Yasuji Ohagi
高校卒業後にフランスに渡り、パリのエコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院で学ぶ。1998年、ハバナ国際ギター・コンクールにて第2位及び審査員特別賞を受賞。2000年から4年間、イタリアのシエナで開かれるキジアーナ音楽院でオスカー・ギリアに師事し、4年連続最優秀ディプロマを取得。
ルネサンスから現代曲まで多彩なレパートリーを持ち、ソロから室内楽、協奏曲と幅広く取り組んでいる。国内外でジャンルを超えた活動を展開し、TV、ラジオ、雑誌での露出も多数。
2000年に「11月のある日」でビクターエンタテインメントからCDデビュー。これまでに11枚のCDおよび2枚のDVDをリリース。第6回ホテルオークラ賞、第18回出光音楽賞受賞。宮崎県出身。
Yasuji Ohagi Official Site@ Victor Entertainment
Ryu's Cuban Night 2007

Oct 07, 2016

明日10/8は京都府民ホールアルティへ!

まだ紅葉は見られませんが…

京都府民ホールアルティにて、
明日は早くも今年最後のソロリサイタル。
当日券もでます。
14時開演です。

お時間許す方は是非☺️

https://www.facebook.com/yasuji.ohagi/posts/10210445624081233

October 7, 2016 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 13, 2016

夏はあっと言う間に過ぎ…秋のコンサートのお知らせ

9/16、浜離宮朝日ホールでのリサイタルが
3日後になりました。

プログラムは4月に発売されたCD
「天の三羽の鳥」からを中心に組みますが、
前半はキューバの作曲家、レオ・ブローウェルの
日本初演になる曲(当日のお楽しみと言うことで内緒)
もありますし、今年没後20年の武満徹の作品
「エキノクス」、そして若かりし頃パリに留学を
していたブラジルを代表する作曲家、
エイトル・ヴィラ=ロボスの5つのプレリュードも
久しぶりに演奏します。
そして新譜CDの中で贅沢にも一曲だけ
共演いただいている朴 葵姫さんが、9/16も
贅沢に一曲ピエール・プティの「トッカータ」を
東京のリサイタルでは共演してくれます!
…ということで盛り沢山になりますので、
そしてまだチケットございますので、
是非聴きにいらしてください(^ ^)

お問い合わせは
東京音協(03-5774-3030)まで



デュオを除くほぼ同じ内容のリサイタルは
10/8、京都府民ホールアルティでもございます。
主催していただく京都ミューズさんからの
インタビュー記事もリンクしておきますので、
どうぞご覧ください。
京都ミューズインタビュー



写真は8月に行っていた台湾のギターフェスティバル
にて。
また回想ブログは後々…

*宣伝をもう1つ!
9/14 NHKクラシック倶楽部 再放送!

September 13, 2016 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (1) | TrackBack (0)

Nov 20, 2015

11/21,22は大阪、広島へ!

なんだか肌寒いな…と思ったらもう年末でした。
芸術の秋、食欲の秋…如何お過ごしでしょうか。

今年の総集編はまた今年中に書きたいと思います。

…その前にコンサートの告知を。
江戸聖一郎君とはパリ留学の頃からの顔馴染みで、一緒に演奏するようになったのはこの4〜5年。
秋吉台国際芸術村で毎年行っている「秋吉台ミュージックアカデミー」での濃い10日間でデュオを温めてきました。

演奏者の息遣いも聞こえるくらいの広すぎない空間で是非聴いていただきたい公演です。

☆【江戸聖一郎×大萩康司 デュオ・リサイタル 大阪公演】2015年11月21日(土)14:00〜@島之内教会(大阪・心斎橋)

☆そしてこちらはかなり久しぶりの広島!
【江戸聖一郎×大萩康司 デュオ・リサイタル 広島公演】
2015年11月22日(日)14:00〜@広島市東区民文化センター スタジオ1。
中国地方、四国、九州近くにお住まいの皆様、ぜひ!

今年の公演も残すところ4回となりました。
またいろんなところでお目にかかれるのを楽しみに一歩一歩進んで行きます。



11/19代官山の猫

November 20, 2015 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (1) | TrackBack (0)

Dec 27, 2013

2/10 「なんでも!クラシック」

12月27日(金)27:20-28:10 
いわゆる深夜…。

テレビ朝日「イベ検」という番組で
波田陽区さんとのトーク、演奏?
ありますので、起きている方是非観て下さい!
http://www.tv-asahi.co.jp/event/contents/event_program/0258/

「なんでも!クラシック」
ギターコーナーに出演します。
2/10松尾俊介君とのデュオ、お楽しみに!

それでは再びこの方に登場していただきましょう…


December 27, 2013 in お勧め!!, お知らせ, イベント, ニュース, 人物, 心と体, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 芸能・アイドル, 音楽 | | Comments (123) | TrackBack (0)

Dec 20, 2013

東京文化リサイタル終了!

東京音協さんの主催では何時も素敵な
ホールでリサイタルさせていただいています。

デビューの当時、担当だった島田さんは
音協の全国の集会で私を呼んでくださって、
皆さんの前で「ね、この男、なかなか
良いんですよ!是非皆さん各地に呼んでください」
と一声いただいたおかげで、北は北海道から
南は鹿児島まで、様々なところへ
連れて行っていただきました。

そして今年も無事に終えられたことに
感謝します。

そしてコンサートを聴いてくださった
音楽ライターのオヤマダアツシさんが以下の
コメントをくださいました!

掲載しても良し、と許可をいただいたので、
ここに掲載させていただきます。

〜〜〜〜〜

外が雪になるのではないか、
という昨晩だったが、東京文化会館の小ホールは、ほんわりと温かい空気に満ちていた。
久しぶりに(本当に、申し訳ないくらい
久しぶりに)、大萩康司さんのガッツリな
リサイタルを聴く。

これまで南米の曲を聴くことが多かったせいか、
彼がかもし出す「温かい音楽」の根源は
そこにあるのかと思っていたのだが、
英国をテーマにした昨日のプログラムでも
同じような温かさが漂っていたので、
これはもうこの人の音楽そのものなのだろう。

しかしながら驚いたのは、ウォルトン作曲の
「5つのバガテル」における“攻め"の演奏。
これまで、あまりにもジュリアン・ブリームを
祖とする穏和な(ウォルトンが後半生を
過ごしたナポリ沖の島を想起させる)
演奏に囚われていたせいもあり、
予想外のキレっキレな音楽を聴きながら
「そうか、こういうアプローチもありなのか」と
驚いてしまった。これ1曲で「だったら、
こっちの曲を弾くとどうなるの?」という
新しい好奇心が芽生え、これからの
楽しみが増える。
ダウランド作曲のリュート・ソングを
主題としたブリテン作曲の変奏曲
「ノクターナル」は、思索の時から生まれる
静けさが肌を刺すような演奏。
10年ほど前にトッパンホールでのリサイタルを
聴いたときには、起伏の激しい演奏を聴きながら(やっぱりブリームら過去の演奏と比較して)
「こういうドラマティックな演奏もありな
曲だったか」と思ったのだが、
今回はさらに暗黒世界へ足を踏み入れたような
ところも。

とまあ、スカしてコンサート批評めいた
文章を書いているけれど、僕としてはこの
2曲がコンサートで聴けるだけで、
実は相当満足。しかも「また新しい
可能性を感じちゃったよ」というありがたい
オマケ付きで。
(クラシック・)ギターには本当にいい曲が
多いけれど、まだまだ広く知られて
いないのが現状。

〜〜〜〜〜

そして再来月に迫った、テレビ朝日
開局55周年記念のコンサートを2/10に
松尾俊介君と演奏することに
なっているのですが、今日はその
プロモーションのための番組収録を
してきました。



誰だかわかりますよね?

