Yasuji Ohagi
高校卒業後にフランスに渡り、パリのエコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院で学ぶ。1998年、ハバナ国際ギター・コンクールにて第2位及び審査員特別賞を受賞。2000年から4年間、イタリアのシエナで開かれるキジアーナ音楽院でオスカー・ギリアに師事し、4年連続最優秀ディプロマを取得。
ルネサンスから現代曲まで多彩なレパートリーを持ち、ソロから室内楽、協奏曲と幅広く取り組んでいる。国内外でジャンルを超えた活動を展開し、TV、ラジオ、雑誌での露出も多数。
2000年に「11月のある日」でビクターエンタテインメントからCDデビュー。これまでに11枚のCDおよび2枚のDVDをリリース。第6回ホテルオークラ賞、第18回出光音楽賞受賞。宮崎県出身。
Yasuji Ohagi Official Site@ Victor Entertainment
Ryu's Cuban Night 2007

Jan 01, 2017

2017年

2017年
明けましておめでとうございます。

今年は39歳、感謝の気持ちを持って
1つ1つの演奏会に臨みたいと思います。

今年一発目は1/7名古屋でソロリサイタル。
そして1/9はNHKニューイヤー
オペラコンサートでも出演されていた
藤木大地さんのFirst CDの録音への参加、
続いて1/17銀座の王子ホールでの
通称「銀ぶら」コンサートで
長原幸太さん、鍵冨弦太郎さん、
鈴木康浩さん、高木慶太さんとの室内楽、
1/26には新日本フィルハーモニー交響楽団
の皆さんの中に混ざって武満徹のカトレーンを
井上道義さんの指揮で。
…という一瞬も曲がかぶる隙もない構成の1ヶ月。

最初から、というか去年から気が抜けない
2017年の始まりです。

一音一音が生き生きとした音になるよう
精進してまいりますので、どうぞ今年も
たくさんコンサート聴きにいらしてください。


以下は1月のコンサートのご案内です。
〜〜〜〜〜〜〜〜

大萩康司ニューイヤーコンサート
日時:2017/1/7(土) 15:00開演
場所:ミューズ音楽館
お問合せ先:ミューズ音楽館
052-910-6700

大萩康司マスタークラス
日時:2017/1/8(日) 11:00~
場所:ミューズ音楽館
お問合せ先:ミューズ音楽館
052-910-6700

銀座ぶらっとコンサート#117
お昼の名曲サロン Vol.16
日時:2017/1/17(火) 13:30開演
場所:王子ホール
発売日:2016/9/24
お問合せ先:王子ホール
03-3567-9990
備考:
出演:長原幸太(ヴァイオリン)、
鍵冨弦太郎(ヴァイオリン)、
鈴木康浩(ヴィオラ)、
高木慶太(チェロ)、大萩康司(ギター)

新日本フィルハーモニー交響楽団
#568 ジェイド サントリーホール・シリーズ
日時:2017/1/26(木) 18:15開場 19:00開演
場所:サントリーホール 大ホール
お問合せ先:新日本フィル・チケットボックス
03-5610-3815
備考:
出演:井上道義(指揮・お話)、
新日本フィルハーモニー交響楽団、
大竹しのぶ(歌)、木村かをり(ピアノ)、
崔文洙(ヴァイオリン)、
重松希巳江(クラリネット)、
富岡廉太郎(チェロ)


写真:筆者 @六義園にて

January 1, 2017 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (34) | TrackBack (0)

Oct 07, 2016

明日10/8は京都府民ホールアルティへ!

まだ紅葉は見られませんが…

京都府民ホールアルティにて、
明日は早くも今年最後のソロリサイタル。
当日券もでます。
14時開演です。

お時間許す方は是非☺️

https://www.facebook.com/yasuji.ohagi/posts/10210445624081233

October 7, 2016 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (4) | TrackBack (0)

Sep 13, 2016

夏はあっと言う間に過ぎ…秋のコンサートのお知らせ

9/16、浜離宮朝日ホールでのリサイタルが
3日後になりました。

プログラムは4月に発売されたCD
「天の三羽の鳥」からを中心に組みますが、
前半はキューバの作曲家、レオ・ブローウェルの
日本初演になる曲(当日のお楽しみと言うことで内緒)
もありますし、今年没後20年の武満徹の作品
「エキノクス」、そして若かりし頃パリに留学を
していたブラジルを代表する作曲家、
エイトル・ヴィラ=ロボスの5つのプレリュードも
久しぶりに演奏します。
そして新譜CDの中で贅沢にも一曲だけ
共演いただいている朴 葵姫さんが、9/16も
贅沢に一曲ピエール・プティの「トッカータ」を
東京のリサイタルでは共演してくれます!
…ということで盛り沢山になりますので、
そしてまだチケットございますので、
是非聴きにいらしてください(^ ^)

お問い合わせは
東京音協(03-5774-3030)まで



デュオを除くほぼ同じ内容のリサイタルは
10/8、京都府民ホールアルティでもございます。
主催していただく京都ミューズさんからの
インタビュー記事もリンクしておきますので、
どうぞご覧ください。
京都ミューズインタビュー



写真は8月に行っていた台湾のギターフェスティバル
にて。
また回想ブログは後々…

*宣伝をもう1つ!
9/14 NHKクラシック倶楽部 再放送!

September 13, 2016 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (5) | TrackBack (0)

Nov 20, 2015

11/21,22は大阪、広島へ!

なんだか肌寒いな…と思ったらもう年末でした。
芸術の秋、食欲の秋…如何お過ごしでしょうか。

今年の総集編はまた今年中に書きたいと思います。

…その前にコンサートの告知を。
江戸聖一郎君とはパリ留学の頃からの顔馴染みで、一緒に演奏するようになったのはこの4〜5年。
秋吉台国際芸術村で毎年行っている「秋吉台ミュージックアカデミー」での濃い10日間でデュオを温めてきました。

演奏者の息遣いも聞こえるくらいの広すぎない空間で是非聴いていただきたい公演です。

☆【江戸聖一郎×大萩康司 デュオ・リサイタル 大阪公演】2015年11月21日(土)14:00〜@島之内教会(大阪・心斎橋)

☆そしてこちらはかなり久しぶりの広島!
【江戸聖一郎×大萩康司 デュオ・リサイタル 広島公演】
2015年11月22日(日)14:00〜@広島市東区民文化センター スタジオ1。
中国地方、四国、九州近くにお住まいの皆様、ぜひ!

今年の公演も残すところ4回となりました。
またいろんなところでお目にかかれるのを楽しみに一歩一歩進んで行きます。



11/19代官山の猫

November 20, 2015 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (7) | TrackBack (0)

Feb 18, 2015

2015年

こちらがまだ2015年に
なっておりませんでした…汗

今年もよろしくお願いします。
写真は新年に撮った写真。



Twitterもたまに見てやってください。
https://mobile.twitter.com/yasujiohagi
ここよりは更新早いです(笑)

February 18, 2015 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (10) | TrackBack (1)

Dec 31, 2014

もう大晦日か…

年を重ねる毎に一年は短くなる様ですが、今年は更に急速に過ぎていった感あり。



「大川や」で年越し蕎麦を食べつつ反省、そして2015年皆様の御多幸を祈りつつ、自らの足元を見失わないよう常に基本に帰り、まだ見ぬ未来への準備をします。

今年もありがとうございました。
そして来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


December 31, 2014 in 心と体, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記 | | Comments (19) | TrackBack (0)

May 19, 2014

モスクワ公演その3






…そしてそれぞれの次の目的地へと
向かって行きました。

〜〜〜〜〜〜〜〜






最終日打ち上げではウォッカを5杯、
あちらの飲み方でチェイサーはトマトジュース。
一気に夢の縁へ…?

そしていまは
6/20
サントリーブルーローズで行われる
チェンバー・ミュージック・ガーデン、

6/22
ARTE TOKYO第四回定期公演
@オペラシティ

7/25
セルフプロデュースリサイタル
@ティアラこうとう小ホール

の準備!!
頑張らねば。

May 19, 2014 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (12) | TrackBack (1)

モスクワ公演その2




みんなをまとめてくれた
こんな素敵な敏腕マネージャー、
アナスタシアのお陰もあり、






親日家のステージマネージャーのムッシューも






これまた懐かしいイタリア、シエナ以来
10年ぶりくらいの再会のマリアとも
会えたし、








ピアニスト反田恭平君との出会いもあり、
結果素晴らしい旅になりました!!!

ロシアから届いた、オールキリル文字の
招待状をVISAと勘違いして
そのままモスクワ空港の
パスポートチェックで6時間待たされ、
しかしアナスタシアのお陰でなんとか
入国できた初日からの伸びしろは
驚くほど大きかったです。






赤の広場や






かの有名な寺院にもおとずれ、






デパートに置いてあった音の出ない
ピアノも弾いてラファエルに
聴いて?もらったり…






人のインタビュー中に
二人でふざけて見たり。




May 19, 2014 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (4915) | TrackBack (0)

モスクワ公演

ブログ更新!
ご無沙汰しております。

三月から振り返ってみると…





人生初のモスクワ公演。
留学していたころ、イタリアの
アカデミア・キジアーナで
巨匠オスカー・ギリアに毎年夏一ヶ月
みっちりサマースクールで四年間
音楽漬けになっていた学友の
Artyom Dervoed君が音楽監督を務めている
「第9回ギター・ヴィルトゥオーゾ」に
招待していただき、ソロリサイタル、
そして念願のギターとオーケストラのための
武満徹「夢の縁へ」をモスクワの
Navaya Rossiya 交響楽団、
フレディ・カデナ氏指揮で
演奏させて頂きました!





Artyomと久々の再会!!
2012年台湾で会って以来。





ソロリサイタルシリーズ。
同じ日にはマルシン・ディラ氏も。
一瞬の曇りも無いクリアな演奏でした。





こんな素敵なホテルの部屋に12泊!!
ちょっと長すぎたか…?笑





ホテル外はこんな感じで雪の日もあり…





歴史あるチャイコフスキーホールでの
演奏がソロ、コンチェルト、ガラと
三回もできたことは感激でした!!





マエストロ・カデナ氏も素晴らしい
統率力でした!!





このフェスティバルのオープニングを飾った
ペトリット・チェク(私の隣)や、





左から筆者、アルティョム氏、
エドゥアルド・カテマリオ氏、
パヴェル・シュタイドル氏、
ラファエル・アギーレ氏、
ジュディカエル・ペロワ氏…
…豪華すぎます。


May 19, 2014 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (37) | TrackBack (0)

Feb 13, 2014

ニセコにて。

今年で3度目になる2014ニセコ冬の音楽祭、
クァルテット・エクセルシオの皆さんとの
共演、そして主催してくださって
細かなところまでケアしていただいた
ニセコスタッフの皆様のお陰様で
無事、終了致しました!

去年まで四年間、オーストラリア・
チェンバー・オーケストラを率いる
リチャード・トネッティさんらが
中心になってやっていた音楽祭
だったのですが、彼らが不在の今年、
また出来るか不安でしたが、こんなに
環境のいいところで一昨年から
ご縁ができて、スタッフの皆さんの
ご理解もあり、継続できることが決定、
短い準備期間でしたが形になって
本当にやって良かったと思いました。

同じコテージでエクセルシオの皆さんと
合宿のような生活も、すごく新鮮で
新しい曲にも取り組めたので収穫の多い
コンサートになりました。
音楽にとどまらずいろんなお話もでき、
とても勉強になりました!

またここに来られることを夢見て。


初日打ち上げ。



実行委員のTさん、Kさんと。



羊蹄山。
こんなに晴れている羊蹄山は
珍しい!










February 13, 2014 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 自然, 音楽 | | Comments (3) | TrackBack (0)

Dec 27, 2013

2/10 「なんでも!クラシック」

12月27日(金)27:20-28:10 
いわゆる深夜…。

テレビ朝日「イベ検」という番組で
波田陽区さんとのトーク、演奏?
ありますので、起きている方是非観て下さい!
http://www.tv-asahi.co.jp/event/contents/event_program/0258/

「なんでも!クラシック」
ギターコーナーに出演します。
2/10松尾俊介君とのデュオ、お楽しみに!

それでは再びこの方に登場していただきましょう…


December 27, 2013 in お勧め!!, お知らせ, イベント, ニュース, 人物, 心と体, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 芸能・アイドル, 音楽 | | Comments (123) | TrackBack (0)

Dec 20, 2013

東京文化リサイタル終了!

東京音協さんの主催では何時も素敵な
ホールでリサイタルさせていただいています。

デビューの当時、担当だった島田さんは
音協の全国の集会で私を呼んでくださって、
皆さんの前で「ね、この男、なかなか
良いんですよ!是非皆さん各地に呼んでください」
と一声いただいたおかげで、北は北海道から
南は鹿児島まで、様々なところへ
連れて行っていただきました。

そして今年も無事に終えられたことに
感謝します。

そしてコンサートを聴いてくださった
音楽ライターのオヤマダアツシさんが以下の
コメントをくださいました!

