Yasuji Ohagi
高校卒業後にフランスに渡り、パリのエコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院で学ぶ。1998年、ハバナ国際ギター・コンクールにて第2位及び審査員特別賞を受賞。2000年から4年間、イタリアのシエナで開かれるキジアーナ音楽院でオスカー・ギリアに師事し、4年連続最優秀ディプロマを取得。
ルネサンスから現代曲まで多彩なレパートリーを持ち、ソロから室内楽、協奏曲と幅広く取り組んでいる。国内外でジャンルを超えた活動を展開し、TV、ラジオ、雑誌での露出も多数。
2000年に「11月のある日」でビクターエンタテインメントからCDデビュー。これまでに11枚のCDおよび2枚のDVDをリリース。第6回ホテルオークラ賞、第18回出光音楽賞受賞。宮崎県出身。
Yasuji Ohagi Official Site@ Victor Entertainment
Ryu's Cuban Night 2007

Dec 27, 2013

2/10 「なんでも!クラシック」

12月27日(金)27:20-28:10 
いわゆる深夜…。

テレビ朝日「イベ検」という番組で
波田陽区さんとのトーク、演奏?
ありますので、起きている方是非観て下さい!
http://www.tv-asahi.co.jp/event/contents/event_program/0258/

「なんでも!クラシック」
ギターコーナーに出演します。
2/10松尾俊介君とのデュオ、お楽しみに!

それでは再びこの方に登場していただきましょう…


December 27, 2013 in お勧め!!, お知らせ, イベント, ニュース, 人物, 心と体, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 芸能・アイドル, 音楽 | | Comments (123) | TrackBack (0)

Jul 05, 2013

7/6 トッパンホール

六月があっという間に過ぎて行き、
明日に迫って来たトッパンホールの
ギターカルテットのコンサート。

レオナルド・ブラーボ、金 庸太、松尾俊介、
そして私のこのメンバーは2011の3/12蕨市の
くるるホールでのコンサート
(震災で半年延期になりましたが…)
から本格的に、しかし不定期なカルテットです。

ギター四本だとどんなことができるのか、
まだ聴いたことのない方は是非
体感していただければと思います。

知っている有名曲もあり、
日本初演が少なくとも三曲以上は
あるのではないかと思われますので
新鮮な気持ちで聴けると思います。

明日開催ですが、まだ席はある様ですので
是非聴きにお出かけください!

1372957893048.jpg

明日に迫って来ました、
ギターカルテット

July 5, 2013 in お勧め!!, 文化・芸術, 日記, 音楽 | | Comments (214) | TrackBack (0)

Jun 08, 2012

休日はサントリーのブルーローズ

6/8、東京は良い天気。

今朝はグラナドスとボッケリーニと
一杯アルコールをやりながらサントリーの
ブルーローズで愉しみませんか?

まだ残席あるそうです。


ENJOY! ウィークエンド・チェンバーミュージック Vol.1
日時:2012/6/8(金) 10:30開場 11:00開演
場所:サントリーホール ブルーローズ
お問合せ先 : サントリーホールチケットセンター
03-3584-9999

出演:大萩康司(ギター)、クァルテット・エクセルシオ、サントリーホール室内楽アカデミー選抜アンサンブル


1339106812927.jpg

June 8, 2012 in お勧め!!, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (80) | TrackBack (0)

Apr 24, 2012

明日は六本木STB!

デビュー当初からお世話になっている
六本木のスイートベイジル。
今回は、バンドネオンの北村聡さんを
後半のゲストにお迎えしての会です。


今回のプログラムは、新しく4/4に
リリースされたCDの中からの曲目が
中心になっていて、つまりアルゼンチンの
巨匠、アストル・ピアソラの楽曲が
半分以上聴ける、というプログラムに
なっています。


北村君とはその新しいCDで共演していて、
「リベルタンゴ」と
「タンティ・アンニ・プリマ」
を演奏しており、明日のプログラムにも
混ぜて行きたいと考えていますが、新たに
CDではフルートと演奏している
「タンゴの歴史」から三曲、
北村大萩バージョンでお届けします。


先ほど北村君とのリハーサルから
帰ってきたばかりでこのブログを
書いているのですが、新しい発見があり、
本来フルートの場所をギターが一箇所
担当してアドリブいれつつ演奏することで
フルートの響きとは全く違った世界が
見えてきて、このフレーズはどうやって
歌ってみようか…などと妄想、
興奮しながら寝られずに只今夜中の
三時前でございます…笑


北村君のフレージング、音色ともに
私はとても魅力を感じています。
どうやったらあんな歌い方が
できる様になるのか…
好きなものはどんどん広めて
行きたい性格です…笑


初めて彼の演奏を聴かれる方にも
楽しめる様なプログラムに
なっていると思います。
彼のソロもあるので、プログラム
後半に向けて徐々に熱を帯びてくる様にと
期待しています。


六本木STBは夕方六時にはOpenしており、
お酒と料理を愉しみながら、
七時半から演奏を聴いて楽しむ、
というなんとも大人の遊びのできる場所。
最近少し肌寒い日が続いているので、
ここで身体を暖めて元気になって
いただいて、来たるゴールデンウィークに
備えていただければと思います。

それでは、会場でお待ちしております!!

Elmundo_2


*写真は、先日NHK BSのエルムンドに
出演させていただいた時の集合写真。
生放送だったので、緊張しましたが、
皆さん明るくキビキビと接していただいて
楽しく終えることができました。
ありがとうございました!!

April 24, 2012 in お勧め!!, お知らせ, 文化・芸術, 音楽 | | Comments (78) | TrackBack (0)

Apr 13, 2012

四月のコンサート

1334292222740.jpg

4/15はすぐに来てしまいますが、
野平一郎氏の「城への道〜
女性合唱とギターのための」を
加藤洋朗氏指揮で世界初演します。
残席僅かですがあるそうです!


4/20は久しぶり!のソロ・リサイタル。
「ブエノスアイレスの四季」を中心に、
季節を巡ってゆくプログラムにしました。
春から始まり、最後はピアソラの冬で
終わります。
こちらも是非聴いていただきたい!