波田陽区さんです!
残念〜っ!!

…じゃなくて、とても嬉しかったです。
サムライ界のギタリストとは言えども
やはりギターを持ったら誰でも友達です。
ネタは流石に教えてもらえませんでしたが、
あのギターは完璧にマスターしました。

また放送決まったらお知らせしますね。

今夜は他にもフアン・マヌエル・
カニサレスさんのライヴへ行きました。
春に行われたラ・フォル・ジュルネ・
オ・ジャポンで共演させていただいて以来の
演奏会でしたが、やはり静かな時でも
音の中から湧き出る迸る様な熱は
新宿文化センター大ホールの隅々まで
届いていました。

私も明日、明後日の豊後高田と北九州、
フルートの榎本裕子さんとの公演では
聴いている人の心を動かすような演奏が
出来ますように、と会場を後にし、最後の
追い込み練習したらただいま朝の3:25。
当日券も出るようですよ!!
お近くの方は是非(^^)

そろそろ寝ねば!!






December 20, 2013 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (15) | TrackBack (0)

Dec 17, 2013

明日はリサイタル

いつの間にか年末になっていました…

皆様いかがお過ごしでしょうか?

明日12/18、東京では2013最後のリサイタル。
当日券も出るようです。
もしお時間できた方は是非お出かけください!

今年の生誕百年のベンジャミン・ブリテンの
「ノクターナル」は明日を境にまたしばらくは
頭の中のアーカイブに入ってしまうと思いますので、
次はまた何年先になるかわかりません。

他には野平一郎編「アメイジング・グレイス」や
「スカボロー・フェア」
「シェイプ・オブ・マイ・ハート」、
武満徹編の「12の歌」からビートルズなど、
起伏に富んだプログラムを組んでおります(^^)

大萩康司ギターリサイタル
日時:2013/12/18(水) 18:30開場 19:00開演
場所:東京文化会館 小ホール
お問合せ先:東京音協 03-5774-3030


December 17, 2013 in お知らせ, 日記, 音楽 | | Comments (10) | TrackBack (0)

Aug 20, 2013

新譜は「ノクターナル」

暑中お見舞い申し上げます。
残暑にはまだ程遠そうなので…

よし、明日新譜発売だから今日のうちに
ブログを、と考えていたら、
すでに出ているところでは発売されている
そうです。
もしCDショップの前を通りすがりそうでしたら
中へどうぞお入りになり、ちょっと
偵察して来てどんな感じになっているか、
見て来てくださると助かります。

私はというと、八月前半は山口県の秋吉台で
サマースクールの講師をしておりました。
メンバーはフルートの瀬尾和紀氏、
アシスタントに関根雅裕氏に江戸聖一郎氏、
ヴァイオリンの瀬崎明日香氏、
チェロの中木健二氏、ピアノの菊地裕介氏、
そして私。


1376985554371.jpg
素晴らしい大自然の中で音楽に真っ正面から
向かい、吸収して行く生徒さん達を
相手にしていると、自分自身もまた初心に戻り
取り組むことができました。

1376985555578.jpg
これからまたコンサートシーズンがやってきます。
合わせてCD発売に伴ったイベントやコンサートも
沢山ありますので、チェックしてみて下さい!

1376985556382.jpg

皆様、夏バテになりません様に、
どうかご自愛下さい。

1376985557478.jpg

August 20, 2013 in CD, お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 音楽 | | Comments (90) | TrackBack (0)

Oct 04, 2012

もう10月か・・・

秋吉台から止まっておりました、Blog再開です。。。

その後は台湾へ行っておりました。
http://www.2012tigf.org.tw/en/index.html
・・・
この・・・までに30分も費やしましたが、
なぜかココログ、PCからも画像をアップできないようなので
コンサートの告知を。
もう一週間先になりましたが、10/10、
東京は代々木八幡、または代々木公園駅から徒歩10分の
ハクジュホールにて、波多野睦美さんとの演奏会です。
波多野さんの歌声を聴いていると、深い夜のあとの薄明の中、
まだ太陽の出てこない、ほんのひと時にしか味わえない空気の
中に漂っている感覚に包まれます。
初めての共演、とっても楽しみです。
是非聴いていただきたいです。。。

朝のコンサートVol.3 
日時:2012/10/10(水) 10:30開場 11:00開演
  :2012/10/10(水) 13:30開場 14:00開演
  (二回公演)
場所:Hakuju Hall
お問合せ先:ダウランド・アンド・カンパニイ 042-390-6430


10_10
あれ、、PC内の写真はダメだったのに、
コンサートのチラシはupできた!!

October 4, 2012 in お知らせ | | Comments (11) | TrackBack (0)

Apr 24, 2012

明日は六本木STB!

デビュー当初からお世話になっている
六本木のスイートベイジル。
今回は、バンドネオンの北村聡さんを
後半のゲストにお迎えしての会です。


今回のプログラムは、新しく4/4に
リリースされたCDの中からの曲目が
中心になっていて、つまりアルゼンチンの
巨匠、アストル・ピアソラの楽曲が
半分以上聴ける、というプログラムに
なっています。


北村君とはその新しいCDで共演していて、
「リベルタンゴ」と
「タンティ・アンニ・プリマ」
を演奏しており、明日のプログラムにも
混ぜて行きたいと考えていますが、新たに
CDではフルートと演奏している
「タンゴの歴史」から三曲、
北村大萩バージョンでお届けします。


先ほど北村君とのリハーサルから
帰ってきたばかりでこのブログを
書いているのですが、新しい発見があり、
本来フルートの場所をギターが一箇所
担当してアドリブいれつつ演奏することで
フルートの響きとは全く違った世界が
見えてきて、このフレーズはどうやって
歌ってみようか…などと妄想、
興奮しながら寝られずに只今夜中の
三時前でございます…笑


北村君のフレージング、音色ともに
私はとても魅力を感じています。
どうやったらあんな歌い方が
できる様になるのか…
好きなものはどんどん広めて
行きたい性格です…笑


初めて彼の演奏を聴かれる方にも
楽しめる様なプログラムに
なっていると思います。
彼のソロもあるので、プログラム
後半に向けて徐々に熱を帯びてくる様にと
期待しています。


六本木STBは夕方六時にはOpenしており、
お酒と料理を愉しみながら、
七時半から演奏を聴いて楽しむ、
というなんとも大人の遊びのできる場所。
最近少し肌寒い日が続いているので、
ここで身体を暖めて元気になって
いただいて、来たるゴールデンウィークに
備えていただければと思います。

それでは、会場でお待ちしております!!

Elmundo_2


*写真は、先日NHK BSのエルムンドに
出演させていただいた時の集合写真。
生放送だったので、緊張しましたが、
皆さん明るくキビキビと接していただいて
楽しく終えることができました。
ありがとうございました!!