掲載しても良し、と許可をいただいたので、
ここに掲載させていただきます。

〜〜〜〜〜

外が雪になるのではないか、
という昨晩だったが、東京文化会館の小ホールは、ほんわりと温かい空気に満ちていた。
久しぶりに(本当に、申し訳ないくらい
久しぶりに)、大萩康司さんのガッツリな
リサイタルを聴く。

これまで南米の曲を聴くことが多かったせいか、
彼がかもし出す「温かい音楽」の根源は
そこにあるのかと思っていたのだが、
英国をテーマにした昨日のプログラムでも
同じような温かさが漂っていたので、
これはもうこの人の音楽そのものなのだろう。

しかしながら驚いたのは、ウォルトン作曲の
「5つのバガテル」における“攻め"の演奏。
これまで、あまりにもジュリアン・ブリームを
祖とする穏和な(ウォルトンが後半生を
過ごしたナポリ沖の島を想起させる)
演奏に囚われていたせいもあり、
予想外のキレっキレな音楽を聴きながら
「そうか、こういうアプローチもありなのか」と
驚いてしまった。これ1曲で「だったら、
こっちの曲を弾くとどうなるの?」という
新しい好奇心が芽生え、これからの
楽しみが増える。
ダウランド作曲のリュート・ソングを
主題としたブリテン作曲の変奏曲
「ノクターナル」は、思索の時から生まれる
静けさが肌を刺すような演奏。
10年ほど前にトッパンホールでのリサイタルを
聴いたときには、起伏の激しい演奏を聴きながら(やっぱりブリームら過去の演奏と比較して)
「こういうドラマティックな演奏もありな
曲だったか」と思ったのだが、
今回はさらに暗黒世界へ足を踏み入れたような
ところも。

とまあ、スカしてコンサート批評めいた
文章を書いているけれど、僕としてはこの
2曲がコンサートで聴けるだけで、
実は相当満足。しかも「また新しい
可能性を感じちゃったよ」というありがたい
オマケ付きで。
(クラシック・)ギターには本当にいい曲が
多いけれど、まだまだ広く知られて
いないのが現状。

〜〜〜〜〜

そして再来月に迫った、テレビ朝日
開局55周年記念のコンサートを2/10に
松尾俊介君と演奏することに
なっているのですが、今日はその
プロモーションのための番組収録を
してきました。



誰だかわかりますよね?

波田陽区さんです!
残念〜っ!!

…じゃなくて、とても嬉しかったです。
サムライ界のギタリストとは言えども
やはりギターを持ったら誰でも友達です。
ネタは流石に教えてもらえませんでしたが、
あのギターは完璧にマスターしました。

また放送決まったらお知らせしますね。

今夜は他にもフアン・マヌエル・
カニサレスさんのライヴへ行きました。
春に行われたラ・フォル・ジュルネ・
オ・ジャポンで共演させていただいて以来の
演奏会でしたが、やはり静かな時でも
音の中から湧き出る迸る様な熱は
新宿文化センター大ホールの隅々まで
届いていました。

私も明日、明後日の豊後高田と北九州、
フルートの榎本裕子さんとの公演では
聴いている人の心を動かすような演奏が
出来ますように、と会場を後にし、最後の
追い込み練習したらただいま朝の3:25。
当日券も出るようですよ!!
お近くの方は是非(^^)

そろそろ寝ねば!!






December 20, 2013 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (15) | TrackBack (0)

Aug 20, 2013

新譜は「ノクターナル」

暑中お見舞い申し上げます。
残暑にはまだ程遠そうなので…

よし、明日新譜発売だから今日のうちに
ブログを、と考えていたら、
すでに出ているところでは発売されている
そうです。
もしCDショップの前を通りすがりそうでしたら
中へどうぞお入りになり、ちょっと
偵察して来てどんな感じになっているか、
見て来てくださると助かります。

私はというと、八月前半は山口県の秋吉台で
サマースクールの講師をしておりました。
メンバーはフルートの瀬尾和紀氏、
アシスタントに関根雅裕氏に江戸聖一郎氏、
ヴァイオリンの瀬崎明日香氏、
チェロの中木健二氏、ピアノの菊地裕介氏、
そして私。


1376985554371.jpg
素晴らしい大自然の中で音楽に真っ正面から
向かい、吸収して行く生徒さん達を
相手にしていると、自分自身もまた初心に戻り
取り組むことができました。

1376985555578.jpg
これからまたコンサートシーズンがやってきます。
合わせてCD発売に伴ったイベントやコンサートも
沢山ありますので、チェックしてみて下さい!

1376985556382.jpg

皆様、夏バテになりません様に、
どうかご自愛下さい。

1376985557478.jpg

August 20, 2013 in CD, お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 音楽 | | Comments (90) | TrackBack (0)

Jul 29, 2012

東京文化リサイタル

1343553287508.jpg


昨夜、東京文化でのリサイタル
「ASTOR PIAZZOLA〜CD発売記念」
にお越しいただいた皆様、猛暑の中、
そして花火大会やオリンピックで
楽しいもの目白押しにもかかわらず
ありがとうございました。

ゲストとはいえ、しっかりコンサートの
半分弾いていただいたフルートの斎藤和志氏、
やはり共演の回数を重ねるたびに彼の
音楽の凄さを実感します。
今度はデュオリサイタルと言う形で
またいろんなところで演奏できる機会が
得られれば嬉しいです。

オーケストラでも激務の人なので
なかなか時間の取れない方ですが、
また共演の際には、是非また沢山の
方に聴いていただけるよう、
自分自身基本に立ち返り、一つ一つ
積み重ねて行きたいと思います。

ありがとうございました!

Img_2374


楽し過ぎて写真撮るの忘れたので
写真はリハーサルあとお邪魔した
ピアノの菊地邸にて。

July 29, 2012 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (360) | TrackBack (0)

Jun 25, 2012

無垢

バンドネオンの北村聡氏との
京都公演も雰囲気良く終えることができ、
しばらくは次の公演とアルバムに向けての
準備期間。

ふと原宿を移動中時間が空いたので珈琲タイム。

1340619564843.jpg

先日はお世話になっている知人から
できたてのお野菜もいただき、
身体の中から癒されております。


1340619566496.jpg


部屋も久し振りに模様替えをし、
長く大事だと思っていたけれど使わなかった
本当は要らなかったもの、単純に要らないもの、
そしてきっと本当は自分ではない誰かが
使うはずのものetc...

沢山の身の回りにあったものを断捨離し
気持ちを新鮮にしました。
きっとまた良い事あるでしょう…


1340619567783.jpg

コンサートまではまだ先が長いので沢山準備できそうです。
私は「思い立ったが吉日」派で結構いきなり行動する事が
あるのですが、予定を早く立てられる方もいらっしゃるので・・・


大萩康司ギターリサイタル
日時:2012/7/28(土) 18:30開場 19:00開演
場所:東京文化会館 小ホール
お問合せ先:東京音協 03-5774-3033
備考:
ゲスト:斎藤和志(フルート)

June 25, 2012 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (9) | TrackBack (0)

Jun 14, 2012

余白に

まるで梅雨の時期とは思えない程
スッキリとした穏やかな一日でした。
光は明るく、しかし空気は清々しい。

こんな日がたくさん続くと楽器も
気持ち良くなってくれることでしょう。
そこで面白い写真が撮れたのでここに。


1339678155344.jpg

6/8はサントリーホール、ブルーローズにて
チェンバーミュージック・ガーデン
ENJOY! ウィークエンド・
チェンバーミュージック Vol. 1を
カルテット・エクセルシオの皆さんの
美しく均衡のとれたアンサンブルに
包まれながら、ボッケリーニとグラナドスの
名曲を演奏して来ました。
グラナドスのアレンジは大場陽子さん。
ギターと弦楽カルテットのバランスが
緻密に考えられたアレンジ、
会場ではどの様に聞こえていたのでしょう。

Photo


先週のイタリア、スペインのプログラムから
今週末はアルゼンチンへ。
バンドネオンの北村聡さんとは初の京都です。
回数を重ねるごとに、樹木の年輪のように
アイデアは積み重なって行き、きっと
会場ではこの日しか聴けない音楽に
なってゆくでしょう。

残席若干あるようです。
お近くの方はどうぞ。

*大萩康司ギターリサイタル
日時:2012/6/16(土) 13:30開場 14:00開演
場所:京都コンサートホール 小ホール
お問合せ先:京都ミューズ 075-441-1567
ゲスト:北村聡(バンドネオン)


June 14, 2012 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 08, 2012

休日はサントリーのブルーローズ

6/8、東京は良い天気。

今朝はグラナドスとボッケリーニと
一杯アルコールをやりながらサントリーの
ブルーローズで愉しみませんか?

まだ残席あるそうです。


ENJOY! ウィークエンド・チェンバーミュージック Vol.1
日時:2012/6/8(金) 10:30開場 11:00開演
場所:サントリーホール ブルーローズ
お問合せ先 : サントリーホールチケットセンター
03-3584-9999

出演:大萩康司(ギター)、クァルテット・エクセルシオ、サントリーホール室内楽アカデミー選抜アンサンブル


1339106812927.jpg

June 8, 2012 in お勧め!!, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (80) | TrackBack (0)

Jun 03, 2012

兵庫県立芸術文化センター

長野、神戸公演をレオナルドさんと終え、
東京へ戻っております。
兵庫県立芸術文化センターにお越しいただいた、
満場のお客様、ありがとうございました。
楽しんでいただけましたでしょうか。

サイン会ではこないだの大阪での公演でも
お会いした方が居て、嬉しかったです。


1338723499868.jpg

そしてこんなに立派な胡蝶蘭をいただいたのは
初めての事です!
ありがとうございます。


1338723543426.jpg

終わったあとは軽く蕎麦をいただきました。
マエストロのマエストラCさま、
ご馳走様でした!!

今回もフルートの江戸氏と大阪で
会う事ができたのですが、
何やら珍しく「プレゼント」を
いただいてしまいました。
携帯のストラップです。


1338723554185.jpg

…よく見えませんね、それではアップで…

1338723563900.jpg

ぁ、ぁぁ、ぁりがとぅ~。
夢に出てきそうだ…


June 3, 2012 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (36) | TrackBack (0)

May 31, 2012

六月のコンサート

過ごしやすい日が続いていますね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

何時の間にか五月も終わりそうに
なっておりましたので、来月のコンサート
お知らせ致します。

早速今日は明日と明明後日のコンサート、
レオナルド・ブラーボさんとの合わせを
して来ました。

録音の時を思い出します。
しかしまたそれぞれにアイデアも
新しくなっていたりして、
また録音とは一味も二味も練られた一番
新しい音で皆様に聴いていただけます。

6/16の京都も然り。
CDだけでは聴き取ることのできない
音響をバンドネオンの北村聡さんと
創って行きたいと思います。

6/8ではクァルテット・エクセルシオさんと
初めての舞台です。
いつもコンサートでこちらは客席で
聴いていたので、同じ舞台で演奏
させていただけるのがとても楽しみです。

六月は梅雨も吹き飛ばすくらい全力で
行きます!

チケットまだありますので、
沢山の方に聴いていただきたいです!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


☆大萩康司&レオナルド・ブラーボ
ギターコンサート
日時:2012/6/1(金) 18:00開場 19:00開演
場所:信州国際音楽村ホールこだま
お問合せ先:信州国際音楽村 0268-42-3436

☆大萩康司ギターリサイタル
日時:2012/6/3(日) 13:30開場 14:00開演
場所:兵庫県立芸術文化センター
神戸女学院小ホール
ゲスト : レオナルド・ブラーボ(ギター)
お問合せ先:大阪新音 06-6341-0547
備考:
ゲスト:レオナルド・ブラーボ(ギター)

☆ENJOY! ウィークエンド・チェンバー
ミュージック Vol.1
日時:2012/6/8(金) 10:30開場 11:00開演
場所:サントリーホール ブルーローズ
お問合せ先:サントリーホールチケットセンター 03-3584-9999
備考:
出演:大萩康司(ギター)、
クァルテット・エクセルシオ、
サントリーホール室内楽アカデミー選抜
アンサンブル

☆大萩康司ギターリサイタル
日時:2012/6/16(土) 13:30開場 14:00開演
場所:京都コンサートホール 小ホール
お問合せ先:京都ミューズ 075-441-1567
備考:
ゲスト:北村聡(バンドネオン)

1338471263236.jpg
レコード芸術、「特選」いただきました!!
是非推薦文も読んでいただきたいです。

昨日は山野楽器銀座店さんでCD購入者限定の
ミニコンサートをさせていただいておりました。
短い時間でしたが、楽しんでいただけていたら
嬉しいです。

May 31, 2012 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 06, 2012

みんなに音楽♪大作戦始まる

今年もやってきました!


1328537221739.jpg
http://www.the-miyanichi.co.jp/special/minnani-ongaku2012/

藤木大地プロデュース
「みんなに音楽♪大作戦!2012」
今回は大地君のカウンターテナーの
デビューの会にもなります。

そんな大事な会が故郷宮崎である事は
誇らしい事だし、そこに今年も
呼んでもらえて幸せです。

チケット、あと少しあるそうです。
宮崎の皆様、九州の皆様、本州の
皆様も是非!!