そして4/25は新譜CD
「ASTOR PIAZZOLLA」でも
共演しているバンドネオンの
北村聡氏をお迎えしてのSTBです。
STBも一年ぶり、前半はソロ、
後半デュオでお楽しみいただけます。
CDに入っている曲は勿論ですが、
舞台でしか演奏していない曲もあり、
お食事もお酒もしながらゆっくり
聴ける会場なので、きっとこれまで
コンサートに足を運んだことのない
方も抵抗なく入れるスペースかなと
思います。
北村君の演奏も必聴!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆NHK東京児童合唱団ユースシンガーズ
第5回演奏会
(創立60周年記念プレコンサート)
日時:2012/4/15(日) 16:15開場 17:00開演
場所:渋谷区総合文化センター大和田
さくらホール
お問合せ先:NHK東京児童合唱団
03-5455-3143
出演:NHK東京児童合唱団、大谷研二(指揮)、
  加藤洋朗(指揮)、苅谷麻里(ピアノ)、
櫻井郁里(ピアノ)、碓井俊樹(ピアノ)、
大萩康司(ギター)

☆大萩康司ギターリサイタル
日時:2012/4/20(金) 18:00開場 18:30開演
場所:神奈川県立県民ホール 小ホール
お問合せ先:KMミュージック
045-201-9999

☆大萩康司ライブ
日時:2012/4/25(水) 18:00開場 19:30開演
場所:スイートベイジルSTB139
お問合せ先:スイートベイジルSTB139
03-5474-0139
ゲスト:北村聡(バンドネオン)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それでは、会場でお待ちしております~!!

ビクターのホームページでも新譜情報や
Twitterでのつぶやきなども観られますので、
そちらもよろしくお願いします(^-^)

April 13, 2012 in お勧め!!, お知らせ, 文化・芸術, 音楽 | | Comments (3) | TrackBack (0)

Apr 04, 2012

アストル・ピアソラ作品集 本日解禁!

1333505459489.jpg

本日から全国のCDショップに
新譜CDが並びます。

別に苦労話をするつもりはないのですが、
このCDが出るまでには、曲に出会い
熟成していく膨大な時間があり、
それぞれの共演者と出会い、
曲について話し合い、
一つの作品にして行くまでの
長い長い過程があり、
そこに携わってくださった方々の
寛大な心によって支えられて
こうやって世の中へ出されました。

17歳の時に「タンゴの歴史」を
初めて聴いたのが福田師匠と
マエストロ工藤重典氏の演奏会。
フランスのアルプスの麓の
モルジーヌという街で
フルートとギターの講習会が
開かれており、そこに宮崎からきた
日焼けした真っ黒いギター少年が
なんの先入観もなく
目の前に繰り広げられる演奏を
身を乗り出し食い入る様に
観て、聴いていました。

ギターとそれ以外の
楽器による室内楽を聴くことも
体験することも初めてだったので、
その時にさらったタンゴの歴史の
第一、第二楽章は
自分の音楽の経験値を
ぐっと上げてくれたし、
何よりも心に残る
講習会でもありました。
…それが17年前。

あと三日で34になるということは、
ちょうど人生の半分をかけて
ピアソラに取り組んで
きたことにもなります。

今では教える立場にもなり、
今度の8月1日から三日間、
今年も秋吉台ミュージック・アカデミー
教えます。
ここではフルート、ヴァイオリン、
チェロ、ピアノ、そしてギター科が
設けられています。

こちらはまだ少し空席有ります。
ギタリストを目指している
ちびっこから大人まで、
早い者勝ちですので
是非、申込みしてください。


なにはともあれ、
今回のCDを聴いてもらって、
クラシックギターという楽器がより
たくさんの人に知られるように
なって、良さか伝われば
良いなと心から願っています!


April 4, 2012 in CD, お勧め!!, お知らせ | | Comments (24) | TrackBack (0)

Dec 04, 2011

Barrios World Wide Web Competition

ただいまパラグアイからブログ更新しております。
www.barriosworldwide.com
こちらでコンクール実況中継されます!!
日本時間だと明日の朝七時から…!!!

以下のページにコンクール関連の
情報が載っています。
ご覧ください。

http://www.abc.com.py/nota/hoy-se-definira-el-barrios-competition/

http://www.ultimahora.com/notas/486082--La-gran-final-del-concurso-Barrios-es-esta-noche

http://www.ultimahora.com/notas/485831-Los-tres-finalistas--estan-listos-para-el-certamen-de-Mangore

http://www.ultimahora.com/notas/485989-Ganadores-de-las-entradas-para-la-final-del-Barrios-WorldWideWeb-Competition


1323006139592.jpg

December 4, 2011 in お勧め!!, お知らせ, 実況中継, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (363) | TrackBack (0)

Jun 17, 2011

デュオリサイタル

明日はパリ留学時代からデュオをやっている
松尾俊介君とのデュオリサイタル。
京都コンサートホールで演奏するのは初めて。


とても楽しみです。


干支一回り年を超えて出来た音もあると思います。
ぜひたくさんの方に聴いていただきたいです。

*写真は干支にいなくてしかも世の中を長い事
見ている感じで、カメラが近づいても
微動だにしなかった近所の猫さんです。


1308311789860.jpg

June 17, 2011 in お勧め!!, お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (12) | TrackBack (0)

Oct 19, 2010

上海ツアー終了、そして次は…

ただ今、上海から戻りました。

上海音楽学院ギター科教授のギタリスト、
葉登民氏とのショットです。
彼には沢山沢山御世話になりました。

上海東方芸術センターでのコンサートも、
マエストロ福田進一師匠とのデュオで
素晴らしい時間を過ごさせていただきました。

謝謝!!