April 24, 2012 in お勧め!!, お知らせ, 文化・芸術, 音楽 | | Comments (78) | TrackBack (0)

Apr 13, 2012

四月のコンサート

1334292222740.jpg

4/15はすぐに来てしまいますが、
野平一郎氏の「城への道〜
女性合唱とギターのための」を
加藤洋朗氏指揮で世界初演します。
残席僅かですがあるそうです!


4/20は久しぶり!のソロ・リサイタル。
「ブエノスアイレスの四季」を中心に、
季節を巡ってゆくプログラムにしました。
春から始まり、最後はピアソラの冬で
終わります。
こちらも是非聴いていただきたい!


そして4/25は新譜CD
「ASTOR PIAZZOLLA」でも
共演しているバンドネオンの
北村聡氏をお迎えしてのSTBです。
STBも一年ぶり、前半はソロ、
後半デュオでお楽しみいただけます。
CDに入っている曲は勿論ですが、
舞台でしか演奏していない曲もあり、
お食事もお酒もしながらゆっくり
聴ける会場なので、きっとこれまで
コンサートに足を運んだことのない
方も抵抗なく入れるスペースかなと
思います。
北村君の演奏も必聴!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆NHK東京児童合唱団ユースシンガーズ
第5回演奏会
(創立60周年記念プレコンサート)
日時:2012/4/15(日) 16:15開場 17:00開演
場所:渋谷区総合文化センター大和田
さくらホール
お問合せ先:NHK東京児童合唱団
03-5455-3143
出演:NHK東京児童合唱団、大谷研二(指揮)、
  加藤洋朗(指揮)、苅谷麻里(ピアノ)、
櫻井郁里(ピアノ)、碓井俊樹(ピアノ)、
大萩康司(ギター)

☆大萩康司ギターリサイタル
日時:2012/4/20(金) 18:00開場 18:30開演
場所:神奈川県立県民ホール 小ホール
お問合せ先:KMミュージック
045-201-9999

☆大萩康司ライブ
日時:2012/4/25(水) 18:00開場 19:30開演
場所:スイートベイジルSTB139
お問合せ先:スイートベイジルSTB139
03-5474-0139
ゲスト:北村聡(バンドネオン)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それでは、会場でお待ちしております~!!

ビクターのホームページでも新譜情報や
Twitterでのつぶやきなども観られますので、
そちらもよろしくお願いします(^-^)

April 13, 2012 in お勧め!!, お知らせ, 文化・芸術, 音楽 | | Comments (3) | TrackBack (0)

Apr 04, 2012

アストル・ピアソラ作品集 本日解禁!

1333505459489.jpg

本日から全国のCDショップに
新譜CDが並びます。

別に苦労話をするつもりはないのですが、
このCDが出るまでには、曲に出会い
熟成していく膨大な時間があり、
それぞれの共演者と出会い、
曲について話し合い、
一つの作品にして行くまでの
長い長い過程があり、
そこに携わってくださった方々の
寛大な心によって支えられて
こうやって世の中へ出されました。

17歳の時に「タンゴの歴史」を
初めて聴いたのが福田師匠と
マエストロ工藤重典氏の演奏会。
フランスのアルプスの麓の
モルジーヌという街で
フルートとギターの講習会が
開かれており、そこに宮崎からきた
日焼けした真っ黒いギター少年が
なんの先入観もなく
目の前に繰り広げられる演奏を
身を乗り出し食い入る様に
観て、聴いていました。

ギターとそれ以外の
楽器による室内楽を聴くことも
体験することも初めてだったので、
その時にさらったタンゴの歴史の
第一、第二楽章は
自分の音楽の経験値を
ぐっと上げてくれたし、
何よりも心に残る
講習会でもありました。
…それが17年前。

あと三日で34になるということは、
ちょうど人生の半分をかけて
ピアソラに取り組んで
きたことにもなります。

今では教える立場にもなり、
今度の8月1日から三日間、
今年も秋吉台ミュージック・アカデミー
教えます。
ここではフルート、ヴァイオリン、
チェロ、ピアノ、そしてギター科が
設けられています。

こちらはまだ少し空席有ります。
ギタリストを目指している
ちびっこから大人まで、
早い者勝ちですので
是非、申込みしてください。


なにはともあれ、
今回のCDを聴いてもらって、
クラシックギターという楽器がより
たくさんの人に知られるように
なって、良さか伝われば
良いなと心から願っています!


April 4, 2012 in CD, お勧め!!, お知らせ | | Comments (24) | TrackBack (0)

Feb 06, 2012

みんなに音楽♪大作戦始まる

今年もやってきました!


1328537221739.jpg
http://www.the-miyanichi.co.jp/special/minnani-ongaku2012/

藤木大地プロデュース
「みんなに音楽♪大作戦!2012」
今回は大地君のカウンターテナーの
デビューの会にもなります。

そんな大事な会が故郷宮崎である事は
誇らしい事だし、そこに今年も
呼んでもらえて幸せです。

チケット、あと少しあるそうです。
宮崎の皆様、九州の皆様、本州の
皆様も是非!!


明日から全体のリハが始まります。
まずは栄養を蓄えるための…
地鶏のタタキに炭火焼。


1328537279170.jpg

てげうめーです。


February 6, 2012 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (7) | TrackBack (0)

Jan 27, 2012

KSTアンサンブル2012

2012年、初めの演奏は広島交響楽団、
秋山和慶氏指揮でのアランフェス。
面白いハプニングもありましたが、
スタッフの皆さんも楽団の皆さんとも
お話しできる時間があり、幸せでした。

楽団の中にはパリ・コンセルヴァトアール
同期のフルートの森川公美さんもいて、
嬉しさと共に心強かったです。

打ち上げでは同じくコンセルヴァトアールの
先輩のピアニスト、戸梶美穂さんも一緒に。


Img_1526


京都フィルハーモニック
チェンバーオーケストラの
フルーティスト、市川えり子さんも一緒に。
カキフライに焦点があってしまいましたが…
許して。

1327659596461.jpg


その後は北海道のニセコ音楽祭で
マイナス10度の中(で弾いたわけでは
ありませんが)、オーストラリア
弦楽オーケストラとの共演。

1327659597354.jpg

この時期のニセコは9割が外国からの
スキーのお客様がいらっしゃるらしく、
コンサートも然り。
外国で弾いているような雰囲気で
盛り上がり方も「イェー!」という
英語が聞こえてきたりして、独特でした。
こちらも素晴らしいホスピタリティで
演奏に集中でき、良い時間を過ごさせて
いただきました。

その後東京では演奏にトークと珈琲、お菓子で
楽しむコンサート、下丸子クラシックカフェで
司会進行に「うる星やつら」のラムちゃん
の声を担当されていた平野文(ふみ)さん、
カフェの店長役でピアノの山田武彦氏と
演奏会していました。

山田さんのピアノは、私が今更いうのも
アレですが、舞台の上でマジックを
見ているようで、その自在な表現に
アングリと口が開きそうです。

…さて、これまでは終わってしまった
会ですが、明日はKSTアンサンブル2012
で演奏させていただきます。
ジュリアーニの曲でも沢山聴く機会のない
「ギターと弦楽四重奏のための第五重奏曲
Op.65」を演奏します。
ヴァイオリンが寺岡有希子さん、
小川有紀子さん、ヴィオラが篠崎友美さん、
チェロが菅野博文氏という素晴らしい
方々です。
演奏するギターは1864年の
アントニオ・デ・トーレスを使用します。
19世紀ギターよりも重み、迫力があり、
20世紀ギターよりも繊細さをもった、
演奏家にとっては演奏上コントロール
するのにかなり難しい要求をされる
銘器ですが、とても楽しみでもあります。

紀尾井ホールで、開場は14時から。

会場でお待ちしております!