明日から全体のリハが始まります。
まずは栄養を蓄えるための…
地鶏のタタキに炭火焼。


1328537279170.jpg

てげうめーです。


February 6, 2012 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (7) | TrackBack (0)

Jan 27, 2012

KSTアンサンブル2012

2012年、初めの演奏は広島交響楽団、
秋山和慶氏指揮でのアランフェス。
面白いハプニングもありましたが、
スタッフの皆さんも楽団の皆さんとも
お話しできる時間があり、幸せでした。

楽団の中にはパリ・コンセルヴァトアール
同期のフルートの森川公美さんもいて、
嬉しさと共に心強かったです。

打ち上げでは同じくコンセルヴァトアールの
先輩のピアニスト、戸梶美穂さんも一緒に。


Img_1526


京都フィルハーモニック
チェンバーオーケストラの
フルーティスト、市川えり子さんも一緒に。
カキフライに焦点があってしまいましたが…
許して。

1327659596461.jpg


その後は北海道のニセコ音楽祭で
マイナス10度の中(で弾いたわけでは
ありませんが)、オーストラリア
弦楽オーケストラとの共演。

1327659597354.jpg

この時期のニセコは9割が外国からの
スキーのお客様がいらっしゃるらしく、
コンサートも然り。
外国で弾いているような雰囲気で
盛り上がり方も「イェー!」という
英語が聞こえてきたりして、独特でした。
こちらも素晴らしいホスピタリティで
演奏に集中でき、良い時間を過ごさせて
いただきました。

その後東京では演奏にトークと珈琲、お菓子で
楽しむコンサート、下丸子クラシックカフェで
司会進行に「うる星やつら」のラムちゃん
の声を担当されていた平野文(ふみ)さん、
カフェの店長役でピアノの山田武彦氏と
演奏会していました。

山田さんのピアノは、私が今更いうのも
アレですが、舞台の上でマジックを
見ているようで、その自在な表現に
アングリと口が開きそうです。

…さて、これまでは終わってしまった
会ですが、明日はKSTアンサンブル2012
で演奏させていただきます。
ジュリアーニの曲でも沢山聴く機会のない
「ギターと弦楽四重奏のための第五重奏曲
Op.65」を演奏します。
ヴァイオリンが寺岡有希子さん、
小川有紀子さん、ヴィオラが篠崎友美さん、
チェロが菅野博文氏という素晴らしい
方々です。
演奏するギターは1864年の
アントニオ・デ・トーレスを使用します。
19世紀ギターよりも重み、迫力があり、
20世紀ギターよりも繊細さをもった、
演奏家にとっては演奏上コントロール
するのにかなり難しい要求をされる
銘器ですが、とても楽しみでもあります。

紀尾井ホールで、開場は14時から。

会場でお待ちしております!

1327659598085.jpg

※写真は市ヶ谷の蕎麦屋「大川や」の
デザート、最中アイス。
唇がモナカに触れて割れる瞬間、
感動が湧いてきます。


January 27, 2012 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (4) | TrackBack (0)

Jan 01, 2012

2012はじまり…

今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

無性に食べたくなったので、
前に撮ったイクラ丼を観ながら…

皆様にとって幸多き
一年になりますように。


1325346506676.jpg


January 1, 2012 in 心と体, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (7) | TrackBack (0)

Dec 31, 2011

2011年最後に

1325337809298.jpg
あまりにも沢山の事があった一年でした。

大掃除をしていたら、3/11日に
聴きに行くはずだったコンサートの
チケットが出て来て、その日を
思い出しました。

はっきり言って、その前の事を
忘れてしまうほどの大きな
出来事だったので、二度とあって
欲しくは無いと誰もが思うはずですが、
絶対に忘れてはならなくて、
万が一の時の為に、これから先も
心のなかで大事に思えるように
なった一秒一秒を、なるべく
無駄にしないよう、悔いの残らない様に
自分の理想とする音楽を探して
行きたいと思います。

来年は、アストル・ピアソラの
没後20周年の年。
同じ数字だけなのかもしれないけれど、
彼の誕生日は3/11。

2012年の4/4に発売される、
アストル・ピアソラ作品集
「ASTOR PIAZZOLLA」では
これまでの自分と、震災後の
自分の中で変わった物の考え方が
出てきたのではないかと思っています。

それ以前の作品も、もちろん
自分そのものですが、今回のCDで
学ぶ事が非常に多くあったように
思います。
共演していただいた三人の名手、
たくさんの時間を割いて録音に
携わっていただいたチームの
皆様、そして自分自身を支えてくれた
師匠、友人と家族に感謝しています。


是非多くの方に聴いていただきたいです。


今年も残すところ二時間を切りました。
たくさんのお世話になった方々に
感謝の気持ちを抱きつつ、
来年へ向かってひたすら前進して
行きます。

より良いものを届けられるよう、
これからも精進してまいりますので、
どうぞよろしくお願い致します。


December 31, 2011 in 心と体, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 17, 2011

オッターバ生放送

明日、お時間あれば聴いてくださいませ!

★番組名:OTTAVA foresta 
(リンクURL http://blog.ottava.jp/ottava_foresta/)
★放送日時:2011年12月18日(日)
14時〜16時 (公開生放送)
★会場:YOTSUBAKO no MORI
「YOTSUBAKO CLASIX STUDIO」http://www.yotsubako.com/
(横浜市営地下鉄ブ ルーライン、
グリーンライン「センター北」駅すぐ)
★住所:横浜市都筑区中川中央1-1-5 5階
※12時より整理券配布します。
※13時半開場。


1324132491356.jpg

December 17, 2011 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (5) | TrackBack (0)

Dec 09, 2011

タイムフライズ

1323390319334.jpg
これは九月の高崎での演奏会で
いただいた達磨。
すごい存在感…笑


1323390320917.jpg
ラーメン「やまちゃん」も美味かった…

さて、九月から気がついたらもう
年末に近づいており、実に旅が多く
内容も充実した三ヶ月だったなぁと
パラグアイからの長旅から帰ってきて
感じております。

Image4_3


三月の地震で延期になったギター四人組
(レオナルド・ブラーボ、金庸太、
松尾俊介、大萩康司)も念願の演奏会
達成し、

1323390323247.jpg


月末にはフルートの斎藤和志さんの
強烈なリサイタルに刺激を受け、
メゾソプラノの林美智子さんの
レコーディングで一曲参加、
そして来春から使われる予定の
教育芸術社の音楽の教科書の
ための撮影とDVD収録、
そしてまたまた来春発売予定の
オールピアソラCDの録音、

1323390325246.jpg

ここではソロに加え、三人の強力な
マエストロ達にも参加していただきました。

1323390327295.jpg

レオナルド・ブラーボ氏

1323390327991.jpg
斎藤和志氏

1323390328401.jpg
そして北村聡氏。
三人の写真の大きさが違いますね、
ここには何の理由もありません〜

どうぞお楽しみに!

そしてバンドネオン三浦一馬君との
岐阜、村国座での演奏会も印象的。


1323390328864.jpg

1323390329355.jpg


そのあとの島根県雲南市での「賢者の音」
音楽祭でも瀬尾和紀さん始め、
中川賢一氏、ニコラ・ドートリクール氏、
池上英樹氏、辻本玲氏、そして島根大学
シュールカメラート管弦楽団の皆さんと
思い出に残る四日間を過ごして、


1323390330049.jpg

美味しいお酒と

1323390331102.jpg

1323390331734.jpg


1323390332358.jpg

お料理も

1323390333032.jpg
有難く御褒美として美味しく
いただきました。


釧路での「福田進一と仲間たち」
演奏会も釧路発信でいい音楽を
届けていらっしゃるルボルデミューズ
マツモトさんに支えられて実現、


1323390333797.jpg

名産も沢山いただき、

1323390334667.jpg

タラバガニも


1323390335613.jpg

鮭児の刺身も

1323390336325.jpg
大好物ウニも

楽しい仲間達と美味しくいただきました。

1323390337099.jpg


1323390337776.jpg

実に気持ちの良い気候でした。

1323390338317.jpg


その後、私の母校である
宮崎県立小林高等学校創立90周年
記念式典での講演、そして演奏会も
光栄な出来事でした。
下の写真は富士山。

1323390339364.jpg


久しぶりの東京、市ヶ谷の美味しい
蕎麦屋「大川や」

1323390340231.jpg

で幸せなひと時を
過ごしたあと、パラグアイに旅立ちました。
行きは経由地での待ち時間を含め、
うちから出て到着地のホテルへ到着までの
時間がピッタリ48時間。
ロンドン、ヒースロー空港経由、

1323390340984.jpg
腹ごしらえをして…

1323390341780.jpg

ブラジル、サンパウロを経由しての
ちょうど二日かかってしまう
長い道のりですが、サンパウロで
今回のコンクールの立役者、
ベルタ・ロハス氏とアメリカから
審査員として参加のギタリスト
マーサ・マスターズ氏と合流、

1323390342595.jpg


着いたらそこは
赤道を超え、季節は真夏の楽園、
いきなり気持ちも明るくなった気がしました。

到着したら今回のコンクール、
Barrios WorldWideWeb Competition
の記者会見があり、

1323390343329.jpg


1323390344198.jpg


1323390344848.jpg

この三人がウェブ上での二次審査で
見事通過したファイナリスト

1323390345830.jpg

左から、ロシア人のAnton Baranov、
ユダヤ人のTariq Harb、中国人の
Chen Chuan。


1323390346459.jpg
優勝したのは、ハーブ君とチュアン君。
一位が二人という珍しい結果で、
二位にバラノフ君。
三者とも全く違うスタイルだったので、
審査も大変でしたが、一瞬の輝きを持った
ハーブ君と、安定したテクニックと
コントラストのはっきりとした演奏の
チュアン君が並ぶことになりました。
国際コンクールの審査員は初めての経験。
こんな私でしたが、審査員長の
エドゥアルド・フェルナンデス氏
はじめとする審査員のみなさん
ファビオ・ザノン氏、マーサ・マスターズ氏、
アグスティン・バリオスの甥に当たる
リト・バリオス氏にも温かく迎えられ、
緊張感ありながらもなんとか
役目を終えることが出来ました。

1323390347230.jpg

マスタークラスも開催され、私は三人の
パラグアイの生徒を教えました。

1323390348286.jpg


新聞にも掲載されたり
(赤ネクタイが私)

下はファビオ・ザノン氏

1323390349297.jpg
楽しい食事もいただいて


1323390350150.jpg

1323390350979.jpg

帰りがけにはバリオス記念館にも
訪れることが出来、

1323390351785.jpg


1323390352769.jpg

素晴らしい旅もようやく終盤を迎え、

1323390353529.jpg


再びサンパウロで審査員団皆さんと
お別れしました。
(下はエドゥアルド・フェルナンデス氏)


1323390354296.jpg

そしてこれからは新譜CDの最終編集、
あと23日千葉での鈴木大介さんとの
コンサート、翌日24日は
東京文化会館でのレオナルドさん
ゲストでのコンサートを最後に、
残りはリハなどやって今年は
ようやく幕を閉じそうです。

長くなりましたね、書いていない
出来事も沢山ありますが、
ざーっと三ヶ月分
回想してみました(^-^)

December 9, 2011 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (7) | TrackBack (1)

Dec 04, 2011

Barrios World Wide Web Competition

ただいまパラグアイからブログ更新しております。
www.barriosworldwide.com
こちらでコンクール実況中継されます!!
日本時間だと明日の朝七時から…!!!