さて、次は22日、大泉学園ゆめりあホールでの
松尾俊介氏とのデュオコンサートです。
バラエティーに富んだプログラムですので、
いろんな方に聴いていただけたら幸いです。

まだチケットあるそうですので、どうぞお出かけ下さい☆

6F2E3AF0-FD01-4194-B94F-E8F173E631F3

October 19, 2010 in お勧め!!, イベント, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (56) | TrackBack (0)

Jun 22, 2010

秋吉台ミュージック・アカデミー2010

Re:

以前お伝えした「秋吉台ミュージック・アカデミー2010」、
締め切りはもうすぐなのですが、
生徒の定員も僅かですが残っています。
 
初心者で昨日始めました、という方でも、
ちゃんと教えられることがたくさんあるし、
上級者でプロ志望の子でももちろんOKです。
 
この講習会で特筆すべきは、希望者は室内楽も
できると云うことが大きいでしょう。
今まで他の楽器を間近に聴いたことのない人も
いらっしゃるかも知れませんね。
 
ギター科の日程の所では、A〜Cコース以外に
受講者の都合によってD〜Fコースも
受けられるようにアレンジできます。
 
観ていらっしゃらない方はWebをどうぞご覧ください。
実行委員会の連絡先アドレスは
E-mail:office@flute-academy.netです。
申し込みはウェブサイトhttp://flute-academy.netからできます。
 
音楽するには素晴らしい環境だと思います。
あちらでお会いできるの楽しみにしております!
 
 
 

June 22, 2010 in お勧め!!, イベント, 心と体, 文化・芸術, 旅行・地域, 音楽 | | Comments (9) | TrackBack (0)

May 28, 2010

締め切り、迫る!!

口蹄疫の影響でコンサートの開催自体も心配されたのですが、
宮崎での外山友紀子さん(フルート)との7年ぶりの共演、
たくさんのお客様と共に、とてもいい雰囲気で
終わることができました。

今年は室内楽がたくさんできて嬉しいです。
一人のコンサートも良いですが、舞台で対話、あるときは
ゲームで戦うようにして、一つのものを作り上げていく作業は
なんとも言えない興奮があります。


・・・さて、話は変わり、ギター少年、少女、紳士、淑女の皆様、
「秋吉台ミュージック・アカデミー2010」の日程その他、
遅くなりましたがお知らせします。
初心者から上級者まで、すべてのギターやフルート
大好きな方への嬉しいニュースです。

このサマースクールはヨーロッパで開かれる講習会のように、
長期間しっかり音楽と向き合える時間があるもので、
個人差はあると思いますが、きっと行く前と行った後の
変化が如実に現れるものになることでしょう。

ギター科の日程の所では、A〜Cコースまでしか
受けられないようになっており、可能であれば
そちらをお勧めしますが、
受講者の都合によってはD〜Fコースも
受けられるようにアレンジできます。
忙しい方もいらっしゃると思うので、
一日だけとか、二日だけとかもOKという事です。
フルートの生徒もたくさんいらっしゃるので、
室内楽への挑戦もできます!!!

ギターってなかなか他の楽器との接点を持てない方も
いらっしゃるかもしれないので、こういう機会に是非、
と思っております。

8/8にはフルートの瀬尾和紀さんと、
ピアノの石橋尚子さんとのコンサートもあります。

申し込みの締め切りが近付いてきております。
詳しくはウェブを見てください。
実行委員会の連絡先アドレスは
E-mail:office@flute-academy.netです。
申し込みはウェブサイトhttp://flute-academy.netでできます。

楽しく中身の充実した夏にできたらと思います。
たくさんの参加、お待ちしております!!

May 28, 2010 in お勧め!!, お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 音楽 | | Comments (10) | TrackBack (0)

Jan 07, 2010

松田美緒、新譜!

もうすぐ発売!

くわしくは彼女のHPにて!
声がより近くで聞こえてきて、そこで歌ってもらっている感じです。
ジャケットもいい感じ。

"FLOR CRIOLLA "『クレオールの花』

中身がもっと洒落ていていい感じです!

100107_201601


January 7, 2010 in CD, お勧め!!, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (4) | TrackBack (0)

Dec 17, 2009

STBもおわり・・・

先日のSTB、ゲストのアリエルさんと気持ちのよい
音楽の時間を過ごさせていただきました。
押尾コータローさんからお花いただきました!
恐縮です、有り難うございました!

Rimg1021


091215_224001


そしてSTB翌日は「藤木大地withフレンズ」の
リハと2月発売の「Pen」取材、そして
作曲家渡辺俊幸さんとの新曲の最終チェック。
曲に対して胸の中につっかえていたものが
作曲者本人との対話で一気にスッキリしました。
有り難うございました!


091217_173001

December 17, 2009 in お勧め!!, お知らせ, イベント, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (5) | TrackBack (0)

Sep 18, 2009

藤木大地 with フレンズ

藤木大地 with フレンズ
今日藤木大地さんと打ち合わせしてきました。
「藤木大地withフレンズ」がクリスマス翌日、
宮崎の県立芸術劇場で開催されます。

藤木さんは私と同郷の宮崎県出身!!
宮崎弁で話せる数少ない音楽家の一人です。
そして、たいへんな情熱を持った素晴らしい人物です。

このコンサートには他にもピアノの松本和将さん、
元ライオンキングの宇都宮直高さんが出演します。

沢山の方に聴いていただきたいので、
学生席もしっかり用意している様です!!

宮崎にお住まいの方はもちろん、宮崎に親戚や
知り合いがいるとか、友達の友達が宮崎人だとか、
もちろん県外の方もぜひ、おでかけください!!

今日彼と話をしていたら、どんどん楽しくなってきて、
早く誰かに伝えなくてはと思ったのでした。

【公演日】2009年12月26日(土) 
       開場/17:45 開演/18:30

【会場】 メディキット県民文化センター
   (宮崎県立芸術劇場)アイザックスターンホール 

【料金(税込)】全席指定 3000円 / 
     学割(小学生~大学生)1500円
※学割は、入場時に学生証の提示をお願いします。
なお、中学生以上のお客様で学生証の提示が無い場合は、
学割での入場をお断わりする場合があります。
あらかじめご了承ください。

【発売日】2009年9月5日(土)
 
【発売所】
・メディキット県民文化センターチケットセンター
・西村楽器店
・宮崎山形屋
・宮交シティ
・ボンベルタ橘
・チケットぴあ  0570-02-9999【Pコード323-330】

【問い合わせ】 宮崎県立芸術劇場 0985-28-3210

【主催】財団法人宮崎県立芸術劇場

【協力】MRT宮崎放送

September 18, 2009 in お勧め!!, お知らせ, 人物, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (4) | TrackBack (0)

