて | Dec 15, 2009 12:42:25 AM

ただいま、私もメールを送りました。
昨日、ねこ様のご指摘のページを拝見させていただき、新政権のあまりのお粗末さに腹が立つを通り越し、呆れてしまいました。

役人の方の中に見識の高い方がいらっしゃらないのが悲しいですね。
一体、芸術を何と考えているのか!

確かにお金はかかるが、金にはならないのが芸術です。
しかし、人の心を豊かにし、生活に潤いを与えるのが芸術。
だからこそ、国家レベルの保護が必要なのに!

私たちも、子供たちに生きた芸術を味わわせるために、日夜奮闘しています。
文科省のやり方にも疑問を感じます。
給食費さえ踏み倒す親がいる中で、一銭の補助もなく、全員に日本の音楽を学習させろ!だなんて。
日本の音楽の学習の必要性は重々わかっています。

しかし、現実は厳しく、それぞれの学校が備品として持っている和楽器など微々たる物なのです。周辺の学校同士で貸し借りをしあって最低の数をそろえ、どうにか学習を成立させているような現実を知っているのでしょうか。
「工夫しろ!」というだけで、全く何の補助もない。

本当に一事が万事で腹が立ちますね。
本当に情けない。

でも、嘆いているだけでは何にも始まらない。
自分に出来ることを精一杯やるだけです。

きっと、同じようなお考えの方々もたくさんいらっしゃるはず。
みんなで、力を合わせ、日本の芸術文化を支えましょう!

Posted by: oyoyo | Dec 14, 2009 11:33:27 PM


P.S
「勝手にメールを送りつける」
という表現は不適切だったので、
訂正してお詫びします。

しかしながら、(独)芸術文化振興会
なる組織に渡った後の資金の流れには
甚だ疑念を感じます。

Posted by: 岡嶋浩幸 | Dec 14, 2009 11:16:36 PM

この文化関連予算の削減案を知り、
背筋が凍る思いがしました・・・

芸術はビジネスとは構造が違うのだということ、
芸術家は利潤を求めて芸を磨くわけではないということ、
だからこそ、「自己責任」ではなく、国の援助で育ててほしいという思いを

メールしました。

芸術を失ってしまったら
日本人は本当に本当に!!貧しい国民になってしまう。。。

一国民として、危機を感じました。

Posted by: なおえみき | Dec 14, 2009 10:24:24 PM

拝啓 大萩康司 さま

私は君より少しだ長生きしているので
あえて苦言を呈します。

今、この国の状態を考えたら
皆で「痛みを分かち合う」事業仕分けに
協力するのが正常な国民感情なのではないですか?

塩パスタを食べて頑張ったから、今の大萩くん
がいるのではないですか?私もギターをずっと
愛してきたので、あなたの演奏を聴けば、どれだけの
努力と鍛錬と勉強をしてきたのか良く分かります。

貴方はリンカーンセンターで9.11に対して
哀悼の意を示しました。
それが官庁にメールを勝手に送りつけてサーバー
をパンクさせるなんていう発想は、まさにテロリズムでは
ないのですか?

もし、本当に後輩たちのことを思いやるなら
あなた方先輩音楽家同士がお金を出し合って基金
を作ればいいではないですか、若しくは賛同者を
募って正当な手段でケアしてあげればよいのでは?

少なくとも、あなたたち音楽家がこの歳末街頭に立ち
署名を集め正当な手続きを経た上で政府と交渉するべきです。

「戦争」と「外交」の違いは何でしょう?
きちんと目的を達成するためには慎重に
手段を選らばなければなりません。

悲鳴を上げているのはなにも音楽家ばかりで
はない・・貧しくて国公立大学へ行けない人が
何万人いるか想いを馳せたことがありますか?

こんなチェーンメールのような卑怯な手段で
予算を勝ち得て一体何が残るのですか誰が喜ぶのですか?
発起人はどういう方か存じ上げませんが、
これはエゴイズムです。音楽家、とくにクラシック音楽家特有
のブルジョア感覚がそうさせているのいるです。

大萩くん、君はギターは本当本当に上手くなった!
しかし、真に芸術を勝ち得ているのでしょうか?
ホンモノのアーチストになりえたのでしょうか?
全人的な深い思慮をもってステージに立っていますか?
ただのアパフォーマーになっていませんか?

このコメントを削除するのはかまいません
しかしし、私がこうしてオフィシャルブログに書き込むのは
デリーケートな社会的問題に対してのあなたの軽率さを
感じたからです。

大萩くん、あなたは郷土の音楽仲間の誇りなんです。
立派な芸術家になって欲しい、だだのギター馬鹿には
決してならないで欲しいのです。

                             敬具

Posted by: 岡嶋浩幸 | Dec 14, 2009 10:19:51 PM

帰宅後ブログを拝見して微力ながら尽力しました。
一人でも多くの方の賛同が得られますように。。。。

Posted by: ami | Dec 14, 2009 10:05:43 PM

旦那も、私も、反対のメール送りました。

能楽は、現存する、世界最古の舞台芸術です。
日本だけでなく、世界遺産です。

のだめも、聴けなくなる・・。
多くのオーケストラが確実につぶれます!!!!!

子供たちを対象にした生の音楽に触れるような体験事業でさへ、全額カット。

大萩さんがブログに書いてくださり、心より感謝、感謝でございます。

Posted by: ねこ | Dec 14, 2009 9:07:26 PM

大萩さんのブログを拝見して、私も反対のメールを送りました。
こういうことをしたのは初めてですが、音楽・芸術ファンのひとりとして賛同します!
これからもたくさんの才能ある日本人が育っていって欲しいです。そのための援助や環境作りをすることは国として当然で、そこをケチってしまうなんて本当におかしいと思います。

Posted by: まりえ | Dec 14, 2009 9:04:16 PM

こんにちは。

薮田ギタリストから、私の所にメールが送られてきました。
私も、今回の事業仕分けの内容については反対です。

芸術、学問の分野の切り捨ては許し難いと思います。
この国の将来が心配です。

これからメールを送ります。

Posted by: ぶたまり | Dec 14, 2009 5:51:11 PM

大萩さん
私の元にも同内容の文面が複数の関係者から届きました。主旨に賛同し、私もメールを送りました。
大萩さんがブログに書いて訴えてくださったこと、大変心強くうれしく思いました。
私は芸術に関わる大学教育の現場に所属していますが、今回の事業仕分けでは若い研究者たちにも多大なダメージを与えるようなとんでもない結果が出ています。
豊かな芸術を育もうとしない国の未来が、本当に心配です。

明日のSTB、うかがいます。楽しみにしています。

Posted by: 朝来夢 | Dec 14, 2009 4:19:33 PM

Post a comment





Insert Emoticon