以下のページにコンクール関連の
情報が載っています。
ご覧ください。

http://www.abc.com.py/nota/hoy-se-definira-el-barrios-competition/

http://www.ultimahora.com/notas/486082--La-gran-final-del-concurso-Barrios-es-esta-noche

http://www.ultimahora.com/notas/485831-Los-tres-finalistas--estan-listos-para-el-certamen-de-Mangore

http://www.ultimahora.com/notas/485989-Ganadores-de-las-entradas-para-la-final-del-Barrios-WorldWideWeb-Competition


1323006139592.jpg

December 4, 2011 in お勧め!!, お知らせ, 実況中継, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (363) | TrackBack (0)

Oct 19, 2011

これからのコンサート予定

夏休みなんて、とうの昔に過ぎ去り、
コンサートやお手伝い録音などしていたら
あっという間に今年も残り70日ちょっとに
なっておりまして、怠け者の身としては、
そろそろフライングで一足先に師走モードに
ならなきゃと鼓舞している今日この頃。

以下、今年残りのコンサートの
お知らせをします。

まずは新譜CD録音をしまして…、

*三浦一馬×大萩康司 デュオライブ in 村国座
日時:2011/11/6(日) 15:00開場 15:30開演
場所:国指定重要有形民俗文化財
「各務の舞台」村国座
お問合せ先:各務原市文化協会事務局
058-383-1042

*日韓東日本大震災被災地子供支援コンサート
日時:2011/11/14(月) 18:30開場 19:00開演
場所:東京オペラシティ コンサートホール
お問合せ先:コンコルディア 03-6427-5688
出演:フィージン(テノール)、
礒絵里子(ヴァイオリン)、柏木広樹(チェロ)、
田中靖人(サックス)、藤原道山(尺八)、
仲田淳也(ピアノ)、大萩康司(ギター)

*DYNAMIC賢者の音楽祭♪ 2011 公演‐B)
オケ・コン!!~賢者×オーケストラ 夢の共演~
日時:2011/11/19(土) 18:30開場 19:00開演
場所:雲南市加茂文化ホール ラメール
お問合せ先:雲南市加茂文化ホール ラメール
0854-49-8500
出演:ニコラ・ドートリクール(ヴァイオリン)、
瀬尾和紀(指揮)、島根大学シュールカメラート
管弦楽団、大萩康司(ギター)

*DYNAMIC賢者の音楽祭♪ 2011 公演‐C)
6人の賢者が集う スペシャルな午後のコンサート
日時:2011/11/20(日) 13:30開場 14:00開演
場所:雲南市加茂文化ホール ラメール
お問合せ先:雲南市加茂文化ホール ラメール
0854-49-8500
出演:瀬尾和紀(フルート)、中川賢一(ピアノ)、
池上英樹(パーカッション)、
ニコラ・ドートリクール(ヴァイオリン)、
辻本玲(チェロ)、大萩康司(ギター)

*福田進一&大萩康司 と仲間たち
日時:2011/11/24(木) 18:30開演
場所:釧路芸術館
お問合せ先:ルポルデミューズマツモト
090-8909-2637

*ギターの国のクリスマス
日時:2011/12/23(金) 13:30開場 14:00開演
場所:青葉の森公園芸術文化ホール
お問合せ先:青葉の森公園芸術文化ホール
043-266-3511
出演:鈴木大介、大萩康司

*大萩康司ギターリサイタル
日時:2011/12/24(土) 13:00開場 13:30開演
場所:東京文化会館 小ホール
お問合せ先:東京音協 03-5774-3030
ゲスト:レオナルド・ブラーボ


1319032901970.jpg

肌寒くなってまいりました。
御自愛くださいませ。

October 19, 2011 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (15) | TrackBack (0)

Sep 12, 2011

そして夏休み?

間でプログラムを作成せねば
ならなかったり、仕事の電話したり
だったので、時間にすると
たいした事無かったのですが、
息抜きは出来たかなと思います。


1315829701703.jpg
大自然の中で、深呼吸。


1315829703203.jpg
空もよし。


1315829704039.jpg
地面に生える苔もよし。


1315829705273.jpg
人の育てる植物も良し。


1315829706375.jpg
立派な樹木も良し。


1315829707409.jpg
そんな中にいると、普通に
自然児に戻る事が出来ます。


1315829708095.jpg
水墨画のような樹もありました。


1315829708959.jpg
大好物のコーヒーもいただき、
ある日は写真に撮る間も無いくらい
目の前に出されると、即座に
無くなってしまうという大好物の
ウニ、イクラ、カニ、他魚、肉、
プリン体万歳の海の幸、山の幸も
いただいて、あっという間の
夏休みも終わり。

秋のシーズンへ向けて再起動です!

September 12, 2011 in 心と体, 旅行・地域, 日記, 趣味 | | Comments (37) | TrackBack (0)

ハクジュギターフェスタ2011

そして八月真ん中は、
ハクジュギターフェスタ。

1315827302531.jpg
ほとんど写真撮る間もなく、
怒涛の如く楽しく
過ぎて行きました…


1315827303819.jpg

1315827304688.jpg

初共演のバンドネオニスト、
平田耕治さん、そして彼の
バンドメンバーの紅一点、
鈴木慶子さん。
かっこいい!


1315827305404.jpg
荘村氏と福田氏の二重奏も
大ファンの一人としては、
必聴ですね。


1315828290204.jpg

松田弦君もブラボーでした!!


1315827306135.jpg
さて、来年はどんな会になるのか、
今から楽しみです!

September 12, 2011 in 心と体, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (3) | TrackBack (0)

秋吉台ミュージックアカデミーから。

もう一ヶ月経ってしまいましたが、
時系列に並べて行きます…

まずは今年も行ってきました、
秋吉台、ミュージックアカデミー。

1315826319319.jpg
久しぶりの瀬尾さんとの一蘭。


1315826320773.jpg
そして一路秋吉台へ。


1315826321717.jpg
雨降ったりもしましたが、
やはり空気のうまさは格別。


1315826322665.jpg
コンサートもありました。


Image_2

今年のギター科の生徒は
ハイレベルで後半は毎晩のように
特別コンサートでした。
岡本拓也君、藤元高輝君、
秋田勇魚君、菅沼聖隆君、
金子麻ちゃん、大塚勇馬君。
みんな羽を伸ばしてたくさん遊び、
たくさん勉強できた事と思います。

最後の生徒演奏会ではそれぞれの
個性がはっきり出ていたコンサート
だったと思います。
これからも活躍期待しています!


1315826324442.jpg
今年から新開講のピアノ科も
菊地裕介氏を迎え、更に秋吉台は
盛り上がりました!!
こんな写真ですみません。
全て終わって、
リラックスし過ぎでした。


1315826325822.jpg
真剣に学び、真剣に教え、
真剣に遊ぶ。
時間と体力の許す限り、
毎年続けていけたら良いなと
思いました。

1315826326408.jpg
皆さんお疲れ様でした!!

September 12, 2011 in 心と体, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 01, 2011

フォレストヒル25周年コンサート

私が中学校から高校終わるまで片道
4時間かけて通っていた福岡の
ギター、マンドリンショップ、そして
ギター教室もある「フォレストヒル」が
7/30で創業25周年を迎えて、
その記念コンサートが7/29,30と続けて
あいれふホールで行われました。


7/29は私と同じ宮崎県出身で、今は
ストラスブールに留学している
上野芽実さん、そしてその
ストラスブールに留学していて、
この度完全帰国して日本での活動を始めた
近藤史明さんのジョイントコンサート。

そして7/30は三部構成、計三時間半に及ぶ
コンサートで、一部が私のソロで権代敦彦氏の
「ひびきわたる孤独」、レオ・ブローウェルの
「ギターのためのソナタ」を中心とした演目、
二部がフォレストヒル時代の恩師、
中野義久氏とのデュオ、そして三部には
フォレストヒルの先輩講師陣(松下隆二さん、
池田慎司さん、竹内竜次さん)とのカルテット、
そして最後は中野師匠も入ったクインテット、
というギター三昧、私は出っぱなし!
というコンサートで、プログラム最後の
ロッシーニ「泥棒かささぎ序曲」では
曲始まり前にサプライズで松下隆二さんの
アレンジでフォレストヒル25周年と、
社長の森岡晃氏の55歳の誕生日をお祝いして、
「Happy Birthday to you」を演奏しました。
なんだかこれまでお世話になった19年が
弾きながら浮かんで来て、胸が熱くなりました。
作曲家の権代敦彦氏も駆けつけて来てくださり、
会場を埋め尽くしてくださったお客様と一緒に
本当に温かいコンサートになったように思います。


森岡さんがいなかったら、中学まで
教えて頂いていた萩原博師匠に福岡に
連れて行って頂くこともなかっただろうし、
そこで中野師匠や、マスタークラスで初めて
教えていただいた福田進一師匠に
出会うこともなく、ましてやギタリストに
なっていたかどうかもわかりません。


それを考えると、彼の存在は、私の人生に
大きく、深く関わっているのです。
きっと、私は彼への御恩と感謝の気持ちを
これからも忘れないし、包み隠さない
良い関係を続けて行きたいと願っています。


そして素晴らしいギタリスト、講師陣、
プラス新たな才能の皆と九州のギターが
もっともっと良い方向へ進む様、共に
精進していけたら素晴らしいことだなと
思いました。


明日から秋吉台での講習会の日々が
始まりますが、その前にこのフォレストヒルの
お話をしておきたかったのです…
25周年、おめでとうございます!!
これからもよろしくお願い致します(^^)

1312142018272.jpg

August 1, 2011 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (10) | TrackBack (0)

Jul 16, 2011

代々木上原ムジカーザの縁

ビクターエンタテインメントで
デビューして間も無くの頃、
レコード会社のアーティストが揃って
メディア関係の皆様中心に向けて
演奏するという会で、初めて
代々木上原のムジカーザで
演奏させて頂いてから11年。


それから何度も足を運ばせて
頂いていますが、やはりいつ
来ても雰囲気の良いところですね。
駅からの気持ちいい緩やかな
カーブの坂を、丁度良いくらい足に
運動させてたどり着くと、
そのホールは静かに佇んでいます。


看板娘のBlancちゃん(犬)も
出迎えてくれて、リハーサルの合間、
いつも癒してくれます。


昨日はバンドネオンとコントラバス、
そしてギターのコンサート。
珍しい楽器のコンサートということで、
バンドネオンを中心にしたもので、
三浦一馬さんと黒木岩寿さんとの
共演でした。
満場のお客様で、とても温かい
…を通り越して、熱い!
コンサートになりました。


一馬くんとは徐々にお互いの呼吸も
自然に感じ、それに呼応して音が出て
来るようになってきていて、初共演の
黒木さんと演奏したタンティ・アンニ・プリマ
は、今までに無い空気感でとても新鮮でした。
あんなに大きな楽器から、あんなに囁く様な
表現ができるのだという嬉しい驚きの
発見もあったし、沢山の収穫でした。


1311077315810.jpg

…さて、そして気持ちは入れ替わり、
ただいま広島へ向かっております。
明後日はフルートの江戸聖一郎さんとの
デュオ・リサイタルです。


そしてさらに月末30日には
福岡のフォレストヒル25周年記念
コンサート@あいれふホールです。


広島も福岡も、良いコンサートになる様
頑張ります。沢山の方に聴いていただければ
幸いです。

July 16, 2011 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (3) | TrackBack (0)

Jul 07, 2011

札幌の夏

昨日は三年ぶり?のキタラ小ホール、
今日は定山渓温泉の森の謌(もりのうた)にて、
河野紘子さんとのジョイントコンサート
してきました(^^)

東京と比べると十度近く涼しい札幌では
エアコンいらずの快適な環境で、
楽器も気持ち喜んでおりました。


1311077076235.jpg


コンサートに来ていただいた皆様、
有難う御座いました!


今回のコンサート主催の
ルポルデミューズマツモトさん、
素晴らしい充実のホスピタリティ、
そして本番前には福田師匠からの
貴重なアドヴァイスもいただきました。
感謝です!!


今回はPAを使わず、お互い生音で
演奏しました。
音がかぶるところは、フルコン相手では
さすがにボリューム的にギター生音では
厳しいのでしょうか・・・
今回が初めての試みだったので、
いろいろ研究してみます。


次回の来北は釧路です。
お楽しみに…

July 7, 2011 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (6) | TrackBack (0)

Jun 17, 2011

デュオリサイタル

明日はパリ留学時代からデュオをやっている
松尾俊介君とのデュオリサイタル。
京都コンサートホールで演奏するのは初めて。


とても楽しみです。


干支一回り年を超えて出来た音もあると思います。
ぜひたくさんの方に聴いていただきたいです。

*写真は干支にいなくてしかも世の中を長い事
見ている感じで、カメラが近づいても
微動だにしなかった近所の猫さんです。


1308311789860.jpg

June 17, 2011 in お勧め!!, お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (12) | TrackBack (0)

May 27, 2011

東北ツアー終了!!

ちょうど一週間をかけての
東北ツアー、全て終了しました!!
聴きにきていただいた皆様、
ありがとうございました!!!!!


主催していただいた
皆さんのギターへの情熱を強く感じ、
それを自分のギターに対する
友情のようなものを更に深める
ことができた旅になりました。


1306439195524.jpg
会津若松の皆さん。
DONミュージックスクール、
薪ストーブのある素敵な教室でした。
コンサートの初めに弾いてくれた
麻ちゃんが印象的でした。


1306439197673.jpg
そしてラーメン…


1306439198899.jpg
ニシンの山椒漬け


1306439201026.jpg
カレー焼きそば。
名物もの沢山。


1306439202395.jpg
そして郡山では震災の被害、
そして原発20キロ圏内から
避難している子たちのいる
河内(こうず)小学校で
演奏する機会も得られ、
ちびっ子のみんなに
ギターを聴いてもらいました。


1306439204339.jpg
静かに聴いてくれてありがとう!


1306439205646.jpg
素直な瞳が今も思い出されます。


1306439206987.jpg
少しですが、学校に直接寄付も
させていただきました。
天災によってなくした物が少しでも
戻ってくると良いなと思います。


1306439208447.jpg
主催してくださった渡辺隆先生との
ツーショット!


1306439210635.jpg
そして奥州。
辻山ギター教室さん主催。
皆さん賑やかでした~!


1306439212346.jpg
そして…
秋田で見つけた村治佳織さん
プロデュースのお茶。

1306439213971.jpg
なぜかここではなまるうどんが…
ちゃんと稲庭うどんもいただきました。

1306439216250.jpg
秋田の皆様。
同学年がいて心強かったです。
舟橋ギタースクールさん主催でした。

1306516065391.jpg

そして最終日、酒田!!
孟宗汁!

1306439219410.jpg
お久し振りでした!
庄内国際ギターフェスタの
スタッフの皆さんの笑顔!