Jun 16, 2009

楽譜ついに出版「風の道」

楽譜ついに出版「風の道」
6月21日大分公演ではCDの横に
この楽譜が並ぶかもしれないそうです!
フォレストヒル・エディションからの
出版です。

アリエルの事なのですが、なんだか
自分の事の様に嬉しいです。
たくさんの方に弾いて貰えたら嬉しいです。

さて、今日は西宮で弾いて来ます〜。

June 16, 2009 in お勧め!!, お知らせ, 文化・芸術, 日記, 音楽 | | Comments (13) | TrackBack (0)

Sep 28, 2008

アリエル・アッセルボーン at 近江楽堂 

Cd04


の演奏はまるで歌とギター、二人で
演奏しているかのように聴こえて、
しかもそれが最高のパートナーでの
アンサンブルに聴こえます。

すぅ〜〜〜〜っと体に浸透するその
音楽は、聴き終わった後に屋久島の
深い緑の中で森林浴をしたような
みずみずしい気持ちになります。

・・・言い過ぎ?
いや、今日はそんな気持ちでした(笑)

新譜「大地に眠る歌」、
タイトルも良いですね〜。

September 28, 2008 in CD, お勧め!!, 心と体, 文化・芸術, 自然, 音楽 | | Comments (8) | TrackBack (0)

Aug 22, 2008

メッセージ・・・!!

8月28日、庄内国際フェスティバル
響ホールでのジスモンチアーナ日本初演によせて、
作曲家ブローウェル本人からメッセージが届きました!
作曲者自身からの言葉が一番強いですね。
以下福田進一師匠ブログと全く同じ文章です。


「ジスモンチアーナ」の日本初演によせて
                        
 レオ・ブローウェル

エグベルト・ジスモンチと、
私がクリエイトするサウンドとは、
一見かけ離れているように感じられる
かもしれません。が、このブラジルの
生んだ巨匠の作品を題材にして
作曲することは、困難ではありませんでした。
我々は根源的には、まるで兄弟のように
共通のエッセンスを持っていますし、
彼を独奏者(ピアノあるいはギターの)とした
オーケストラ曲の伴奏指揮を経験し、
その驚異的な即興を目の当たりに
したこともあって、当然のように私は
この作品を一気に書き上げることが出来たのです。
ブラジル人の根底にある精神の深みは
20世紀前半に活躍したカマルゴ・ガルニエリ
またはエイトル・ヴィラ=ロボスの
作品に見てとれますが、こんにちそれを
純粋に継承しているのはジスモンチただ一人。
マトグロッソ州、北方(ノルデステ)、
リオ・デ・ジャネイロ、アマゾン、
様々な言語社会と外界から隔絶した
代わりようのない自然環境が巨大な
ブラジルを形作り、そこから
偉大な音楽家が生まれるのです。
音楽が受け継がれていく現象は、
ファリャなどのスペインの作曲家にも
起こりました。が、ここで重要な点は、
それが単なる先駆者の「模倣」ではなく
「継承」であることなのです。
ジスモンチは後継者のいない状態から、
突如20世紀の終わりになって出現した
真の継承者と言えるでしょう。
この作品の日本初演は、山形交響楽団と
マエストロ飯森範親をバックに、
エドゥアルド・フェルナンデス、福田進一、
大萩康司、松尾俊介という最高レベルの
プロフェッショナルな
ギター・カルテットによって行われます。
皆さんは、ジスモンチの最も衝撃的な
5つの作品を聴くことになるでしょう。


*写真はキューバのアブダラスタジオで
録音(2005年時)する前にスタジオのテラスで
練習している筆者・・・。
No3imgp0147

August 22, 2008 in お勧め!!, お知らせ, 人物, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (9) | TrackBack (0)

Aug 21, 2008

おめでとう!!

おめでとう!!
昨日は軽井沢大賀ホールで林美智子さんの
New CD「地球はマルイぜ」←クリックしましょう。
発売記念コンサートでした。

CDで一緒に録音している野平一郎氏とのデュオコンサートで、
プログラムの中にある「○と△のうた」では、
パリのコンセルヴァトアールでも同じ時期の
学友であるヴァイオリニストの加藤えりなさんが参加、
そして、すごい盛り上がりで本編が終わって
アンコールのときに、私がひょこっと出て来て
「MI・YO・TA」と「小さな空」を
共演させていただきました。
まさしくこないだのSTBのコンサートでのサプライズと
逆バージョンです(笑)

いゃ〜、あの会場が暖まりきったところに
出ていきなり演奏するのは相当緊張しましたが、
良い会になって本当に良かったです!!

良かった良かった!!!!!

・・・さて、今日は庄内のリハで都内に戻って・・と。

August 21, 2008 in CD, お勧め!!, お知らせ, 人物, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (10) | TrackBack (0)

Aug 19, 2008

面白そう!!

今日、庄内フェスティバルの
プログラムが届きました。

26日の巨匠デュオはもちろん聴きにいくし、
28日のコンチェルトは日本初演の
「ジスモンチアーナ」はもちろん、
とにかく生でなかなか聴けないコンチェルトも
あるので、聴きたい!
・・・けど舞台にいるので客席で聴けない・・・(笑)
そしてクライマックス最終日のガラコン、
こないだ共演させていただいた沖仁さんも
出演されるので、最後まで残って聴きたい!!
(最後まで自分も演奏あるから絶対いることになります・・)

以下、そのプログラムです。
27日の「大萩康司と仲間たち」コンサートは
きてからのお楽しみということで・・・
(しかしこの日は満席の様なので入れないかも・・・)
--------------------------------------------
庄内国際ギターフェスティバルin響
HPからチケット購入可能
http://shonaiguitarfes.com/index_j.html

会場:庄内町文化創造館 響ホール
山形県東田川郡庄内町余目字仲谷地280
お問い合わせ:事務局 tel.0234-42-3040


----------------------------------------
8.26[Tue] 開演6:30pm
響大ホール 全自由席 ¥3,000
福田進一&フェルナンデス DUOリサイタル
出演…エドゥアルド・フェルナンデス、福田進一

