Yasuji Ohagi
高校卒業後にフランスに渡り、パリのエコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院で学ぶ。1998年、ハバナ国際ギター・コンクールにて第2位及び審査員特別賞を受賞。2000年から4年間、イタリアのシエナで開かれるキジアーナ音楽院でオスカー・ギリアに師事し、4年連続最優秀ディプロマを取得。
ルネサンスから現代曲まで多彩なレパートリーを持ち、ソロから室内楽、協奏曲と幅広く取り組んでいる。国内外でジャンルを超えた活動を展開し、TV、ラジオ、雑誌での露出も多数。
2000年に「11月のある日」でビクターエンタテインメントからCDデビュー。これまでに11枚のCDおよび2枚のDVDをリリース。第6回ホテルオークラ賞、第18回出光音楽賞受賞。宮崎県出身。
Yasuji Ohagi Official Site@ Victor Entertainment
Ryu's Cuban Night 2007

Dec 27, 2013

2/10 「なんでも!クラシック」

12月27日(金)27:20-28:10 
いわゆる深夜…。

テレビ朝日「イベ検」という番組で
波田陽区さんとのトーク、演奏?
ありますので、起きている方是非観て下さい!
http://www.tv-asahi.co.jp/event/contents/event_program/0258/

「なんでも!クラシック」
ギターコーナーに出演します。
2/10松尾俊介君とのデュオ、お楽しみに!

それでは再びこの方に登場していただきましょう…


December 27, 2013 in お勧め!!, お知らせ, イベント, ニュース, 人物, 心と体, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 芸能・アイドル, 音楽 | | Comments (123) | TrackBack (0)

Dec 14, 2009

明日はSTB!その前に事業仕分け!!

明日は六本木STBでコンサートなのですが、
今、日本では信じられない事が起きています・・・。

締め切りは明日。
もし芸術を伝えていく事に賛同してくださる方、
日本をつまらない国にしたくない方、
メールを一通書いてください!!

それにしても海外研修の派遣採択で毎年150人
選ばれることが「多すぎる」とはどういう事か?
音楽家に限らず、ほかの芸術全般で物事を考えると、
それでも少ないはず。
何にも分かっちゃいない?
ちょっとここの4と5の「評価コメント」見てください。
http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/sassin/1286925.htm

それにこの一文「芸術は自己責任。日本独自の
洗練された文化レベル・芸術性が通用するのであれば、
しっかりしたマーケティングで興行可能」
・・・これはもう完全に
「勝手にリュウガクでもコンサートでもやってろ。」
とでも言われているような扱い。

いま世の中に出ている第一線の芸術家で、
国の援助のおかげでここまで来られた人は
数えきれないと思います。
それを更に高め、伝え繋げていくためにも
国が助けるという事は欠かせないのではないでしょうか?

私の留学していたパリ・コンセルヴァトアールは
外国人の私でさえフランス国からの援助金が出て
本当に助かりました。
しかしその状態でも自分に必要な楽譜や
耳を養うためにコンサート通いをしたりしていると
お金はなくなり、毎日一食しか食べられず、
それも白米もしくはパスタに塩だけ、という感じの
食生活の時期もあったのです。

事業仕分け人の「お偉いさんたち」は、
芸術とひとくくりにしているけれど、
はたして芸術と言われるすべてのエレメントを
吟味しての発言なのだろうか?
・・・いや、それは「音楽」だけ見た感じだけでも
疑問に思うのだから、明らかに感覚がずれていると思う。

このまま事が進めば、芸術文化は絶滅するでしょう。

それで、私も反対表明しました。

以下、私に送られてきた文です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

音楽仲間からメールが来ました。
「仕分け作業」による、
『本物の舞台芸術体験事業』廃止、
日本芸術文化振興会への交付金圧倒的減額
についての反対表明です。


ご賛同いただける方にまわしていただけると助かります。
以下のフォーマットをお使いください。
よろしくお願いいたします。


Subject: 助成廃止反対

緊急のお願いです。

 事業仕分けにおいて文化関連予算がバッサリ切られました。
特に、子供たちを対象とする『本物の舞台芸術体験事業』が
廃止、日本芸術文化振興会への交付金が圧倒的減額、と
されたことには強い危機感を持っております。
 『本物の舞台芸術体験事業』は音楽のみならず、
演劇、伝統芸能などの公演を、学校に出向いて
ワークショップを行い、生徒の参加を含めて
体験させるという、大変意義深い事業です。
 天下りによって私たちの税金が巨額の
報酬や退職金になっている事業ならともかく
子供たちの感性を豊かにし、将来の日本を担う
人材を幅広く育てよう、日本の文化活動を底支えしよう、
という事業にまで、費用対効果の理屈一辺倒で切り込んだ
今回の非常識な結論にたいして、ぜひ、事業廃止に
反対する意見のメールを送っていただきたくお願い申し上げます。

 文化庁(文部科学省)の意見募集は期限が
「12月15日」となっておりますので、
ぜひ期限内にお願いいたします。その際、
下記の要領でお願いいたします。
送信先アドレス:nak-got@mext.go.jp
担当官:中川正春・後藤斎
 
●事業番号「4」事業名
「文化関係1−独立行政法人日本芸術文化振興会」


*芸術創造活動特別推進事業助成金についてはこの事業です。
「芸術創造活動特別推進事業助成金の削減・廃止に反対します。」
という一文を入れてください。この一文だけでも構いません。