記憶に残るツアー、
ありがとうございました!!!!!

またいつか!

May 27, 2011 in 心と体, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (13) | TrackBack (1)

May 18, 2011

いざ、東北ツアーへ

明日の会津若松にはじまり、郡山、
奥州、秋田、そして酒田。

津波により、なくなった会場や
コンサートもありますが、
せっかくの手作りのコンサートを
一つ一つ、皆さんの楽しい思い出になる様、
一所懸命弾いて来ます!!


1305718710385.jpg

May 18, 2011 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (9) | TrackBack (0)

May 10, 2011

秋吉台ミュージックアカデミー(その弐)

今年も盛り上がりそうな気配です。
すごいメンバーが集まりそうです。

残り席ちょっとあります。

ギター少年少女の皆さん、
もちろん紳士淑女の皆様も
本気でやる人、参加お待ちしています!
http://flute-academy.net


1305037650307.jpg
写真は大自然の中にて。

May 10, 2011 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 音楽 | | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 18, 2011

秋吉台ミュージックアカデミー

今年もやることになりました、
秋吉台のミュージックキャンプ。


ギターとしっかり十日間向き合って
勉強したい人は特に来て欲しいです。


フルート、ピアノ、ギターの科があるので、
他の楽器がどんなレッスンをしているのかも
見られたりして、アカデミックな環境で
勉強出来ます。


興味のある方は見てください。
http://flute-academy.net

1303122776004.jpg

April 18, 2011 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 音楽 | | Comments (6) | TrackBack (0)

Oct 19, 2010

上海ツアー終了、そして次は…

ただ今、上海から戻りました。

上海音楽学院ギター科教授のギタリスト、
葉登民氏とのショットです。
彼には沢山沢山御世話になりました。

上海東方芸術センターでのコンサートも、
マエストロ福田進一師匠とのデュオで
素晴らしい時間を過ごさせていただきました。

謝謝!!

さて、次は22日、大泉学園ゆめりあホールでの
松尾俊介氏とのデュオコンサートです。
バラエティーに富んだプログラムですので、
いろんな方に聴いていただけたら幸いです。

まだチケットあるそうですので、どうぞお出かけ下さい☆

6F2E3AF0-FD01-4194-B94F-E8F173E631F3

October 19, 2010 in お勧め!!, イベント, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (56) | TrackBack (0)

Jun 22, 2010

秋吉台ミュージック・アカデミー2010

Re:

以前お伝えした「秋吉台ミュージック・アカデミー2010」、
締め切りはもうすぐなのですが、
生徒の定員も僅かですが残っています。
 
初心者で昨日始めました、という方でも、
ちゃんと教えられることがたくさんあるし、
上級者でプロ志望の子でももちろんOKです。
 
この講習会で特筆すべきは、希望者は室内楽も
できると云うことが大きいでしょう。
今まで他の楽器を間近に聴いたことのない人も
いらっしゃるかも知れませんね。
 
ギター科の日程の所では、A〜Cコース以外に
受講者の都合によってD〜Fコースも
受けられるようにアレンジできます。
 
観ていらっしゃらない方はWebをどうぞご覧ください。
実行委員会の連絡先アドレスは
E-mail:office@flute-academy.netです。
申し込みはウェブサイトhttp://flute-academy.netからできます。
 
音楽するには素晴らしい環境だと思います。
あちらでお会いできるの楽しみにしております!
 
 
 

June 22, 2010 in お勧め!!, イベント, 心と体, 文化・芸術, 旅行・地域, 音楽 | | Comments (9) | TrackBack (0)

May 28, 2010

締め切り、迫る!!

口蹄疫の影響でコンサートの開催自体も心配されたのですが、
宮崎での外山友紀子さん(フルート)との7年ぶりの共演、
たくさんのお客様と共に、とてもいい雰囲気で
終わることができました。

今年は室内楽がたくさんできて嬉しいです。
一人のコンサートも良いですが、舞台で対話、あるときは
ゲームで戦うようにして、一つのものを作り上げていく作業は
なんとも言えない興奮があります。


・・・さて、話は変わり、ギター少年、少女、紳士、淑女の皆様、
「秋吉台ミュージック・アカデミー2010」の日程その他、
遅くなりましたがお知らせします。
初心者から上級者まで、すべてのギターやフルート
大好きな方への嬉しいニュースです。

このサマースクールはヨーロッパで開かれる講習会のように、
長期間しっかり音楽と向き合える時間があるもので、
個人差はあると思いますが、きっと行く前と行った後の
変化が如実に現れるものになることでしょう。

ギター科の日程の所では、A〜Cコースまでしか
受けられないようになっており、可能であれば
そちらをお勧めしますが、
受講者の都合によってはD〜Fコースも
受けられるようにアレンジできます。
忙しい方もいらっしゃると思うので、
一日だけとか、二日だけとかもOKという事です。
フルートの生徒もたくさんいらっしゃるので、
室内楽への挑戦もできます!!!

ギターってなかなか他の楽器との接点を持てない方も
いらっしゃるかもしれないので、こういう機会に是非、
と思っております。

8/8にはフルートの瀬尾和紀さんと、
ピアノの石橋尚子さんとのコンサートもあります。

申し込みの締め切りが近付いてきております。
詳しくはウェブを見てください。
実行委員会の連絡先アドレスは
E-mail:office@flute-academy.netです。
申し込みはウェブサイトhttp://flute-academy.netでできます。

楽しく中身の充実した夏にできたらと思います。
たくさんの参加、お待ちしております!!

May 28, 2010 in お勧め!!, お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 音楽 | | Comments (10) | TrackBack (0)

Jan 07, 2010

松田美緒、新譜!

もうすぐ発売!

くわしくは彼女のHPにて!
声がより近くで聞こえてきて、そこで歌ってもらっている感じです。
ジャケットもいい感じ。

"FLOR CRIOLLA "『クレオールの花』

中身がもっと洒落ていていい感じです!

100107_201601


January 7, 2010 in CD, お勧め!!, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (4) | TrackBack (0)

Dec 17, 2009

STBもおわり・・・

先日のSTB、ゲストのアリエルさんと気持ちのよい
音楽の時間を過ごさせていただきました。
押尾コータローさんからお花いただきました!
恐縮です、有り難うございました!

Rimg1021


091215_224001


そしてSTB翌日は「藤木大地withフレンズ」の
リハと2月発売の「Pen」取材、そして
作曲家渡辺俊幸さんとの新曲の最終チェック。
曲に対して胸の中につっかえていたものが
作曲者本人との対話で一気にスッキリしました。
有り難うございました!


091217_173001

December 17, 2009 in お勧め!!, お知らせ, イベント, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (5) | TrackBack (0)

Nov 28, 2009

神在月の出雲

明日は加茂文化ホール「ラメール」にて
フルートの瀬尾和紀さんとの
デュオ・コンサートです。

主催してくださるラメールのTさん。
お世話になります!

Img_0054


パリ在住の瀬尾さんとはなかなか
共演する機会が無いのですが、
久しぶりに会って合わせをすると、
やはり十年来のデュオの感覚が戻ってきて、
「そう、これが瀬尾さんだ!」みたいな
手応えならぬ耳応えがあります。
やっぱりすごいフルーティストです。
うまいなぁ・・・

Img_0055_2

明日はマチネなので早寝せねば!
おやすみなさい〜。


November 28, 2009 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (9) | TrackBack (0)

Sep 18, 2009

藤木大地 with フレンズ

藤木大地 with フレンズ
今日藤木大地さんと打ち合わせしてきました。
「藤木大地withフレンズ」がクリスマス翌日、
宮崎の県立芸術劇場で開催されます。

藤木さんは私と同郷の宮崎県出身!!
宮崎弁で話せる数少ない音楽家の一人です。
そして、たいへんな情熱を持った素晴らしい人物です。

このコンサートには他にもピアノの松本和将さん、
元ライオンキングの宇都宮直高さんが出演します。

沢山の方に聴いていただきたいので、
学生席もしっかり用意している様です!!

宮崎にお住まいの方はもちろん、宮崎に親戚や
知り合いがいるとか、友達の友達が宮崎人だとか、
もちろん県外の方もぜひ、おでかけください!!

今日彼と話をしていたら、どんどん楽しくなってきて、
早く誰かに伝えなくてはと思ったのでした。

【公演日】2009年12月26日(土) 
       開場/17:45 開演/18:30

【会場】 メディキット県民文化センター
   (宮崎県立芸術劇場)アイザックスターンホール 

【料金(税込)】全席指定 3000円 / 
     学割(小学生~大学生)1500円
※学割は、入場時に学生証の提示をお願いします。
なお、中学生以上のお客様で学生証の提示が無い場合は、
学割での入場をお断わりする場合があります。
あらかじめご了承ください。

【発売日】2009年9月5日(土)
 
【発売所】
・メディキット県民文化センターチケットセンター
・西村楽器店
・宮崎山形屋
・宮交シティ
・ボンベルタ橘
・チケットぴあ  0570-02-9999【Pコード323-330】

【問い合わせ】 宮崎県立芸術劇場 0985-28-3210

【主催】財団法人宮崎県立芸術劇場

【協力】MRT宮崎放送

September 18, 2009 in お勧め!!, お知らせ, 人物, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (4) | TrackBack (0)

Jun 14, 2009

京都公演おわり〜

京都公演おわり〜
ツアーも峠に来ています。

身体もガチゴチになって来ていますが、
さきほど大阪のホテルで素敵なチャキチャキ
オバチャンにマッサージしてもらい、回復しました!

今日の公演では、書家の友人の玲華さんから色紙をいただきました!
自分自身こうありたいなという目標として、
おうちに飾りたいと思います。

残りのツアーも頑張るぞ〜!!

June 14, 2009 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (11) | TrackBack (0)

Dec 05, 2008

台湾ツアー!

ただ今台湾におります。

いまリサイタル終えてホテルへ帰ってきました。
台湾の皆さん前半の現代曲も静かに聴いてくださって、
後半の福田師匠とのデュオでは盛り上がってくださって、
誠に謝謝!!

残念ながら、私の携帯は海外仕様ではないので
写真がアップできません・・・(涙)

詳しくは福田進一氏のブログをご覧ください!!
http://cadenza-f.seesaa.net/


December 5, 2008 in グルメ・クッキング, 心と体, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (6) | TrackBack (2)

Sep 03, 2008

庄内を終えて

庄内を終えて
また次に向けてのエネルギー、
そして高いモチベーションを、
自分よりも一回り以上も
若いアジア各国のギタリストたちに
もらいました。

世界は広いですね。
常に広い視野で物事を見ておきたいと
改めて感じました。

何よりこのフェスティバルの音楽監督である
福田進一氏には 感謝の念を言い尽くせません。
そして、誰よりも頑張って動いてくださった
ボランティアの皆さまのお陰で、
私たちは朝宿泊場所から気持ち良く
会場まで行くことができ、
着いたら温かいコーヒーをいただき、
レッスンもスムーズにでき、
コンサートも何の心配もなく
舞台まで誘導していただき、
打ち上げは常に楽しく、
そして誰も怪我する事なく
無事にそれぞれの場所へと
出発する事ができました!
感謝感謝☆

今回の庄内では演奏家として、
教師として、生徒として、
あとは宴会子守役?として
多くの事が経験できた事を
とても有り難く思っています。

そろそろ自分自身も何か始めなきゃな・・・
シリーズもの演奏会など、
やってみたい年頃です・・・。

September 3, 2008 in 人物, 心と体, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (9) | TrackBack (0)

Aug 22, 2008

メッセージ・・・!!

8月28日、庄内国際フェスティバル
響ホールでのジスモンチアーナ日本初演によせて、
作曲家ブローウェル本人からメッセージが届きました!
作曲者自身からの言葉が一番強いですね。
以下福田進一師匠ブログと全く同じ文章です。


「ジスモンチアーナ」の日本初演によせて
                        
 レオ・ブローウェル

エグベルト・ジスモンチと、
私がクリエイトするサウンドとは、
一見かけ離れているように感じられる
かもしれません。が、このブラジルの
生んだ巨匠の作品を題材にして
作曲することは、困難ではありませんでした。
我々は根源的には、まるで兄弟のように
共通のエッセンスを持っていますし、
彼を独奏者(ピアノあるいはギターの)とした
オーケストラ曲の伴奏指揮を経験し、
その驚異的な即興を目の当たりに
したこともあって、当然のように私は
この作品を一気に書き上げることが出来たのです。
ブラジル人の根底にある精神の深みは
20世紀前半に活躍したカマルゴ・ガルニエリ
またはエイトル・ヴィラ=ロボスの
作品に見てとれますが、こんにちそれを
純粋に継承しているのはジスモンチただ一人。
マトグロッソ州、北方(ノルデステ)、
リオ・デ・ジャネイロ、アマゾン、
様々な言語社会と外界から隔絶した
代わりようのない自然環境が巨大な
ブラジルを形作り、そこから
偉大な音楽家が生まれるのです。
音楽が受け継がれていく現象は、
ファリャなどのスペインの作曲家にも
起こりました。が、ここで重要な点は、
それが単なる先駆者の「模倣」ではなく
「継承」であることなのです。
ジスモンチは後継者のいない状態から、
突如20世紀の終わりになって出現した
真の継承者と言えるでしょう。
この作品の日本初演は、山形交響楽団と
マエストロ飯森範親をバックに、
エドゥアルド・フェルナンデス、福田進一、
大萩康司、松尾俊介という最高レベルの
プロフェッショナルな
ギター・カルテットによって行われます。
皆さんは、ジスモンチの最も衝撃的な
5つの作品を聴くことになるでしょう。


*写真はキューバのアブダラスタジオで
録音(2005年時)する前にスタジオのテラスで
練習している筆者・・・。
No3imgp0147

August 22, 2008 in お勧め!!, お知らせ, 人物, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (9) | TrackBack (0)

Aug 21, 2008

おめでとう!!