Program
●ジュリアーニ:協奏風変奏曲 op.130
●ハイドン(フェルナンデス 編)
    :弦楽四重奏曲 op.42(ギター二重奏版)
●トロイロ:ラ・トランペーラ
●コビアン:酔いどれ達
●フェルナンデス:アストール・ヴィジッツ・エイトール
●藤井眞吾:ラプソディー・ジャパン(2008)

----------------------------------------
8.28[Thu] 開演6:30pm
響大ホール 全自由席 ¥4,000
山形交響楽団特別演奏会 ギター協奏曲の夕べ
出演…飯森範親指揮 山形交響楽団、
   E.フェルナンデス、福田進一
   大萩康司、松尾俊介、葉 登民、李 成雨、沖 仁

Program
● ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
Guitar 福田進一

●ブローウェル (1939-)
    :ジスモンチアーナ(2004/日本初演)
Guitar E.フェルナンデス、福田進一、
         大萩康司、松尾俊介

●千住 明 (沖 仁&千住 明 編曲)
    :巡礼紀 NHK大河ドラマ「風林火山」より
Guitar 沖 仁 Jin Oki

●ロドリーゴ:アンダルシア協奏曲
Guitar E.フェルナンデス、李 成雨、
        葉 登民、福田進一

----------------------------------------
8.31[Sun] 開演2:00pm
響大ホール 全自由席 ¥3,000
ファイナル・ガラ・コンサート

出演…福田進一、E.フェルナンデス、
葉 登民、李 成雨、大萩康司、金 庸太
池田慎司、L.ブラーボ、
藤井眞吾指揮庄内国際ギターオーケストラ 

《ソロ》
●葉 登民 呂昭玄:柳の木&故郷
●金 庸太 韓国民謡(金編曲):アリラン
●松尾俊介 レオ・ブローウェル
       :HIKA〜武満徹の思い出に

《カルテット》
●リブラ・ギター・カルテット 
      M.D.プホール:陰と陽

《ソロ》
●E.フェルナンデス
E.ファビーニ(フェルナンデス編):トリステ第1番
C.ティラオ:ドン・タコのミロンガ

《カルテット》
●E.フェルナンデス、福田進一、大萩康司、池田慎司
D.ミヨー(野平一郎編):スカラムーシュ op.165

《協奏曲》
●天使の協奏曲(藤井眞吾)


これは一聴の価値ありフェスティバル!!
自分自身客席で全部聴きたいです
(出演するので客席では無理)。。。

いらっしゃる方は、私の代わりに
聴いて楽しんでください・・・

*写真はまぎれもなく主役のマエストロたち!


2008081816480000

August 19, 2008 in お勧め!!, お知らせ, イベント, ニュース, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (4) | TrackBack (0)

Jul 14, 2008

現代ギターサマースクールinつま恋2008

現代ギターサマースクールinつま恋2008
今年もギター大好きな人が集まって二泊三日の
時間はあっという間に過ぎて行きました。

ここでは携帯写真撮る暇も無いくらいの
過密スケジュールにもかかわらず、
レッスンもコンサートも皆さんとのパーティも
全部楽しめました。
(だから写真は長野に行った時
散歩しながら山菜をとった写真です。
草食べてます・・汗)


ギターに対しての好奇心、興味を持っていさえすれば、
きっと楽しめる講習会なんじゃないかと思います。


メインのレッスンでは明るいチビッコから素敵な大人まで、
講師陣も充実していて各レッスンを
すべて聴講できて、その講師達のコンサートもあり、
コンサートのあとはアルコールも入って
はめをはずす!?はずさない!?
ギリギリのところで楽しめます(笑)


たまにはこんなギター漬けも良いですね!!

July 14, 2008 in お勧め!!, 心と体, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 自然, 音楽 | | Comments (10) | TrackBack (0)

Jun 18, 2008

STB予告

STB予告
明日から二日連続六本木STBにてライブをします。
よく夏のSTBには嵐や台風が来るのですが、
今年はどうでしょうか・・・(汗)

プログラムは初日がソロで、びっくり企画もあります。
「言ったらダメです!」と言われているので
何かは言えないのですが・・・

プログラムは武満徹ポピュラーアレンジ集
「12の歌」から、去年末に所沢ミューズで弾いた
金子仁美作曲「リーベの塔」、後半には
アリエル・アッセルボーンの新曲「老いた賢者」「風の道」
ヒナステラ「ソナタ」などを弾く予定です。
もちろんガルデルの「想いの届く日」も弾きます。
そしてアンコールに・・・!!
ここを言ってはいけないんです・・・


そして二日目は小沼ようすけさんとのデュオ。
いままで聴いたことのある曲が二人で弾くと
どんなに変化して行くのか、楽しみです。

両日とも、当日券発売あるようです。
ご飯も美味しいし、雰囲気もちょっと
大人な感じで好きです。
お気軽にどうぞ!

June 18, 2008 in お勧め!!, お知らせ, 人物, 文化・芸術, 日記, 音楽 | | Comments (27) | TrackBack (0)

May 12, 2008

庄内国際ギターフェスティバルin響

コンサートも楽しみですが、
ここでの公開レッスンも白熱しそうです。
私も講師として参加します。

ギター大好きなちびっこ、
ギタリストを目指す少年少女、
ギターを愛奏する大人の皆様、
レッスン受けたい方は以下のサイトの
中央右側にあるオレンジ色のギターの形のところ、
または最上段のメニューのなかの
「ミュージックキャンプ受講・聴講生募集」から
登録してください!!
早い者勝ちです。
・・・もちろん書類、音源審査ありますけれどね。
http://shonaiguitarfes.com/index_j.html

ギター聴く専門の方も、
充実した内容のコンサートが揃っているので、
楽しいと思いますよ。

参加お待ちしております。


200292


May 12, 2008 in お勧め!!, お知らせ, イベント, 文化・芸術, 旅行・地域, 音楽 | | Comments (11) | TrackBack (0)

Apr 23, 2008

「さよなら。いつかわかること」

この映画、観てみてください。
家族との繋がりも薄れていると思えるような
悲しいニュースが流れる今、
こういう物語を観て、
自分にとって大切な人の事を思い出して
改めて自分の存在を確認するのも
大事な事だと思います。

このサイトの「コメント」のところに
私も一筆書いています。


Pic1

April 23, 2008 in お勧め!!, 文化・芸術, 日記, 映画・テレビ | | Comments (13) | TrackBack (1)

「おはぎとおみち」

「おはぎとおみち」
今年10/2にハクジュホールで行われるコンサート、
メゾソプラノの林 美智子さんとのデュオです。
そのコンサートの広告のための写真撮影を四月某日、
これもハクジュホールでしてきました。

もうチケット販売してるのかしら?
とっても内容の濃いプログラムで、楽しみです。
是非聴きに来てください!