1327659598085.jpg

※写真は市ヶ谷の蕎麦屋「大川や」の
デザート、最中アイス。
唇がモナカに触れて割れる瞬間、
感動が湧いてきます。


January 27, 2012 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (4) | TrackBack (0)

Dec 17, 2011

オッターバ生放送

明日、お時間あれば聴いてくださいませ!

★番組名:OTTAVA foresta 
(リンクURL http://blog.ottava.jp/ottava_foresta/)
★放送日時:2011年12月18日(日)
14時〜16時 (公開生放送)
★会場:YOTSUBAKO no MORI
「YOTSUBAKO CLASIX STUDIO」http://www.yotsubako.com/
(横浜市営地下鉄ブ ルーライン、
グリーンライン「センター北」駅すぐ)
★住所:横浜市都筑区中川中央1-1-5 5階
※12時より整理券配布します。
※13時半開場。


1324132491356.jpg

December 17, 2011 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (5) | TrackBack (0)

Dec 04, 2011

Barrios World Wide Web Competition

ただいまパラグアイからブログ更新しております。
www.barriosworldwide.com
こちらでコンクール実況中継されます!!
日本時間だと明日の朝七時から…!!!

以下のページにコンクール関連の
情報が載っています。
ご覧ください。

http://www.abc.com.py/nota/hoy-se-definira-el-barrios-competition/

http://www.ultimahora.com/notas/486082--La-gran-final-del-concurso-Barrios-es-esta-noche

http://www.ultimahora.com/notas/485831-Los-tres-finalistas--estan-listos-para-el-certamen-de-Mangore

http://www.ultimahora.com/notas/485989-Ganadores-de-las-entradas-para-la-final-del-Barrios-WorldWideWeb-Competition


1323006139592.jpg

December 4, 2011 in お勧め!!, お知らせ, 実況中継, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (363) | TrackBack (0)

Oct 19, 2011

これからのコンサート予定

夏休みなんて、とうの昔に過ぎ去り、
コンサートやお手伝い録音などしていたら
あっという間に今年も残り70日ちょっとに
なっておりまして、怠け者の身としては、
そろそろフライングで一足先に師走モードに
ならなきゃと鼓舞している今日この頃。

以下、今年残りのコンサートの
お知らせをします。

まずは新譜CD録音をしまして…、

*三浦一馬×大萩康司 デュオライブ in 村国座
日時:2011/11/6(日) 15:00開場 15:30開演
場所:国指定重要有形民俗文化財
「各務の舞台」村国座
お問合せ先:各務原市文化協会事務局
058-383-1042

*日韓東日本大震災被災地子供支援コンサート
日時:2011/11/14(月) 18:30開場 19:00開演
場所:東京オペラシティ コンサートホール
お問合せ先:コンコルディア 03-6427-5688
出演:フィージン(テノール)、
礒絵里子(ヴァイオリン)、柏木広樹(チェロ)、
田中靖人(サックス)、藤原道山(尺八)、
仲田淳也(ピアノ)、大萩康司(ギター)

*DYNAMIC賢者の音楽祭♪ 2011 公演‐B)
オケ・コン!!~賢者×オーケストラ 夢の共演~
日時:2011/11/19(土) 18:30開場 19:00開演
場所:雲南市加茂文化ホール ラメール
お問合せ先:雲南市加茂文化ホール ラメール
0854-49-8500
出演:ニコラ・ドートリクール(ヴァイオリン)、
瀬尾和紀(指揮)、島根大学シュールカメラート
管弦楽団、大萩康司(ギター)

*DYNAMIC賢者の音楽祭♪ 2011 公演‐C)
6人の賢者が集う スペシャルな午後のコンサート
日時:2011/11/20(日) 13:30開場 14:00開演
場所:雲南市加茂文化ホール ラメール
お問合せ先:雲南市加茂文化ホール ラメール
0854-49-8500
出演:瀬尾和紀(フルート)、中川賢一(ピアノ)、
池上英樹(パーカッション)、
ニコラ・ドートリクール(ヴァイオリン)、
辻本玲(チェロ)、大萩康司(ギター)

*福田進一&大萩康司 と仲間たち
日時:2011/11/24(木) 18:30開演
場所:釧路芸術館
お問合せ先:ルポルデミューズマツモト
090-8909-2637

*ギターの国のクリスマス
日時:2011/12/23(金) 13:30開場 14:00開演
場所:青葉の森公園芸術文化ホール
お問合せ先:青葉の森公園芸術文化ホール
043-266-3511
出演:鈴木大介、大萩康司

*大萩康司ギターリサイタル
日時:2011/12/24(土) 13:00開場 13:30開演
場所:東京文化会館 小ホール
お問合せ先:東京音協 03-5774-3030
ゲスト:レオナルド・ブラーボ


1319032901970.jpg

肌寒くなってまいりました。
御自愛くださいませ。

October 19, 2011 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (15) | TrackBack (0)

Jun 17, 2011

デュオリサイタル

明日はパリ留学時代からデュオをやっている
松尾俊介君とのデュオリサイタル。
京都コンサートホールで演奏するのは初めて。


とても楽しみです。


干支一回り年を超えて出来た音もあると思います。
ぜひたくさんの方に聴いていただきたいです。

*写真は干支にいなくてしかも世の中を長い事
見ている感じで、カメラが近づいても
微動だにしなかった近所の猫さんです。


1308311789860.jpg

June 17, 2011 in お勧め!!, お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (12) | TrackBack (0)

May 10, 2011

秋吉台ミュージックアカデミー(その弐)

今年も盛り上がりそうな気配です。
すごいメンバーが集まりそうです。

残り席ちょっとあります。

ギター少年少女の皆さん、
もちろん紳士淑女の皆様も
本気でやる人、参加お待ちしています!
http://flute-academy.net


1305037650307.jpg
写真は大自然の中にて。

May 10, 2011 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 音楽 | | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 18, 2011

秋吉台ミュージックアカデミー

今年もやることになりました、
秋吉台のミュージックキャンプ。


ギターとしっかり十日間向き合って
勉強したい人は特に来て欲しいです。


フルート、ピアノ、ギターの科があるので、
他の楽器がどんなレッスンをしているのかも
見られたりして、アカデミックな環境で
勉強出来ます。


興味のある方は見てください。
http://flute-academy.net

1303122776004.jpg

April 18, 2011 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 音楽 | | Comments (6) | TrackBack (0)

May 28, 2010

締め切り、迫る!!