●事業番号「5」事業名
「文化関係2—芸術家の国際交流(学校への芸術家派遣)」

*本物の舞台芸術体験事業がこの項目です。


「本物の舞台芸術体験事業の廃止に反対します。」
という一文を入れてください。この一文だけでも構いません。
 
・様式は自由、必ず「件名(タイトル)」に
事業番号、事業名を記入して下さい。
※ 署名扱いなので、住所・氏名を入れて下さい。


12月15日〆切です、音楽関係の方に限らなくても結構です。
とにかく文化庁のサーバーがパンクする程のメールを
送信しなければ、このまま日本の芸術は全て
なくなってしまいます。時間がありませんが、
ご協力よろしくお願い致します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・・・以上が送られてきたメールでした。
皆さんのご意見をどうぞ文部科学省へ
メールしていただければと思います。

December 14, 2009 in お知らせ, ニュース, 心と体, 文化・芸術, 日記, 経済・政治・国際, 育児, 音楽 | | Comments (27) | TrackBack (1)

Aug 19, 2008

面白そう!!

今日、庄内フェスティバルの
プログラムが届きました。

26日の巨匠デュオはもちろん聴きにいくし、
28日のコンチェルトは日本初演の
「ジスモンチアーナ」はもちろん、
とにかく生でなかなか聴けないコンチェルトも
あるので、聴きたい!
・・・けど舞台にいるので客席で聴けない・・・(笑)
そしてクライマックス最終日のガラコン、
こないだ共演させていただいた沖仁さんも
出演されるので、最後まで残って聴きたい!!
(最後まで自分も演奏あるから絶対いることになります・・)

以下、そのプログラムです。
27日の「大萩康司と仲間たち」コンサートは
きてからのお楽しみということで・・・
(しかしこの日は満席の様なので入れないかも・・・)
--------------------------------------------
庄内国際ギターフェスティバルin響
HPからチケット購入可能
http://shonaiguitarfes.com/index_j.html

会場:庄内町文化創造館 響ホール
山形県東田川郡庄内町余目字仲谷地280
お問い合わせ:事務局 tel.0234-42-3040


----------------------------------------
8.26[Tue] 開演6:30pm
響大ホール 全自由席 ¥3,000
福田進一&フェルナンデス DUOリサイタル
出演…エドゥアルド・フェルナンデス、福田進一

Program
●ジュリアーニ:協奏風変奏曲 op.130
●ハイドン(フェルナンデス 編)
    :弦楽四重奏曲 op.42(ギター二重奏版)
●トロイロ:ラ・トランペーラ
●コビアン:酔いどれ達
●フェルナンデス:アストール・ヴィジッツ・エイトール
●藤井眞吾:ラプソディー・ジャパン(2008)

----------------------------------------
8.28[Thu] 開演6:30pm
響大ホール 全自由席 ¥4,000
山形交響楽団特別演奏会 ギター協奏曲の夕べ
出演…飯森範親指揮 山形交響楽団、
   E.フェルナンデス、福田進一
   大萩康司、松尾俊介、葉 登民、李 成雨、沖 仁

Program
● ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
Guitar 福田進一

●ブローウェル (1939-)
    :ジスモンチアーナ(2004/日本初演)
Guitar E.フェルナンデス、福田進一、
         大萩康司、松尾俊介

●千住 明 (沖 仁&千住 明 編曲)
    :巡礼紀 NHK大河ドラマ「風林火山」より
Guitar 沖 仁 Jin Oki

●ロドリーゴ:アンダルシア協奏曲
Guitar E.フェルナンデス、李 成雨、
        葉 登民、福田進一

----------------------------------------
8.31[Sun] 開演2:00pm
響大ホール 全自由席 ¥3,000
ファイナル・ガラ・コンサート

出演…福田進一、E.フェルナンデス、
葉 登民、李 成雨、大萩康司、金 庸太
池田慎司、L.ブラーボ、
藤井眞吾指揮庄内国際ギターオーケストラ 

《ソロ》
●葉 登民 呂昭玄:柳の木&故郷
●金 庸太 韓国民謡(金編曲):アリラン
●松尾俊介 レオ・ブローウェル
       :HIKA〜武満徹の思い出に

《カルテット》
●リブラ・ギター・カルテット 
      M.D.プホール:陰と陽

《ソロ》
●E.フェルナンデス
E.ファビーニ(フェルナンデス編):トリステ第1番
C.ティラオ:ドン・タコのミロンガ

《カルテット》
●E.フェルナンデス、福田進一、大萩康司、池田慎司
D.ミヨー(野平一郎編):スカラムーシュ op.165

《協奏曲》
●天使の協奏曲(藤井眞吾)


これは一聴の価値ありフェスティバル!!
自分自身客席で全部聴きたいです
(出演するので客席では無理)。。。

いらっしゃる方は、私の代わりに
聴いて楽しんでください・・・

*写真はまぎれもなく主役のマエストロたち!


2008081816480000

August 19, 2008 in お勧め!!, お知らせ, イベント, ニュース, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (4) | TrackBack (0)

Apr 12, 2006

oui, chef!!

oui,chef!!

友人宅にて、今宵は福田師匠の新譜の「ロッシニアーナ」、
もうすぐ発売されるらしいホヤホヤを聴きながら、
なんと福田氏自身お手製によるイタリア料理を食しました。

いつかロッシーニ風料理を食べながら、
このCDを聴きたいと正直に思いました。
演奏も料理も「ブラヴィ!!*」です。

* 「ブラヴィッシモ!!」の略語

April 12, 2006 in グルメ・クッキング, ニュース, 音楽 | | Comments (10) | TrackBack (0)