詳しくは・・・どこを見たらよいのでしょうか??

April 23, 2008 in お勧め!!, お知らせ, 文化・芸術, 日記, 音楽 | | Comments (4) | TrackBack (0)

Apr 10, 2008

明日

菊地裕介氏の演奏会があります。
先日大田区のコンサートにも行ってきましたが、
やっぱり彼の演奏はまた聴きたいのです。
しかも今度は全曲メシアンプログラム!

・・・ただ明後日は自分の演奏会もあるので、
聴きに行くために空き時間で沢山練習しておかなくては!

沢山の人にこのコンサートを聴いてもらいたいです。

・・・いや、別に私は彼のマネージャーでも
熱烈なおっかけファンという訳でもないのですが、
せっかくこういう意欲的なプログラムならば
聴いてみたいと、ただ純粋に思うのです。


● 2008/04/11(金) すみだトリフォニー小ホール 18:30~
「メシアン生誕100周年記念企画 」
幼な児イエズスに注ぐ20の眼差し 全曲演奏会

3925213_1374864613

April 10, 2008 in お勧め!!, お知らせ, 文化・芸術, 音楽 | | Comments (12) | TrackBack (0)

Feb 23, 2008

菊地裕介「Images Francaise」を聴く

菊地裕介「Images Francaise」を聴く
最初の音が流れた瞬間から、自らが一滴の雫となって
深緑の中にひっそりと浮かぶ湖の波紋に融けて行くような
気持ちのよい錯覚に浸る。

彼の演奏するこのフランス近代の音楽を聴いていると、
ボンヌ・シャンソンを歌ったカミーユ・モラヌの歌声を思い出す。
清潔感があり、凛として揺るぎない芯を持った発音をしている。
・・かとおもえば、知らぬ間にそこからいなくなって
気付けば自分もトリップしていた・・・

なんちゃって評論家が書くと、こんなことを言いたくなります。
このCD沢山の人に聴いてもらいたいです。

February 23, 2008 in CD, お勧め!!, 文化・芸術, 日記, 音楽 | | Comments (12) | TrackBack (0)

Jul 16, 2007

福岡公演

福岡公演
台風直撃か!? と思われましたが、東に逸れて
普段と同じようにコンサートを開く事が出来ました。
台風にもかかわらず、沢山の方に来ていただいて、
演奏にも気合いが入りました。

コンサート終了後、ある人に質問されました。
「ギターやってて辛い事はなんですか?」
こう答えました。

「ギターを弾けなくなる事です」。
コンサートが主催者によって企画され、無事に開催され、
そこで演奏できただけでもとっても有り難いことです。
終わったらまた次に向かって頑張ろうという気になります。

その頑張る元気のために”六白黒豚しゃぶしゃぶ”一杯!!
福岡、薬院にある「おだいどこ 旬」でいただくこれ、最高です。

July 16, 2007 in お勧め!!, しょく, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 趣味, 音楽 | | Comments (13) | TrackBack (0)

Feb 24, 2007

フォレストヒル ミュージック アカデミー

フォレストヒル ミュージック アカデミー
15年前、初めてここの門を叩いた時はまだ
部活で肌も真っ黒に焼けた丸坊主でした。

その丸坊主だった私もいつしかこのフォレストヒル
ミュージック アカデミー
を卒業し、一昨年から、
特別講師として来福岡の際には教えています。

みんなギター大好きなメンバーで、中には
昨年十月に開かれた九州ギターコンクールで
優勝した上野芽実ちゃん(注:写真)もいます。

このアカデミーは講師陣も、私の恩師である
中野義久氏をはじめ、松下隆二氏、池田慎司氏、
竹内竜次氏、レオナルド・ブラーヴォ氏が
教鞭をとっています。

全国でもここまで充実したギター教室は
なかなかお目にかかれないと思います。

「福岡留学」して勉強しに来ている人もいるほど。
それを受け入れられるだけの「文化」が、
フォレストヒルの二十年の歳月で培われて
来たのでしょう。
(写真左手前の方がフォレストヒルをここまで
築いた社長の森岡さん)

今日はレッスン後に栄養会しに焼肉屋に行きました。

February 24, 2007 in お勧め!!, イベント, 人物, 文化・芸術, 日記, 音楽 | | Comments (219) | TrackBack (3)

Nov 07, 2006

菊地裕介くん

フランスに留学していた時期に
毎日のように会っていたピアニストの
友人です。

今はドイツに住んでいるのですが、
久しぶりに日本へ帰って来て
今度11日にヤマハ銀座店で
サロンコンサートをするらしく、
「オレも行くぞ〜!」と
思っていたら、その日、私は
広島で本番が入っていました・・・(涙)
まぁ、お互い別々の場所で頑張っているという事で、
よしとしましょう。
また別の日にでも会えるだろうし(笑)


もうほとんど空き席がない状況
ということで、予約は早めにした方が
良いらしいです。

03-5414-2966(ヤマハサロンコンサート受付専用電話)
受付時間:平日10:30〜18:00
※土・日、祝日はヤマハ銀座店(03-3572-3171)へお問い合わせ。
http://www.yamaha-ginza.co.jp/event/2006/06111101.html

会わない間にこんなに沢山の
コンクールを受けていました。
ついでにプロフィールもどうぞ。
友人で頑張っている人がいると、
さらに自分も奮い立たせて頑張ろうという気を
もらっているようです。
負けず嫌いなんです(笑)