口蹄疫の影響でコンサートの開催自体も心配されたのですが、
宮崎での外山友紀子さん(フルート)との7年ぶりの共演、
たくさんのお客様と共に、とてもいい雰囲気で
終わることができました。

今年は室内楽がたくさんできて嬉しいです。
一人のコンサートも良いですが、舞台で対話、あるときは
ゲームで戦うようにして、一つのものを作り上げていく作業は
なんとも言えない興奮があります。


・・・さて、話は変わり、ギター少年、少女、紳士、淑女の皆様、
「秋吉台ミュージック・アカデミー2010」の日程その他、
遅くなりましたがお知らせします。
初心者から上級者まで、すべてのギターやフルート
大好きな方への嬉しいニュースです。

このサマースクールはヨーロッパで開かれる講習会のように、
長期間しっかり音楽と向き合える時間があるもので、
個人差はあると思いますが、きっと行く前と行った後の
変化が如実に現れるものになることでしょう。

ギター科の日程の所では、A〜Cコースまでしか
受けられないようになっており、可能であれば
そちらをお勧めしますが、
受講者の都合によってはD〜Fコースも
受けられるようにアレンジできます。
忙しい方もいらっしゃると思うので、
一日だけとか、二日だけとかもOKという事です。
フルートの生徒もたくさんいらっしゃるので、
室内楽への挑戦もできます!!!

ギターってなかなか他の楽器との接点を持てない方も
いらっしゃるかもしれないので、こういう機会に是非、
と思っております。

8/8にはフルートの瀬尾和紀さんと、
ピアノの石橋尚子さんとのコンサートもあります。

申し込みの締め切りが近付いてきております。
詳しくはウェブを見てください。
実行委員会の連絡先アドレスは
E-mail:office@flute-academy.netです。
申し込みはウェブサイトhttp://flute-academy.netでできます。

楽しく中身の充実した夏にできたらと思います。
たくさんの参加、お待ちしております!!

May 28, 2010 in お勧め!!, お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 音楽 | | Comments (10) | TrackBack (0)

Mar 27, 2010

九州ギターコンクール速報!!

コンクール狙っている老若男女の皆様、
あと八ヶ月、今からならまだ間に合いますよ!!
九州ギターコンクールは歴史のある
厳正な審査の行われるコンクールです。

*第56回 九州ギター音楽コンクール(2010年度)*

第一次審査/2010年11月6日[土]※一次審査は非公開
会場●福岡市:会場未定 

課題曲A●M.カルカッシ
  :25の練習曲より「第7番イ短調」「第16番ヘ長調 」
課題曲B●A.バリオス・マンゴレ(J.ベニーテス版~全音楽譜)
  :大聖堂~第二楽章 "Andante religioso"

第二次審査/2010年11月7日[日]
会場●福岡市:大博多ホール

課題曲A●M.カルカッシ
  :25の練習曲「第7番イ短調」「第16番ヘ長調 」
    のうちどちらか一曲
課題曲B●A.バリオス・マンゴレ(J.ベニーテス版~全音楽譜)
  :大聖堂~第二楽章 "Andante religioso"
課題曲C●M.ジュリアーニ
  :スペインのフォリアによる主題と変奏Op.45
   (リピートあ り)

本選/2010年11月7日[日]
会場●福岡市:大博多ホール

課題曲A●J.S.バッハ
   :プレリュード、フーガとアレグロBWV998
課題曲B●F.ソル
   :「私は羊歯になりたい」による変奏曲Op.26
課題曲C●F.M.トローバ
   :マドロニョス
自 由 曲● ギターのためのオリジナル作品でも、
     編曲作品でもかまわない。
     また、作曲 年代は問わない。

※本選各曲の版は自由
※本選各曲のリピートは自由
※本選全体の演奏時間は25~30分
※本選自由曲の楽譜を提出すること
 
応募方法
~申し込み用紙に必要事項を記入の上、
「参加料 ¥15,000」とともに、
現金書留で郵送のこと (※申込用紙は九州ギター
音楽協会ホームページよりPDFファイルにて
ダウンロードするか、コンクール事務局まで
お問い合わせください。)

◎参加料=¥15,000
◎締め切り=2010年9月30日(当日消印有効)
◎応募先=
  〒810-0021 福岡市中央区今泉2丁目4-58
         藤和今泉コープ 1F
  (株) フォレストヒル 気付
   九州ギター音楽コンクール事務局(中野義久)
  Tel. 090-9608-2737(中野)/
  Tel. 092-715-3822(フォレストヒル)
  e-mail info@kyusyuguitar.org
◎賞金(予定)= 
   一位/30万円 二位/10万円 三位/5万円 
◎審査員=藤井眞吾(審査委員長)三浦宣明(指揮者)
     澄川孝子(声楽家)夏川由 紀乃(ピアニスト)
     九州ギター音楽協会理事/関谷静司(会長)中野
     (副会長)藤野新一(理事)

March 27, 2010 in お知らせ | | Comments (184) | TrackBack (1)

Dec 17, 2009

STBもおわり・・・

先日のSTB、ゲストのアリエルさんと気持ちのよい
音楽の時間を過ごさせていただきました。
押尾コータローさんからお花いただきました!
恐縮です、有り難うございました!

Rimg1021


091215_224001


そしてSTB翌日は「藤木大地withフレンズ」の
リハと2月発売の「Pen」取材、そして
作曲家渡辺俊幸さんとの新曲の最終チェック。
曲に対して胸の中につっかえていたものが
作曲者本人との対話で一気にスッキリしました。
有り難うございました!


091217_173001

December 17, 2009 in お勧め!!, お知らせ, イベント, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (5) | TrackBack (0)

Dec 14, 2009

明日はSTB!その前に事業仕分け!!

明日は六本木STBでコンサートなのですが、
今、日本では信じられない事が起きています・・・。

締め切りは明日。
もし芸術を伝えていく事に賛同してくださる方、
日本をつまらない国にしたくない方、
メールを一通書いてください!!

それにしても海外研修の派遣採択で毎年150人
選ばれることが「多すぎる」とはどういう事か?
音楽家に限らず、ほかの芸術全般で物事を考えると、
それでも少ないはず。
何にも分かっちゃいない?
ちょっとここの4と5の「評価コメント」見てください。
http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/sassin/1286925.htm

それにこの一文「芸術は自己責任。日本独自の
洗練された文化レベル・芸術性が通用するのであれば、
しっかりしたマーケティングで興行可能」
・・・これはもう完全に
「勝手にリュウガクでもコンサートでもやってろ。」
とでも言われているような扱い。

いま世の中に出ている第一線の芸術家で、
国の援助のおかげでここまで来られた人は
数えきれないと思います。
それを更に高め、伝え繋げていくためにも
国が助けるという事は欠かせないのではないでしょうか?