おめでとう!!
昨日は軽井沢大賀ホールで林美智子さんの
New CD「地球はマルイぜ」←クリックしましょう。
発売記念コンサートでした。

CDで一緒に録音している野平一郎氏とのデュオコンサートで、
プログラムの中にある「○と△のうた」では、
パリのコンセルヴァトアールでも同じ時期の
学友であるヴァイオリニストの加藤えりなさんが参加、
そして、すごい盛り上がりで本編が終わって
アンコールのときに、私がひょこっと出て来て
「MI・YO・TA」と「小さな空」を
共演させていただきました。
まさしくこないだのSTBのコンサートでのサプライズと
逆バージョンです(笑)

いゃ〜、あの会場が暖まりきったところに
出ていきなり演奏するのは相当緊張しましたが、
良い会になって本当に良かったです!!

良かった良かった!!!!!

・・・さて、今日は庄内のリハで都内に戻って・・と。

August 21, 2008 in CD, お勧め!!, お知らせ, 人物, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (10) | TrackBack (0)

Aug 19, 2008

面白そう!!

今日、庄内フェスティバルの
プログラムが届きました。

26日の巨匠デュオはもちろん聴きにいくし、
28日のコンチェルトは日本初演の
「ジスモンチアーナ」はもちろん、
とにかく生でなかなか聴けないコンチェルトも
あるので、聴きたい!
・・・けど舞台にいるので客席で聴けない・・・(笑)
そしてクライマックス最終日のガラコン、
こないだ共演させていただいた沖仁さんも
出演されるので、最後まで残って聴きたい!!
(最後まで自分も演奏あるから絶対いることになります・・)

以下、そのプログラムです。
27日の「大萩康司と仲間たち」コンサートは
きてからのお楽しみということで・・・
(しかしこの日は満席の様なので入れないかも・・・)
--------------------------------------------
庄内国際ギターフェスティバルin響
HPからチケット購入可能
http://shonaiguitarfes.com/index_j.html

会場:庄内町文化創造館 響ホール
山形県東田川郡庄内町余目字仲谷地280
お問い合わせ:事務局 tel.0234-42-3040


----------------------------------------
8.26[Tue] 開演6:30pm
響大ホール 全自由席 ¥3,000
福田進一&フェルナンデス DUOリサイタル
出演…エドゥアルド・フェルナンデス、福田進一

Program
●ジュリアーニ:協奏風変奏曲 op.130
●ハイドン(フェルナンデス 編)
    :弦楽四重奏曲 op.42(ギター二重奏版)
●トロイロ:ラ・トランペーラ
●コビアン:酔いどれ達
●フェルナンデス:アストール・ヴィジッツ・エイトール
●藤井眞吾:ラプソディー・ジャパン(2008)

----------------------------------------
8.28[Thu] 開演6:30pm
響大ホール 全自由席 ¥4,000
山形交響楽団特別演奏会 ギター協奏曲の夕べ
出演…飯森範親指揮 山形交響楽団、
   E.フェルナンデス、福田進一
   大萩康司、松尾俊介、葉 登民、李 成雨、沖 仁

Program
● ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
Guitar 福田進一

●ブローウェル (1939-)
    :ジスモンチアーナ(2004/日本初演)
Guitar E.フェルナンデス、福田進一、
         大萩康司、松尾俊介

●千住 明 (沖 仁&千住 明 編曲)
    :巡礼紀 NHK大河ドラマ「風林火山」より
Guitar 沖 仁 Jin Oki

●ロドリーゴ:アンダルシア協奏曲
Guitar E.フェルナンデス、李 成雨、
        葉 登民、福田進一

----------------------------------------
8.31[Sun] 開演2:00pm
響大ホール 全自由席 ¥3,000
ファイナル・ガラ・コンサート

出演…福田進一、E.フェルナンデス、
葉 登民、李 成雨、大萩康司、金 庸太
池田慎司、L.ブラーボ、
藤井眞吾指揮庄内国際ギターオーケストラ 

《ソロ》
●葉 登民 呂昭玄:柳の木&故郷
●金 庸太 韓国民謡(金編曲):アリラン
●松尾俊介 レオ・ブローウェル
       :HIKA〜武満徹の思い出に

《カルテット》
●リブラ・ギター・カルテット 
      M.D.プホール:陰と陽

《ソロ》
●E.フェルナンデス
E.ファビーニ(フェルナンデス編):トリステ第1番
C.ティラオ:ドン・タコのミロンガ

《カルテット》
●E.フェルナンデス、福田進一、大萩康司、池田慎司
D.ミヨー(野平一郎編):スカラムーシュ op.165

《協奏曲》
●天使の協奏曲(藤井眞吾)


これは一聴の価値ありフェスティバル!!
自分自身客席で全部聴きたいです
(出演するので客席では無理)。。。

いらっしゃる方は、私の代わりに
聴いて楽しんでください・・・

*写真はまぎれもなく主役のマエストロたち!


2008081816480000

August 19, 2008 in お勧め!!, お知らせ, イベント, ニュース, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (4) | TrackBack (0)

Aug 17, 2008

軽井沢

軽井沢
空気の綺麗な緑に囲まれたホールでのコンサート、
良い環境で演奏させていただきました。

天候にも恵まれ、マチネにしては重いかなと思われる
プログラムでしたが、暖かいお客様に囲まれ
思いきり弾く事ができました。
ありがとうございます。

今度は庄内フェスティバル、いや、その前に・・・

August 17, 2008 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記 | | Comments (13) | TrackBack (0)

Aug 15, 2008

KARUIZAWA ARTS FESTIVAL 2008

KARUIZAWA ARTS FESTIVAL 2008
明日の12時から軽井沢大賀ホールにてリサイタルです。
ガルデル、ピアソラ、ヒナステラ、アッセルボーン
全てアルゼンチンの作曲家によるプログラムにしました。

もしお時間ありましたらどうぞ!

August 15, 2008 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (8) | TrackBack (0)

Aug 06, 2008

溢れんばかりの

溢れんばかりの
元気なチビッコに囲まれたコンサート会場は、
今までに味わったことのない新鮮さを感じました。
同時に懐かしさも覚えました。
私自身小さい頃から音に対しての興味はあり、
母に連れられて行ったフラメンコの舞踏や和太鼓、
人形劇(これには異常なハマり方でした)の時を
思い出しました。

やっぱり覚えているものですね、
記憶とは面白いものです。

その時に得た感情(太鼓の音圧による振動が
怖くて泣いたり、幼稚園児ながらも激しく床を
蹴りながら真っ赤な衣装で凛として踊っていた
フラメンキスタにドキドキしたり・・・
と、感動よりは興奮に近いのです)が、
のちのち自分自身の生活に生かされて行って、
その後の音楽人生にまた還元されていったのでしょうか・・。


なんて考えていると、うちの親は結構芸術に対しての
理解が最初からあったのかなと今更ながら
思わせてくれた一日でした。
父からは絵画や釣りを学んだし、
母からは最初の手解きだけでしたがギターと
習字(これはしっかり先生と生徒として)を。


このブログをみてくださっているチビッコの
お父さま、お母さま、明日も子供の城でやってますので
良かったらどうぞ!!

August 6, 2008 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 育児, 音楽 | | Comments (8) | TrackBack (0)

Aug 02, 2008

蔵王

蔵王
ラフォーレギター教室サマースクールで
山形蔵王に来ています。

素晴らしい環境の中で過ごせる時間は貴重ですね〜。

August 2, 2008 in 心と体, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (13) | TrackBack (0)

Jul 22, 2008

ダイキン4M804AXV

ダイキン4M804AXV
この季節、クーラーが全く効かないので
ついに業者のプロの方に診に来ていただきました。

ガスが無くなっていたのかと思ったら、
コンプレッサーがロックしている=車で言う所の
エンジンが壊れていると言うことがわかり、
修理にはそのエンジンに当たるものの交換もしくは
完全に買い替えせねばならないとのこと・・・

借りている家なので、不動産やさんに
どうしましょうかと連絡したところ、
家主さんに訊いてみるとのことでした。

エアコンは13年も経つと寿命なんですね。

それに比べたら人間は70年も80年も生きたり、
ギターなんて100年も200年も生きる。
(ちなみに私のラコートは今年で180歳!)
そう考えるとやっぱり自然の力は偉大だなと
思います。


人間は自然に生まれたもの、ギター(クラシック)は
自然の木から作られたもの、
エアコンは人工的機械・・・。


それにしても今日はいつもに増して暑く感じるなぁ・・・・・
見ている景色が遠く感じる・・・

私はこの夏を乗り切れるのだろうか・・・!?


明日は名古屋公演、泊まりは名古屋だから
ホテルはエアコン付いているでしょう・・・

か。

July 22, 2008 in エコ, 心と体, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 自然, 音楽 | | Comments (15) | TrackBack (0)

Jul 14, 2008

現代ギターサマースクールinつま恋2008

現代ギターサマースクールinつま恋2008
今年もギター大好きな人が集まって二泊三日の
時間はあっという間に過ぎて行きました。

ここでは携帯写真撮る暇も無いくらいの
過密スケジュールにもかかわらず、
レッスンもコンサートも皆さんとのパーティも
全部楽しめました。
(だから写真は長野に行った時
散歩しながら山菜をとった写真です。
草食べてます・・汗)


ギターに対しての好奇心、興味を持っていさえすれば、
きっと楽しめる講習会なんじゃないかと思います。


メインのレッスンでは明るいチビッコから素敵な大人まで、
講師陣も充実していて各レッスンを
すべて聴講できて、その講師達のコンサートもあり、
コンサートのあとはアルコールも入って
はめをはずす!?はずさない!?
ギリギリのところで楽しめます(笑)


たまにはこんなギター漬けも良いですね!!

July 14, 2008 in お勧め!!, 心と体, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 自然, 音楽 | | Comments (10) | TrackBack (0)

Jun 11, 2008

そして仙台から盛岡へ

そして仙台から盛岡へ
明日は東北ツアー最終日、盛岡です。
あのホールにある美しいパイプオルガンにまた会える!
音はまだ聴いた事ないけれど、楽器自身の持つ美しさ、あります。

ギターも十本十色。
一本一本違う顔をしていて、それぞれの性格があります。
演奏する人はその楽器の事を良く分かってあげる事で、
ギターもそれに答えてくれます。

昨日は仙台のギタリスト、佐藤正隆さんと束の間のカフェをしに
「モーツァルト」へ。
マスターのセレクトによる家具、音響設備が
グリーンの中で気持ち良さそうに同居しています。

ついついギターを取り出して、何曲か弾かせてもらいました。

気持ち良かったなぁ。

June 11, 2008 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (9) | TrackBack (0)

May 12, 2008

庄内国際ギターフェスティバルin響

コンサートも楽しみですが、
ここでの公開レッスンも白熱しそうです。
私も講師として参加します。

ギター大好きなちびっこ、
ギタリストを目指す少年少女、
ギターを愛奏する大人の皆様、
レッスン受けたい方は以下のサイトの
中央右側にあるオレンジ色のギターの形のところ、
または最上段のメニューのなかの
「ミュージックキャンプ受講・聴講生募集」から
登録してください!!
早い者勝ちです。
・・・もちろん書類、音源審査ありますけれどね。
http://shonaiguitarfes.com/index_j.html

ギター聴く専門の方も、
充実した内容のコンサートが揃っているので、
楽しいと思いますよ。

参加お待ちしております。


200292


May 12, 2008 in お勧め!!, お知らせ, イベント, 文化・芸術, 旅行・地域, 音楽 | | Comments (11) | TrackBack (0)

Apr 28, 2008

札幌キタラでリサイタル

札幌キタラでリサイタル
札幌リサイタル終わりました!!

沢山のお客様に来ていただいて、
気持ち良く演奏する事ができました。
有り難うございました!

お土産でじゃがいもっこりをいただきました・・・
もうこれもしっかりと北海道の名物ですものね・・・(笑)

April 28, 2008 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (13) | TrackBack (1)

Mar 19, 2008

「想いの届く日」リリースです。

Vicc60640


やっとリリースです!