*菊地裕介 プロフィール*
7歳でピアノを始める。皆川紀子、加藤伸佳各氏に
師事し、96年桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を
卒業、パリ国立高等音楽院に入学しジャック・ルヴィエ氏に
師事。99年一等賞の成績でピアノ科高等ディプロムを
得て、2001年まで研究科にて引き続き研鑽を積んだ。
平行して同音楽院歌曲伴奏科に入学し、アンヌ・
グラポット氏に師事し、審査員満場一致の一等賞の
成績で、歌曲伴奏科高等ディプロムを得る。
また和声をジャン・クロード・レイノー氏のもとで、
二十世紀音楽をエディット・ルジェ氏のもとで、
フーガとソナタ形式をティエリー・エスケッシ氏の
もとで学び、全て一等賞の成績を得て作曲法
(Ecriture)の高等ディプロムも得ている。
マルク・アンドレ・ダルバヴィー氏に管弦楽法の
指導を受け、歌曲リサイタルについて
ジェフ・コーエン氏のもとで学ぶ。

2003年よりドイツ・ハノーファー音楽大学
ピアノソロクラスにおいてアリエ・ヴァルディ氏に
師事している。
また、アンジェイ・ヤシンスキ、ミハイル・
ヴォスクレセンスキー、アレック・ポリャンスキー
各氏などから定期的に指導を受けるなど、
世界の数多くの音楽家から薫陶を受けている。

97年ローム・ミュージックファンデーションより
奨学金を受け、2004年より文化庁新進芸術家海外
留学研修員に選抜されたが、この秋2年ぶりに一時帰国。

国内外の多くのオーケストラと共演、国内はもとより
ヨーロッパ各地の音楽祭へ招かれ、リサイタルを開催。
現地各紙はしばしば、表面的な演奏効果にとどまらない、
幅広い知識に支えられた緻密な構成と哲学的な
解釈を高く評価している。
2006年NHK「スーパーピアノレッスン」出演

1994年第63回日本音楽コンクール第二位、三宅賞
1998年第11回チャイコフスキー国際コンクールセミファイナリスト
2000年第46回マリア・カナルス国際コンクール(バルセロナ)第一位
2001年第11回ベートーヴェン国際コンクール(ウィーン)ディプロマ
2003年第20回ポルト国際コンクール(ポルトガル)第一位
2004年第4回プロコフィエフ国際コンクール(サンクトペテルブルク)ファイナリスト
2005年第47回ハエン国際コンクール(スペイン)現代音楽賞
2005年第8回マウロ・パオロ・モノポリ賞国際コンクール(イタリア)第二位(一位なし)
2005年第15回ショパン国際コンクール(ワルシャワ)ディプロマ(セミファイナル)
2006年第8回スクリャービン賞国際コンクール(イタリア)第三位
2006年第8回パレルモ・ウンダマリス国際コンクール(イタリア)第三位
2006年第10回ゲザ・アンダ国際コンクール(チューリヒ)セミファイナリスト
2006年第61回ジュネーヴ国際コンクール第三位


Kikuchi3925213_2817500763

November 7, 2006 in お勧め!!, 人物, 文化・芸術, 音楽 | | Comments (36) | TrackBack (1)

Oct 10, 2006

「書く女」

友人に誘われて、樋口一葉の
半生を描いた舞台を観に行きました。
作・演出:永井 愛
樋口夏子(一葉):寺島しのぶ
ほか。

・・・三時間ちょっとがあっという間でした。
それぞれの役の性格がとっても
ハッキリしていて分かりやすかったし、
何よりその巧みだけれど自然な演技を
観ていると、どんどん物語に入り
込んでしまっている自分がいました。
ユーモアもいい具合に盛り込まれており、
いろんな表情でこちらも楽しむ事が
出来ました。

BGMにバッハ、ブラームス、ショパン等
使われていて、「誰の演奏だろう?」
と、つい気になってしまいました(笑)

*写真は私の若い頃です。
先日兄夫婦の赤ちゃんに再会して来て、
「そういえば丁度同じ頃の写真があったなぁ」
と見比べてみました。
P_002

October 10, 2006 in お勧め!!, 文化・芸術, 日記 | | Comments (12) | TrackBack (3)

Jul 21, 2006

焼きおにぎりについて

焼きおにぎりについて

おでんや「竹生(ちくぶ)」でいただいた
焼きおにぎりは外がカリッとして
中はホクホクとお握りした手のぬくもりさえ
伝わって来そうだ。

家に持ち帰って次の日に食べても、
その風味は損なわれる事なく口の中の肉壁を
縦横無尽に駆け抜け脳内にある味覚をくすぐってくれる。

どうしてこんなに美味しく握れるのだろう?

驚きはそれに尽きることなく、夏でも熱く食べるその絶妙な
バランスのつゆに浸った薄黄金色に輝くおでんを、
その大根を、一度口に入れられる機会が得られた事は
「幸せ」と言わずなんと言えようか・・・

July 21, 2006 in お勧め!!, グルメ・クッキング, 心と体, 文化・芸術, 日記, 趣味 | | Comments (12) | TrackBack (1)

Dec 23, 2005

清しこの・・・

電飾が眩しいほどに鮮やかな場所で好きな人と賑やかにわいわい時間を過ごすのも健康的な感じで良いですが、「・・・今日、寒いから中にしましょうか」とお家にロウソクなんぞ灯してシャンパンも開けたりして静かにデートを満喫するのもなんだかロマンチックな感じでたまには良いかも知れませんね。そんな時にフォーレのレクイエムで自らの魂を鎮めながら厳かに時間を過ごすのもまた一興、かな。

faure

指揮:ミシェル・コルボ
ベルン交響楽団
録音:1972年 ベルン
WPCS-21095(2292-45877-5)

・・・そんな妄想も束の間、イヴの明日(東京朝日浜離宮)、明後日(宮崎県小林市)とX'masコンサートして参りますす。皆様良いクリスマスを☆

December 23, 2005 in CD, お勧め!! | | TrackBack (0)

Nov 11, 2005

池田慎司さん

今日11/11は要町GGサロン(http://www.gendaiguitar.com/)で池田慎司さんのコンサートがあります。彼は私の出身である九州は福岡、天神にあるフォレストヒル・ミュージックアカデミー(http://www.foresthill-morioka.com/)での兄貴的な存在でした。もう10年以上の付き合いですが、今でも仲良くさせて頂いています。
まずその地中海のカラッとした気候のようなキャラクターがナイス。一緒に話をしていると、文法とか語学力なんて、もしかしたら必要ないのかも?と、時々錯覚するほど、何かそれ以外で納得させられるチカラを持っていらっしゃる人です。 超能力?? もしくは天然??  ・・・か!?