私の留学していたパリ・コンセルヴァトアールは
外国人の私でさえフランス国からの援助金が出て
本当に助かりました。
しかしその状態でも自分に必要な楽譜や
耳を養うためにコンサート通いをしたりしていると
お金はなくなり、毎日一食しか食べられず、
それも白米もしくはパスタに塩だけ、という感じの
食生活の時期もあったのです。

事業仕分け人の「お偉いさんたち」は、
芸術とひとくくりにしているけれど、
はたして芸術と言われるすべてのエレメントを
吟味しての発言なのだろうか?
・・・いや、それは「音楽」だけ見た感じだけでも
疑問に思うのだから、明らかに感覚がずれていると思う。

このまま事が進めば、芸術文化は絶滅するでしょう。

それで、私も反対表明しました。

以下、私に送られてきた文です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

音楽仲間からメールが来ました。
「仕分け作業」による、
『本物の舞台芸術体験事業』廃止、
日本芸術文化振興会への交付金圧倒的減額
についての反対表明です。


ご賛同いただける方にまわしていただけると助かります。
以下のフォーマットをお使いください。
よろしくお願いいたします。


Subject: 助成廃止反対

緊急のお願いです。

 事業仕分けにおいて文化関連予算がバッサリ切られました。
特に、子供たちを対象とする『本物の舞台芸術体験事業』が
廃止、日本芸術文化振興会への交付金が圧倒的減額、と
されたことには強い危機感を持っております。
 『本物の舞台芸術体験事業』は音楽のみならず、
演劇、伝統芸能などの公演を、学校に出向いて
ワークショップを行い、生徒の参加を含めて
体験させるという、大変意義深い事業です。
 天下りによって私たちの税金が巨額の
報酬や退職金になっている事業ならともかく
子供たちの感性を豊かにし、将来の日本を担う
人材を幅広く育てよう、日本の文化活動を底支えしよう、
という事業にまで、費用対効果の理屈一辺倒で切り込んだ
今回の非常識な結論にたいして、ぜひ、事業廃止に
反対する意見のメールを送っていただきたくお願い申し上げます。

 文化庁(文部科学省)の意見募集は期限が
「12月15日」となっておりますので、
ぜひ期限内にお願いいたします。その際、
下記の要領でお願いいたします。
送信先アドレス:nak-got@mext.go.jp
担当官:中川正春・後藤斎
 
●事業番号「4」事業名
「文化関係1−独立行政法人日本芸術文化振興会」


*芸術創造活動特別推進事業助成金についてはこの事業です。
「芸術創造活動特別推進事業助成金の削減・廃止に反対します。」
という一文を入れてください。この一文だけでも構いません。


●事業番号「5」事業名
「文化関係2—芸術家の国際交流(学校への芸術家派遣)」

*本物の舞台芸術体験事業がこの項目です。


「本物の舞台芸術体験事業の廃止に反対します。」
という一文を入れてください。この一文だけでも構いません。
 
・様式は自由、必ず「件名(タイトル)」に
事業番号、事業名を記入して下さい。
※ 署名扱いなので、住所・氏名を入れて下さい。


12月15日〆切です、音楽関係の方に限らなくても結構です。
とにかく文化庁のサーバーがパンクする程のメールを
送信しなければ、このまま日本の芸術は全て
なくなってしまいます。時間がありませんが、
ご協力よろしくお願い致します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・・・以上が送られてきたメールでした。
皆さんのご意見をどうぞ文部科学省へ
メールしていただければと思います。

December 14, 2009 in お知らせ, ニュース, 心と体, 文化・芸術, 日記, 経済・政治・国際, 育児, 音楽 | | Comments (27) | TrackBack (1)

Nov 28, 2009

神在月の出雲

明日は加茂文化ホール「ラメール」にて
フルートの瀬尾和紀さんとの
デュオ・コンサートです。

主催してくださるラメールのTさん。
お世話になります!

Img_0054


パリ在住の瀬尾さんとはなかなか
共演する機会が無いのですが、
久しぶりに会って合わせをすると、
やはり十年来のデュオの感覚が戻ってきて、
「そう、これが瀬尾さんだ!」みたいな
手応えならぬ耳応えがあります。
やっぱりすごいフルーティストです。
うまいなぁ・・・

Img_0055_2

明日はマチネなので早寝せねば!
おやすみなさい〜。


November 28, 2009 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (9) | TrackBack (0)

Sep 18, 2009

藤木大地 with フレンズ

藤木大地 with フレンズ
今日藤木大地さんと打ち合わせしてきました。
「藤木大地withフレンズ」がクリスマス翌日、
宮崎の県立芸術劇場で開催されます。

藤木さんは私と同郷の宮崎県出身!!
宮崎弁で話せる数少ない音楽家の一人です。
そして、たいへんな情熱を持った素晴らしい人物です。

このコンサートには他にもピアノの松本和将さん、
元ライオンキングの宇都宮直高さんが出演します。

沢山の方に聴いていただきたいので、
学生席もしっかり用意している様です!!

宮崎にお住まいの方はもちろん、宮崎に親戚や
知り合いがいるとか、友達の友達が宮崎人だとか、
もちろん県外の方もぜひ、おでかけください!!

今日彼と話をしていたら、どんどん楽しくなってきて、
早く誰かに伝えなくてはと思ったのでした。

【公演日】2009年12月26日(土) 
       開場/17:45 開演/18:30

【会場】 メディキット県民文化センター
   (宮崎県立芸術劇場)アイザックスターンホール 

【料金(税込)】全席指定 3000円 / 
     学割(小学生~大学生)1500円
※学割は、入場時に学生証の提示をお願いします。
なお、中学生以上のお客様で学生証の提示が無い場合は、
学割での入場をお断わりする場合があります。
あらかじめご了承ください。

【発売日】2009年9月5日(土)
 
【発売所】
・メディキット県民文化センターチケットセンター
・西村楽器店
・宮崎山形屋
・宮交シティ
・ボンベルタ橘
・チケットぴあ  0570-02-9999【Pコード323-330】

【問い合わせ】 宮崎県立芸術劇場 0985-28-3210

【主催】財団法人宮崎県立芸術劇場

【協力】MRT宮崎放送

September 18, 2009 in お勧め!!, お知らせ, 人物, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (4) | TrackBack (0)

Jun 16, 2009

楽譜ついに出版「風の道」

楽譜ついに出版「風の道」
6月21日大分公演ではCDの横に
この楽譜が並ぶかもしれないそうです!
フォレストヒル・エディションからの
出版です。

アリエルの事なのですが、なんだか
自分の事の様に嬉しいです。
たくさんの方に弾いて貰えたら嬉しいです。

さて、今日は西宮で弾いて来ます〜。

June 16, 2009 in お勧め!!, お知らせ, 文化・芸術, 日記, 音楽 | | Comments (13) | TrackBack (0)

Aug 22, 2008

メッセージ・・・!!

8月28日、庄内国際フェスティバル
響ホールでのジスモンチアーナ日本初演によせて、
作曲家ブローウェル本人からメッセージが届きました!
作曲者自身からの言葉が一番強いですね。
以下福田進一師匠ブログと全く同じ文章です。