初回限定版に入っているDVDは、
一曲目L.ブローウェルの「11月のある日」→2000年、
二曲目R.ゲーラの「その明くる日」→2001?年、
三曲目武満徹の「島へ」→2004年に撮った
PV(プロモーション用のビデオ)です。
だから、かなり若い時の映像と演奏ですが、
どうかこれは私の二十代の最後のアルバムという事で
許してあげてください(笑)

ちなみに撮った場所は一枚目はビクタースタジオや
ハバナ旧市街の中、二枚目はパリのオペラ座の近くと
サン・ミッシェル教会の近くのセーヌ川沿いと
ブロン・モントー教会の中、三枚目は沖縄本島の
古民家と中城村、大城にある中城城跡。

・・・結構凝ってるんです。
だからこのままお蔵入りはもったいないという事で
このたび日の目を見る事となりました。

CDの方は2007年の録音なので、
最近の演奏です(当然ですね・・笑)。
けれど、それぞれの曲については
新しいアイデアが既に湧いて来ており、
自ら自分のCD聴くと、「今ならこう弾くだろうな」
という聴き方してしまいます。
けれど、その時のベストの演奏なので、
是非たくさんの人に聴いていただきたいですsun

March 19, 2008 in CD, お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 趣味, 音楽 | | Comments (42) | TrackBack (0)

Feb 22, 2008

JGC in 静岡

JGC in 静岡
ジャパンギターカルテット、
気持ち良く終える事ができました。
なかなか集まる事のできないメンバーなので
こうやって集まって演奏できる事は貴重な事です。
福田師匠が皆の中心になってまとめてくださって、
大介さんが皆を盛り上げて、佳織さんが
皆を華やげてくれて、私は・・・どんな役目なんだろう??
ま、良いか。

今日の昼は蝶屋のトンカツで腹拵え。
すごいボリュームと美味さでした。

February 22, 2008 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (6) | TrackBack (0)

Sep 03, 2007

第18回JGAギター音楽祭

昭和音楽大学、「テアトロ・ジーリオ・ショウワ」で
「kyo-en in 東京2007 with 全日本学生
ギターコンクール2007」が行なわれました。
私はゲスト演奏として呼んでいただきました。

2006年度コンクール優勝者演奏として、
猪居 謙さん、加藤 早紀さん、山崎 拓郎さん、
前田 司さん、上野 芽実さん、藤元 高輝さんらの
立派な演奏も聴く事が出来ました。
1300人キャパシティのホールは満員、
中学生から一般のギターアンサンブルの
コンクールが開かれており、すごい熱気!

合奏の部最後には中、高校生のギターオーケストラが
皆舞台で200人くらい所狭しと並んで、
大合奏をしていました。

この中で、一人でもギターという楽器を、
生涯の友として愛奏してくれたら良いなと
心から思いました。

Jga

本番が終わっての集合写真。
ゲスト演奏されたいちむじん、
そして現代ギター誌をご覧の方には
お馴染みの顔ぶれ大集合!
私、そして上野さんが育った
フォレストヒル音楽工房からは社長、店長も
駆けつけてくれました!!

September 3, 2007 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (6) | TrackBack (0)

Aug 28, 2007

チョウ・チン、大萩デュオツアー

チョウ・チン、大萩デュオツアー
何とも強行スケジュール、六日で五公演!?
という東京→佐賀→鹿児島→宮崎→岐阜での
コンサート。

いつも思いますが、自分の尊敬する音楽家と
共演できると言う事は、幸せな事です。
隣りで演奏していて、「良い音だな〜」と思いながら、
気持ち良く弾いていました。

思えば12年前、沖縄で行われていたムーンビーチの音楽の講習会で
私が聴講生として参加していた時、チョウ・チンさんは
バリバリ受講生で、ボッケリーニのクインテットを
演奏しているのを聴きながら、
「同世代でこんな人がいるんだな〜、すごいな〜」と
思っていた、まさにその人と、その後一緒の舞台で演奏する事が
できた事は、喜び以外の何物でもありません。

宮崎公演では友人も沢山来てくれていて、
デザインをやっていて、私服も作ってもらっている
親友DIESUKEがティシャツをプレゼントしてくれました。

またこれから頑張る元気をもらいました!

August 28, 2007 in 心と体, 文化・芸術, 旅行・地域, 音楽 | | Comments (11) | TrackBack (0)

Jul 16, 2007

福岡公演

福岡公演
台風直撃か!? と思われましたが、東に逸れて
普段と同じようにコンサートを開く事が出来ました。
台風にもかかわらず、沢山の方に来ていただいて、
演奏にも気合いが入りました。

コンサート終了後、ある人に質問されました。
「ギターやってて辛い事はなんですか?」
こう答えました。

「ギターを弾けなくなる事です」。
コンサートが主催者によって企画され、無事に開催され、
そこで演奏できただけでもとっても有り難いことです。
終わったらまた次に向かって頑張ろうという気になります。

その頑張る元気のために”六白黒豚しゃぶしゃぶ”一杯!!
福岡、薬院にある「おだいどこ 旬」でいただくこれ、最高です。

July 16, 2007 in お勧め!!, しょく, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 趣味, 音楽 | | Comments (13) | TrackBack (0)

Jul 12, 2007

現代ギターサマースクールin茅野

今年も充実した二泊三日になりました。

レッスンも沢山、講師陣のコンサートもあり、
毎晩夕食後にはギターを持ち込んでの宴会、
それも無差別演奏大会が行われ、
あっという間に夜も更けてゆき、
あっという間に朝が来て、
また怒濤のレッスンがあり・・・という
何ともほっとひと息つく暇もない、けど楽しい
サマースクールが長野県の茅野にある
リゾート施設「三井の森」で開かれました。

今年はちびっ子たちの割合が高く、彼らと
レッスンの休憩中に池にいって植物を見たり
てんとう虫やクモを見つけては歓声を上げたりして
つかの間の癒しになっておりました。
しかし彼らがまた次の世代の日本のギター界を
担っていくのかもしれないのですね。
レッスンは厳しく、遊ぶときは楽しく。
「やるときは やる」という小学校の担任だった
A先生の言葉を思い出します。

またいつか彼らの演奏を聴ける日が
来るのが楽しみです。

070707_200901001_1

July 12, 2007 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (5) | TrackBack (1)

May 14, 2007

仙台、盛岡プロモーション

朝七時半の新幹線で仙台へ。
ついたとたんに怒濤のプロモーション活動!!
合計約二十カ所の新聞、雑誌、ラジオ番組、テレビ番組を
「分刻み」のスケジュールで回ってきました。

Iso2022jpbgyrcjv8lzse8jtglqyuvjs8laye8jt_4
Date FM板橋さんの番組で


Photo_8
こんな広い空間での取材もあり、、


Photo_9
仙台放送では梅島アナのインタビューもあり、、、


Photo_10
途中でNHK仙台では岩本アナに
宮崎のマンゴー「太陽のたまご」を
差し入れしていただいたり、、、、
(これ一度はお召し上がりください!美味です)


Photo_11
私のしゃべりで、Djも経験しました・・・。


当然ながら、この一泊二日はまるまる
取材、収録、生放送などで練習する暇なんて
なくなってしまうのですが、何十年も先のことを考えると、
「クラシックギター」という、すごく面白い楽器が
「芸術文化」として皆さんに認識してもらえるように
なるためにも、まずたくさんの方に聴いていただかねば、
と思うのです。

スポーツでは野球ならメジャーリーグで毎日のように
試合の様子が分かるのに、音楽では公演の様子なんて
足を運ばない限りなかなか知ることができません。
全く別の物なので、同じ環境である必要は無いのですが、
自分自身、音楽、ギターと出会って得た経験、人との出会い、
感動は本当に宝物なので、いろんな方にそのきっかけになるような
ことができたら、良いなと単純に思うのです。
このブログ同様、情報や意見を発信できる場所は
自分にとって貴重であると思っています。

よくコンサートでも「初めてギターの音を生で聴きました☆」
とおっしゃる方がいる、ということは、それだけ
知りたくても、キャッチできできていない人がいたということです。
それならプロモーションする価値は充分にあると思います。

今回の仙台、盛岡公演は、Welさんの
主催で実現します。
この現実化までの経緯も面白くて、以前仙台の電力ホールで
フルートの瀬尾和紀さんとコンサートをしたときに
たまたま来てくださっていたWelの方が、私のレコーディング
ディレクターと知り合いで、「やりましょうか!」と
お話が進んだのでした。

世の中広いようで、どこかで必ず繋がっているようですね・・・。


Nec_1221_1

May 14, 2007 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記 | | Comments (47) | TrackBack (2)

May 09, 2007

韓国公演

「ヨロブン、アンニョンハセヨ〜!! 
大萩康司イムニダ。
チョウムロ ハングゲソ ヨンジュハゲトェソヨ
チョンマル パンガップスムニダ。
チュルゴウン シガヌル ポネシギパラムニダ!!!!」


Img_9500


・・・とギタリストの
金庸太さんから
伝授していただいた
ハングル語の挨拶を、
三列目少しかみながら、
しかしちゃんと通じる(?)
発音で述べました。

マルタ・アルゲリッチ(P)や
ミッシャ・マイスキー(Vc)などの
コンサート企画運営もしている
CREDIAさんが主催してくださいました。
自分自身韓国公演はアジア圏でのコンサートでは日本以外初めての国で、
プログラムもいろんな時代、国のものを聴いていただきたいと思い、
4/27日に開催されたリサイタルは以下の演目でした。

*「魔笛」の主題による変奏曲Op.9
   (Variation sur l'air de "Flute enchantee"Op.9)
     :フェルナンド・ソル(Fernando Sor)    

*5つのプレリュード(cinq preludes)
     :エイトル・ウ゛ィラ=ロボス(Heitor Villa-Lobos)、
-in E minor(ホ短調)「叙情のメロディー」
-in E major(ホ長調)「カパドシオ(リオの下町の伊達男)の歌」
-in A minor(イ短調)「バッハへの讃歌」
-in E minor(ホ短調)「インディオへの讃歌」
-in D major(ニ長調)「社交界への讃歌」

*亡き王女のためのパヴァーヌ(Pavane pour une infante defunte)
     :モーリス・ラヴェル〜ロラン・ディアンス編曲
          (Maurice Ravel~arr. Roland Dyens)

*アルハンブラの想い出(Recerdos de la Alhambra)
     :フランシスコ・タルレガ(Francisco Tarrega)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

*黒いデカメロン(El Decameron Negro)
     :レオ・ブローウェル(Leo Brouwer)
-戦士のハープ(El Arpa del Guerrero)
-こだまの谷を逃げ行く恋人たち
(La Huida de los Amantes por el Valle de los Ecos)
-恋する乙女のバラード(Ballada de la Doncella Enamorada)

*おやすみネグリータ(Drume Negrita)
     :レオ・ブローウェル(Leo Brouwer)

*変奏曲(Variations)
     :エグベルト・ジスモンチ(Egberto Gismonti)

*アクアレル(Aquarelle)
      : セルジオ・アサド(Sergio Assad)
-ディヴェルティメント(Divertimento)
-ワルツ風に(Valseana)
-プレリュードとトッカーティナ(Preludio e Toccatina)


Img_9506お客様もたくさん来てくださって、
盛り上がり方も、まるで中南米のどこかに来たのか?
というくらいのにぎわい方で、とっても良い驚きを感じました。

Img_9518こんなにでかい垂れ幕も
準備してくださいました。
有り難いですね!


Img_9503そしてお世話になった
スタッフの方々と・・・
(全員の集合写真が無くて残念!)


コンサートレポートの
詳しい情報は、現代ギター誌
掲載される予定ですので、
どうぞそちらもご覧ください!!

May 9, 2007 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (40) | TrackBack (0)

Jun 14, 2006

Bogota旅記〜街編〜

ここには15世紀にスペインの征服者たちが
黄金やエメラルドを採りに来た頃の
建築様式が今も残っています。

今となっては観光ポイントと
なっていますが、
そこでは何世紀もの間、
いろんなドラマが
繰り広げられていたはずです。

それを先住民たちはどんな気持ちで、
自然や街が変化して行く様を、
見ていたのでしょうね。

そんな事も想像しながら
観て行くのも趣の一つで
あると思います。

Imgp0269広場の大聖堂

Imgp0270古きスペインは
こんなバルコニーが
付いているのが特徴的。
・・・だそうです。


Imgp0295石畳の道路。
ここを五百年前は馬車が
走っていたのでしょう。
(現在でも見かけましたが・・・・
・・・・笑)

Imgp0290ある大学の回廊。
こんな大学に入ったら
否応も無く気が
引き締まりそうです・・・。


Imgp0289その大学の中庭に
じっと構える銅像。

Imgp0292椅子。
「何でも鑑定団」へ
出品したら・・・・!?

Imgp0293床ひとつ撮っても
こんなに美しい。


Imgp0298レストランの中庭も
この通り。
家にも欲しいです。


Imgp0294これまでとは
がらっと変わって
近代的な様相の
バス・ステーション。


いや〜、今日は長いブログでした(笑)

June 14, 2006 in 住まい・インテリア, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 趣味 | | Comments (9) | TrackBack (1)

Jun 13, 2006

Bogota旅記〜鳥編〜

サッカー初戦残念でしたね・・・。

しかし川口能活選手は凄かった。
中学高校、私はハンドボールですが、
ゴールキーパーだったので
彼の大和魂プレイに感動しました。
「あそこはこうしておけば良かった」とか
「今度は勝てるのか?」なんて
誰にも分からないのです。

スポーツでは(しばしば音楽でも然り)
瞬間瞬間で何が起るか分からない、
最後まで予想できないのです。
だから、面白いのでしょう。

最後の試合の最後の1秒まで
諦めず、走り続けて欲しいですね。
カンバレニッポン!!