shinji-ikeda

その日本人なのに「ラテン」な彼が、ブラジル音楽を中心としたプログラム(ヴィラ=ロボス、ジョビン、パウエル、レイス、ペルナンブコ、ガロート、ボンファetc…)で、クラシックギターのコンサートでは数あるホールの中でも一番演奏者と聴衆の熱気が伝わるんじゃないかと思われるGGサロンに来ると言う事なので、是非とも伺いたいと思っている所です。時間は夜の7時から。


・・・と、その前に、私、本日はお昼の一時から早稲田大学で招聘講師として教育学部教授の野谷文昭氏と「ラテンアメリカの文化」公開講義(http://www.waseda.jp/jp/event/ )します。キューバの内容が濃くなる講義になると思います。自分的には、「公開対談&演奏」という気持ちですが、どうなるかは見てのお楽しみです。受講生優先で、学外者はオブザーバーとして聴講できるそうです。お時間あればどうぞ。


November 11, 2005 in お勧め!!, お知らせ, 音楽 | | TrackBack (0)

Nov 09, 2005

ロミロミ(其の弐)

もう11月も中盤に差し掛かろうとしているにも関わらず、暖かい国に咲くお花が咲いているお家がありました。

051107_133201.jpg


ハワイに昔から伝わる「Lomi Lomi」というマッサージを体験できるのです。普段は女性限定らしいのですが、私は友人に紹介してもらい、今回幸運にも行くことができました。女性の方は普通に電話orメール一本で予約できるようです。

海も歩いて5分ほどのところという羨ましいロケーション、太陽のような暖かい手を持った「帆ノ音〜honoto」の志帆さん(写真右)にマッサージを受けていると、あまりの心地よさに途中から別世界に旅してきてしまいました(寝てたとです…)。写真はお店の前にて。この二階がロミロミ、一階は真ん中にいらっしゃるマダム、志帆さんの御母様の美容室になっております。

051108_114901.jpg

先日ヘアケアしたばかりでしたが、ここでは「ベル・ジュバンス」と言う名のそれをやっていると聞いて、またお願いしてみたら、これがまたマダムの柔らかい手での頭皮マッサージ。気持ち良いです。

詳しくはこちら
http://www.honoto.com/


・・・でも茅ヶ崎はさらに・・・

November 9, 2005 in お勧め!!, 心と体, 美容・コスメ | | TrackBack (0)

Nov 06, 2005

リハーサル中

松尾俊介君のリハーサルに来ています。今日演奏するバッハのBWV998を弾いています。美しい響きの会場には気持ち良い時間が流れています。いつも自分のリハーサル、というのが普通なのですが、たまにこうやって客席で他の演奏家のリハーサルを聴く機会があると、刺激になります。

ギターに限らず、「音楽」好きな人、今日はトッパンホールにお昼二時ちょっと前に入ると良いことあると思いますよ☆051106_114302.jpg

November 6, 2005 in お勧め!!, 音楽 | | TrackBack (3)

Nov 01, 2005

Innocent

普段の散髪からCDジャケットの撮影のためのヘアメイクまでここ三年ほどよくお世話になっている「Innocent」の井之丸泰子さん。ネットで検索してみると、JHA(ジャパンヘアドレッシングアワーズ)賞を三度も受賞されて殿堂入り、ミラノコレクションのヘアメイクも担当されたりしているそう。今知りました(笑)

最近カキモトアームスから独立されてついひと月前青山にお店をopen。場所はフロラシオン青山のすぐ近く。ちょっと見つけにくくて迷いそうなところが「ミソ」です。


とっても丁寧に対応してくださいます。店内はとても上品な雰囲気の内装で、待合い椅子はInnocent特注の文字が描かれたものとなっていました(注:写真)。「勝負」の日には是非!
ヘアエステめちゃめちゃ気持ち良いです。溶けます。
ホームページアドレス
www.beautysuite.jpmise051102_183902.jpg

この椅子。isu051102_184001.jpg

November 1, 2005 in お勧め!!, 人物, 美容・コスメ | | TrackBack (1)

Oct 31, 2005

良いものは良い

2001年、キューバでレイ・ゲーラ氏に「これいいぞ!」と勧められて以来、毎回キューバに行く度に何枚も購入して友人にプレゼントとしているCDです。何百回も聴いています。5月に「クバディスコ2005」で再びキューバを訪れた際にこのピアニストにお会いしました・・・といっても年はそんなに変わらないんですけれどね。もし誰かが日本に呼んで下さった時には、どんな用事があっても時間を作って「生」の演奏を聴きたいと思います。
Aldo Lopez-Gavilan Juncoと言うキューバのピアニスト。
En el ocaso de la hormiga y el elefanteというCDです。

インターネット上で購入出来る様ですが、日本のレコード屋さんでは見かけた事がありません・・・。

hormiga

October 31, 2005 in CD, お勧め!! | | TrackBack (1)

Oct 30, 2005

日本酒のカクテル!? from新潟

コンサート終了。今回で新潟は七回目の公演でした。また来られると良いなと思います。

…さて、コンサートの後には一杯くらい…

この可愛いグラスに入った液体は、ここ地元の生酒(きざけ)と甘酒をブレンドして作る、新潟初(!)のお酒だそうです。のんべぇ(沢山お酒を呑む人)もお酒初めての方も余裕で呑めそうな程飲みやすい。スルッと喉に入って行くので、呑みすぎに注意。まだ商品化していないそうですが、頼めば作って下さるとのこと。名前もまだ決まっていないこのカクテル、名前募集中!!だそうで、採用された方には何か特典が…


あれば良いですね(笑)。


ワイングラスに入った左が生酒、右が甘酒、そして真ん中でピースしてらっしゃるのが「じゅこう庵」代表取締役の竹ヶ原氏。とっても気さくな方。お料理も美味しくいただきました。
御馳走様でした!


名前応募はこちらまで。
http://www.jukoan.jpsake051028_201801.jpg
shachosan051028_202501.jpg

October 30, 2005 in お勧め!!, お酒, 人物 | | TrackBack (2)