「ジスモンチアーナ」の日本初演によせて
                        
 レオ・ブローウェル

エグベルト・ジスモンチと、
私がクリエイトするサウンドとは、
一見かけ離れているように感じられる
かもしれません。が、このブラジルの
生んだ巨匠の作品を題材にして
作曲することは、困難ではありませんでした。
我々は根源的には、まるで兄弟のように
共通のエッセンスを持っていますし、
彼を独奏者(ピアノあるいはギターの)とした
オーケストラ曲の伴奏指揮を経験し、
その驚異的な即興を目の当たりに
したこともあって、当然のように私は
この作品を一気に書き上げることが出来たのです。
ブラジル人の根底にある精神の深みは
20世紀前半に活躍したカマルゴ・ガルニエリ
またはエイトル・ヴィラ=ロボスの
作品に見てとれますが、こんにちそれを
純粋に継承しているのはジスモンチただ一人。
マトグロッソ州、北方(ノルデステ)、
リオ・デ・ジャネイロ、アマゾン、
様々な言語社会と外界から隔絶した
代わりようのない自然環境が巨大な
ブラジルを形作り、そこから
偉大な音楽家が生まれるのです。
音楽が受け継がれていく現象は、
ファリャなどのスペインの作曲家にも
起こりました。が、ここで重要な点は、
それが単なる先駆者の「模倣」ではなく
「継承」であることなのです。
ジスモンチは後継者のいない状態から、
突如20世紀の終わりになって出現した
真の継承者と言えるでしょう。
この作品の日本初演は、山形交響楽団と
マエストロ飯森範親をバックに、
エドゥアルド・フェルナンデス、福田進一、
大萩康司、松尾俊介という最高レベルの
プロフェッショナルな
ギター・カルテットによって行われます。
皆さんは、ジスモンチの最も衝撃的な
5つの作品を聴くことになるでしょう。


*写真はキューバのアブダラスタジオで
録音(2005年時)する前にスタジオのテラスで
練習している筆者・・・。
No3imgp0147

August 22, 2008 in お勧め!!, お知らせ, 人物, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (9) | TrackBack (0)

Aug 21, 2008

おめでとう!!

おめでとう!!
昨日は軽井沢大賀ホールで林美智子さんの
New CD「地球はマルイぜ」←クリックしましょう。
発売記念コンサートでした。

CDで一緒に録音している野平一郎氏とのデュオコンサートで、
プログラムの中にある「○と△のうた」では、
パリのコンセルヴァトアールでも同じ時期の
学友であるヴァイオリニストの加藤えりなさんが参加、
そして、すごい盛り上がりで本編が終わって
アンコールのときに、私がひょこっと出て来て
「MI・YO・TA」と「小さな空」を
共演させていただきました。
まさしくこないだのSTBのコンサートでのサプライズと
逆バージョンです(笑)

いゃ〜、あの会場が暖まりきったところに
出ていきなり演奏するのは相当緊張しましたが、
良い会になって本当に良かったです!!

良かった良かった!!!!!

・・・さて、今日は庄内のリハで都内に戻って・・と。

August 21, 2008 in CD, お勧め!!, お知らせ, 人物, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (10) | TrackBack (0)

Aug 19, 2008

面白そう!!

今日、庄内フェスティバルの
プログラムが届きました。

26日の巨匠デュオはもちろん聴きにいくし、
28日のコンチェルトは日本初演の
「ジスモンチアーナ」はもちろん、
とにかく生でなかなか聴けないコンチェルトも
あるので、聴きたい!
・・・けど舞台にいるので客席で聴けない・・・(笑)
そしてクライマックス最終日のガラコン、
こないだ共演させていただいた沖仁さんも
出演されるので、最後まで残って聴きたい!!
(最後まで自分も演奏あるから絶対いることになります・・)

以下、そのプログラムです。
27日の「大萩康司と仲間たち」コンサートは
きてからのお楽しみということで・・・
(しかしこの日は満席の様なので入れないかも・・・)
--------------------------------------------
庄内国際ギターフェスティバルin響
HPからチケット購入可能
http://shonaiguitarfes.com/index_j.html

会場:庄内町文化創造館 響ホール
山形県東田川郡庄内町余目字仲谷地280
お問い合わせ:事務局 tel.0234-42-3040


----------------------------------------
8.26[Tue] 開演6:30pm
響大ホール 全自由席 ¥3,000
福田進一&フェルナンデス DUOリサイタル
出演…エドゥアルド・フェルナンデス、福田進一

Program
●ジュリアーニ:協奏風変奏曲 op.130
●ハイドン(フェルナンデス 編)
    :弦楽四重奏曲 op.42(ギター二重奏版)
●トロイロ:ラ・トランペーラ
●コビアン:酔いどれ達
●フェルナンデス:アストール・ヴィジッツ・エイトール
●藤井眞吾:ラプソディー・ジャパン(2008)

----------------------------------------
8.28[Thu] 開演6:30pm
響大ホール 全自由席 ¥4,000
山形交響楽団特別演奏会 ギター協奏曲の夕べ
出演…飯森範親指揮 山形交響楽団、
   E.フェルナンデス、福田進一
   大萩康司、松尾俊介、葉 登民、李 成雨、沖 仁

Program
● ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
Guitar 福田進一

●ブローウェル (1939-)
    :ジスモンチアーナ(2004/日本初演)
Guitar E.フェルナンデス、福田進一、
         大萩康司、松尾俊介

●千住 明 (沖 仁&千住 明 編曲)
    :巡礼紀 NHK大河ドラマ「風林火山」より
Guitar 沖 仁 Jin Oki

●ロドリーゴ:アンダルシア協奏曲
Guitar E.フェルナンデス、李 成雨、
        葉 登民、福田進一

----------------------------------------
8.31[Sun] 開演2:00pm
響大ホール 全自由席 ¥3,000
ファイナル・ガラ・コンサート

出演…福田進一、E.フェルナンデス、
葉 登民、李 成雨、大萩康司、金 庸太
池田慎司、L.ブラーボ、
藤井眞吾指揮庄内国際ギターオーケストラ 

《ソロ》
●葉 登民 呂昭玄:柳の木&故郷
●金 庸太 韓国民謡(金編曲):アリラン
●松尾俊介 レオ・ブローウェル
       :HIKA〜武満徹の思い出に

《カルテット》
●リブラ・ギター・カルテット 
      M.D.プホール:陰と陽

《ソロ》
●E.フェルナンデス
E.ファビーニ(フェルナンデス編):トリステ第1番
C.ティラオ:ドン・タコのミロンガ

《カルテット》
●E.フェルナンデス、福田進一、大萩康司、池田慎司
D.ミヨー(野平一郎編):スカラムーシュ op.165

《協奏曲》
●天使の協奏曲(藤井眞吾)


これは一聴の価値ありフェスティバル!!
自分自身客席で全部聴きたいです
(出演するので客席では無理)。。。

いらっしゃる方は、私の代わりに
聴いて楽しんでください・・・

*写真はまぎれもなく主役のマエストロたち!


2008081816480000

August 19, 2008 in お勧め!!, お知らせ, イベント, ニュース, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (4) | TrackBack (0)

Aug 17, 2008

軽井沢

軽井沢
空気の綺麗な緑に囲まれたホールでのコンサート、
良い環境で演奏させていただきました。

天候にも恵まれ、マチネにしては重いかなと思われる
プログラムでしたが、暖かいお客様に囲まれ
思いきり弾く事ができました。
ありがとうございます。

今度は庄内フェスティバル、いや、その前に・・・

August 17, 2008 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記 | | Comments (13) | TrackBack (0)

Aug 15, 2008

KARUIZAWA ARTS FESTIVAL 2008

KARUIZAWA ARTS FESTIVAL 2008
明日の12時から軽井沢大賀ホールにてリサイタルです。
ガルデル、ピアソラ、ヒナステラ、アッセルボーン
全てアルゼンチンの作曲家によるプログラムにしました。

もしお時間ありましたらどうぞ!