・・・ところでこれは何という鳥?

Imgp0262

Imgp0261綺麗な声をしていましたよ・・・。

June 13, 2006 in 旅行・地域, 日記, 自然, 趣味 | | Comments (14) | TrackBack (0)

Jun 12, 2006

Bogota旅記〜回想編〜

そろそろ旅も終わろうとしています。
ボゴタは政治的に不安定と言われてはいるものの、
自然は素晴らしく、美しい所が沢山ありました。


標高3100mにあるモンセラテ大聖堂。
Imgp0322写真はその周りの風景・・・。


Imgp0319_1山の頂からは、
ボゴタ市内が
一望できます。


   Imgp0320

     Imgp0321


Mizuumiimgp0333かつてエルドラド
(黄金郷)が
あったと言う「グワタビタ湖」
・・・・・は予約しないと
入れないようなので、
ここはその近くにある湖。

Machiimgp0337オレンジ色の屋根が
印象に残る街です。

Imgp0381帰りの経由地、
ヒューストンのホテルから
今回の旅を振り返り
思い出しながら
日本へ戻りました。

June 12, 2006 in 旅行・地域, 日記, 自然 | | Comments (9) | TrackBack (0)

Jun 11, 2006

Bogota旅記〜グルメ編その2〜

昨日「武満徹 - Visions in Time」
ギャラリー・コンサートを
東京オペラシティ
アートギャラリー内特設シアターで
させていただきました。

展示物もかなりの充実度で楽しめ、
コンサートにも沢山の方が聴きに
来て下さっていました。
有り難うございました☆

アップライトのピアノの上には
「森の中で」の自筆譜がありました。
持って帰りたいという衝動に
駆られましたが、
諦めました(笑)

絵画と同様、楽譜も
印刷物より手書きの本物の方が
説得力があるんです。
・・・と感じるんです。
小学生の頃母が習字の先生を
やっていたので習っていたのですが(六段)、
やはり「字」もその書く人によって
性格が現れていると思います。

美術に興味がある人、
音楽に興味がある人、
何にも興味が無い人、
全ての人にお勧めです。
「武満徹 - Visions in Time」どうぞ。

・・・さて、話はもうしばらく
コロンビアの続きを。
あまりに違う話なので
つなぎにくいです・・・


え〜〜、この「Lulo」という
果実ジュースは、
一度飲んだらクセに
なります。
レモンを5個くらい
まるかじりするくらいの
酸っぱさ。しかし美味い!
後ろにあるのがその果実Lulo


Morimori名前忘れましたが
凄いボリューム!
全部食べたら、
同席していた全員(4名)
と店員さんに
驚かれました。
フリスビーくらいの大きさ。

Ajiacoまた別の日には・・・
アヒアコ


Churascoチュラスコ

Corderoコルデロ


Kaoshasin→コルデロの食後。
完食でした。

Imgp0323このレストランでは
ある団体のお客さんが
食後に音楽&ダンスを
していました。
おじいちゃんおばあちゃん
楽しそうです。
老後はこういうのも
良いなと思ったりして・・・。

June 11, 2006 in グルメ・クッキング, 心と体, 旅行・地域, 日記, 趣味 | | Comments (16) | TrackBack (0)

Jun 10, 2006

Bogota旅記〜グルメ編その1〜

好き嫌いの無い私としては
いろんな所で口に入れるものは
大〜〜〜〜〜きな楽しみのひとつです。
演奏が終わった後に
美味しいものにありつけると、
それまでのテンションから
一気に解放されます。


・・・ということで、
町の人が通っていると言う
このレストランのResto


Higawari_1この日の定食だった
魚のフライに

Coke怪しい(原材料名も
何にも書いていない!)
コロンビアン・コーラを。

しかしどうして
なぜか合うんだなこれが・・・。


June 10, 2006 in グルメ・クッキング, 心と体, 旅行・地域, 日記, 趣味 | | Comments (8) | TrackBack (1)

Jun 09, 2006

Bogota旅記〜番外編〜

今回のフェスティバル最終日は
野外ステージでのコンサートがありました。

 
月も見えます。Imgp0308


Imgp0315そこで使われた
「反戦ギター」、
ライフルをそのまま
使ってできた
見た目怖い銃、、、
いや、ギターです。
「La Escopetarra」
と言う名前。
それをマエストロ・
オスカーが構えたら
様になり過ぎ・・
・・・・(汗)
*ちゃんと許可
とって写真載せてます(笑)

Imgp0313グアンタナモ出身の
スタッフの方と。
女性なので彼女こそ本物の
「グアンタナメラ」です!


Imgp0278今回のフェスティバルで
頂いたT-シャツと
バッグ。
バッグには
コロンビアの
伝統的な図柄の
模様が貼られていました。


Imgp027910才くらいの
ギター少年に
プレゼントされた絵。
これが彼の日本に
対するイメージらしいです。
「ありがとう!」

June 9, 2006 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (3) | TrackBack (0)

Jun 08, 2006

Bogota旅記〜その3〜

その他にマスター・クラスも
開かれました。

生徒の皆さんは、とにかく真剣で視線も
まっすぐマエストロ達の全ての動き、
言葉に敏感に反応していました。
質問も沢山でかなり盛り上がってました。
やっぱり公開レッスンはこうでなくては。

生徒は何かを得に来ているわけで、言われた事は
演奏で実行するべきだと思うのですが、
ただただ言われるままに受け身になるのではなく、
分からない事や疑問に思う事は質問する、という事が
教える側とのコミュニケーションにも
つながると思います。

先生はそれに答えられるだけの知識、包容力、
または演奏能力が必要なんですね・・・。

Imgp0264

       
             Imgp0267


                        Imgp0271


Imgp0283アナ・トーレスさんによる
現代音楽のレクチャーも行われました。

カラダひとつではとても聴ききれないコンサートと
数々のレクチャー(スペイン音楽のアプローチに
ついて等のものもあったようです。)、マスタークラス
で、頭の中はかなりの充実感でした。
日本でもこんな充実した演奏家&講師陣を迎えての
フェスティバルが定期的に開かれるようになれば
更に更に充実して行くでしょうね。
それには情熱を持った実行委員と大きいスポンサーも必要。

夏に日本では「現代ギター」のサマースクールをやっていて、
今年は私も講師の一人として教える事になりますが、
少しずつでもギターを通じて「音楽」を好きになる人が
増えて行ったら良いなと思います。


・・・と、ここ辺りですでに気持ちを満たした感はありますが、
     まだ旅は終わらず。。。

June 8, 2006 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (5) | TrackBack (0)

Jun 07, 2006

Bogota旅記〜その2〜

・・・数々の名手が同じフェスティバルで演奏する
という有り難いプレッシャーの中で
私も一晩コンサートをさせて頂きました。

そういえばボゴタって、標高2600mに位置する街で、
空気が薄いんです・・・。
2600mといえば、だいたい今の富士山の前に存在していた、
1万5千年前頃の「古富士」くらいの高さですね。
私の地元宮崎の霧島連山の中にある最高峰の韓国岳(からくにだけ)
が1700m、それよりさらに900m。
東京タワーが約八本分・・・
・・・分かりにくいですね、ハイ。
それほど世間離れしている高さなのです。
南米で赤道に近いと言えども、上着が無いと少々寒い。

ホテルのポーターの兄ちゃんにも
「走ったら死んじゃうよ」
と言われてしまいました。
確かに、マラソンの選手が
高地トレーニングするという話をよく
耳にしますが、まさにそんな感じ。
アニメ「ドラゴンボール」でも、かの孫悟空は
「カリン塔」に登って訓練をした結果
ジャンプ力も遥かにアップしていましたからね・・・。
おそるべし。

しかし凡人の私は頭の後ろの方(つまり後頭部)が
思ったるい感じ、あと変な「ぁ〜、」という脱力感が
ありました。
後から聞いた所、これは高山病特有の初期症状だそうで・・・


コンサートの様子。Honban_1


Sign_1沢山学生さん達が来てくれていて、
サインしてます。

Everybody_1集合写真。皆ギター大好きです。

Minnna_1コンサート後に楽屋へ主催の方や日本大使館の方々、
マエストロ達も来て下さいました。
嬉しかったです。

Imgp0257_1マエストロ、ギリアとフェルナンデス、
そして作曲家のアナ・トーレスさんが
打ち上げをして下さいました。
感謝!!

June 7, 2006 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (5) | TrackBack (0)

Jun 06, 2006

Bogota旅記〜その1〜

Imgp0286_1

イタリアから オスカー・ギリア

         Imgp0274_1 フィンランドから ティモ・コルホネン

        Imgp0282_1

ウルグアイから エドゥアルド・フェルナンデス

錚々たるメンバーです・・・。

そしてコロンビアからは自国の伝統的な音楽に
新たな和声を加えて、ハイ・センスな音楽を
自らの演奏で聴かせてくれる、
ヘンティル・モンターニャ。http://www.gentilmontana.org/
この一週間で実に20回近くに及ぶコンサートが
行われました。

photo:ohagi

June 6, 2006 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 05, 2006

Bogota旅記〜はじめに〜

5/22〜29の間、コロンビアのボゴタ市で開催された
「第五回コンペンサール・ギターフェスティバル」に参加して
きました。


Compensar


今年は日本が名誉招待国ということで、
僭越ながら私が日本代表で
演奏させて頂きました・・・。

私は本選しか聴く事が
出来なかったのですが、
同時期に今年で三回目になる
国内コンクールも行われていて、
結果は1位無し、2位が二人で、
3位が一人。
今回のフェスティバルの
芸術監督でもあるエドゥアルド・
フェルナンデスさんが後の情報誌でも
仰っていたように、
「今年は例年よりレベルが高く、選曲も今までに比べると
 非常に意欲的だった(これは前を知らないので何とも
 いえませんが)。とは言え、1位にふさわしい際立った
 奏者はいなかった。多分緊張していたのか、あるいは準備不足
 だったのだと思うが、決して能力が足りない、というわけではない。」
・・・と思いました。

これが国際コンクールになるとまた演奏者は
世界のレベルを知って行くので、演奏に対する
姿勢もまた変わって行くのでしょうね。
「世界を知る」ことで「自分の現在位置を知る」事が
出来るという意味で、国際コンクールを受ける
意義はあると思います。

・・・さて、それからはコンサートがめじろ押し!!

June 5, 2006 in 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (3) | TrackBack (0)

Apr 20, 2006

鮭の稚魚と森

鮭の稚魚と森

鮭の稚魚と森

カナダのバンクーバーとウィスラーに
J-WAVEの特番(ゴールデンウィークの夕方6時頃
から流れるらしい)の収録の為に行ってきました。
何故にラジオで海外? よく分からないけれど
きっと本編を聞いたら分かることでしょう。

自然がとっても美しい国でした。
森はどうやってできているのか、
その仕組み一例一例を丁寧に森の中で
実例をあげて説明していただいて改めて
自然の厳しさとバランスのとれた生態系の
それぞれの役割に感心したり、
かと思えばスノーモービルやスノーシュー、
MTBダウンヒルを体験させていただいて
興奮したりほかにも盛り沢山でした。

今回の旅はコンサートのためではなかったけれど、
こういう機会はなかなかないでしょうから
良い経験になったと思います。
全く違う世界に生きている方の
お話も聞くことができて刺激にもなったし。

2010年冬季オリンピックの頃には
更に開発された国になるのでしょうね。
生まれて初めて「スキー場」に行きましたが、
持っていたものがスキー板でもスノーボードでもなく、
ギターだったのがとても滑稽に思えました。
やっぱりそれぞれの場所に合ったものがありますね。
森林限界近くまでロープウェイで
ギター持ってあがった人もそう多くはないでしょう。

次回は人生初のスキーなど楽しみに
行けたらいいなと思いました。
イアンさんデザインのMTB「CHROMAG(クロマグ)」
も本気で欲しくなりました・・・。
楽しいことに強く影響受けやすい体質のようです(笑)

April 20, 2006 in お知らせ, エコ, 旅行・地域, 自然 | | Comments (7) | TrackBack (1)

Jan 12, 2006

乗り換え

新八代から博多線の車内は一変して飛行機の中にいると思わせるような内装。・・・飛行機が地上を走っている??

そこまで錯覚はしませんよ。060112_123501.jpg

January 12, 2006 in 旅行・地域 | | TrackBack (0)

九州新幹線つばめ号

座席がカッコいい。木目調の内装が落ち着きます。鹿児島中央から博多まで行くには新八代で乗り換えなければいけないのがちょっとアレですが、兎に角便利ですね。これが宮崎からもでていると更に嬉しいのですが…

世の中そう甘くはありません…。060112_114901.jpg

January 12, 2006 in 旅行・地域 | | TrackBack (0)