August 15, 2008 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 音楽 | | Comments (8) | TrackBack (0)

Aug 06, 2008

溢れんばかりの

溢れんばかりの
元気なチビッコに囲まれたコンサート会場は、
今までに味わったことのない新鮮さを感じました。
同時に懐かしさも覚えました。
私自身小さい頃から音に対しての興味はあり、
母に連れられて行ったフラメンコの舞踏や和太鼓、
人形劇(これには異常なハマり方でした)の時を
思い出しました。

やっぱり覚えているものですね、
記憶とは面白いものです。

その時に得た感情(太鼓の音圧による振動が
怖くて泣いたり、幼稚園児ながらも激しく床を
蹴りながら真っ赤な衣装で凛として踊っていた
フラメンキスタにドキドキしたり・・・
と、感動よりは興奮に近いのです)が、
のちのち自分自身の生活に生かされて行って、
その後の音楽人生にまた還元されていったのでしょうか・・。


なんて考えていると、うちの親は結構芸術に対しての
理解が最初からあったのかなと今更ながら
思わせてくれた一日でした。
父からは絵画や釣りを学んだし、
母からは最初の手解きだけでしたがギターと
習字(これはしっかり先生と生徒として)を。


このブログをみてくださっているチビッコの
お父さま、お母さま、明日も子供の城でやってますので
良かったらどうぞ!!

August 6, 2008 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 育児, 音楽 | | Comments (8) | TrackBack (0)

Aug 04, 2008

30.1度

30.1度
クーラーも扇風機も全くない東京の夏を過ごしています。

この温度は練習部屋の温度です。
30.1度の空気の流れない密室で
ヨガや太極拳、また有酸素運動を
しているような感じです。


明後日は青山円形劇場でのコンサート。
ヴァイオリンの奥村愛さん、
サキソフォンの須川展也さんとのコンサート
「キッズのためのはじめての音楽会」。
涼しい顔で弾きたいと思います・・・

August 4, 2008 in お知らせ, エコ, スポーツ, 心と体, 日記 | | Comments (13) | TrackBack (0)

Aug 01, 2008

マリンビストの三村奈々恵さん

マリンビストの三村奈々恵さん
八月末のラジオの収録してきました。
まるでどこかで茶飲みながらはなしているような、
リラックスしてお話できました〜。

August 1, 2008 in お知らせ, 人物, 文化・芸術, 日記, 音楽 | | Comments (15) | TrackBack (0)

Jun 18, 2008

STB予告

STB予告
明日から二日連続六本木STBにてライブをします。
よく夏のSTBには嵐や台風が来るのですが、
今年はどうでしょうか・・・(汗)

プログラムは初日がソロで、びっくり企画もあります。
「言ったらダメです!」と言われているので
何かは言えないのですが・・・

プログラムは武満徹ポピュラーアレンジ集
「12の歌」から、去年末に所沢ミューズで弾いた
金子仁美作曲「リーベの塔」、後半には
アリエル・アッセルボーンの新曲「老いた賢者」「風の道」
ヒナステラ「ソナタ」などを弾く予定です。
もちろんガルデルの「想いの届く日」も弾きます。
そしてアンコールに・・・!!
ここを言ってはいけないんです・・・


そして二日目は小沼ようすけさんとのデュオ。
いままで聴いたことのある曲が二人で弾くと
どんなに変化して行くのか、楽しみです。

両日とも、当日券発売あるようです。
ご飯も美味しいし、雰囲気もちょっと
大人な感じで好きです。
お気軽にどうぞ!

June 18, 2008 in お勧め!!, お知らせ, 人物, 文化・芸術, 日記, 音楽 | | Comments (27) | TrackBack (0)

May 22, 2008

林 美智子さんとレコーディング

メゾ・ソプラノの林 美智子さん
8月20日にリリース予定の新譜CDに
三曲!!参加させていただきました。

林さんの、澄んでいてどこまでも届く
存在感のある歌声と、
野平一郎氏、野平多美氏の美しいアレンジで、
武満徹歌曲が更に立体的に見えてきました。
私はスタジオでただただ彼等の音楽に
囲まれながらギターと一緒に贅沢な時間を
いただいた、という感じです。
録音経験も少しずつ増えてきましたが、
歌の伴奏の録音は初めてだったので、
学ぶ事が沢山ありました。

尊敬する音楽家と仕事ができる、
それは音楽が好きで、
それに携わる仕事ができて、
「良かった!!」と心の底から思える
出来事です。

P1000091_3


May 22, 2008 in お知らせ, 文化・芸術, 日記, 音楽 | | Comments (8) | TrackBack (1)

May 12, 2008

庄内国際ギターフェスティバルin響

コンサートも楽しみですが、
ここでの公開レッスンも白熱しそうです。
私も講師として参加します。

ギター大好きなちびっこ、
ギタリストを目指す少年少女、
ギターを愛奏する大人の皆様、
レッスン受けたい方は以下のサイトの
中央右側にあるオレンジ色のギターの形のところ、
または最上段のメニューのなかの
「ミュージックキャンプ受講・聴講生募集」から
登録してください!!
早い者勝ちです。
・・・もちろん書類、音源審査ありますけれどね。
http://shonaiguitarfes.com/index_j.html

ギター聴く専門の方も、
充実した内容のコンサートが揃っているので、
楽しいと思いますよ。

参加お待ちしております。


200292


May 12, 2008 in お勧め!!, お知らせ, イベント, 文化・芸術, 旅行・地域, 音楽 | | Comments (11) | TrackBack (0)

Apr 23, 2008

「おはぎとおみち」

「おはぎとおみち」
今年10/2にハクジュホールで行われるコンサート、
メゾソプラノの林 美智子さんとのデュオです。
そのコンサートの広告のための写真撮影を四月某日、
これもハクジュホールでしてきました。

もうチケット販売してるのかしら?
とっても内容の濃いプログラムで、楽しみです。
是非聴きに来てください!

詳しくは・・・どこを見たらよいのでしょうか??

April 23, 2008 in お勧め!!, お知らせ, 文化・芸術, 日記, 音楽 | | Comments (4) | TrackBack (0)

Apr 10, 2008

明日

菊地裕介氏の演奏会があります。
先日大田区のコンサートにも行ってきましたが、
やっぱり彼の演奏はまた聴きたいのです。
しかも今度は全曲メシアンプログラム!

・・・ただ明後日は自分の演奏会もあるので、
聴きに行くために空き時間で沢山練習しておかなくては!

沢山の人にこのコンサートを聴いてもらいたいです。

・・・いや、別に私は彼のマネージャーでも
熱烈なおっかけファンという訳でもないのですが、
せっかくこういう意欲的なプログラムならば
聴いてみたいと、ただ純粋に思うのです。


● 2008/04/11(金) すみだトリフォニー小ホール 18:30~
「メシアン生誕100周年記念企画 」
幼な児イエズスに注ぐ20の眼差し 全曲演奏会

3925213_1374864613

April 10, 2008 in お勧め!!, お知らせ, 文化・芸術, 音楽 | | Comments (12) | TrackBack (0)

Mar 19, 2008

「想いの届く日」リリースです。

Vicc60640


やっとリリースです!

初回限定版に入っているDVDは、
一曲目L.ブローウェルの「11月のある日」→2000年、
二曲目R.ゲーラの「その明くる日」→2001?年、
三曲目武満徹の「島へ」→2004年に撮った
PV(プロモーション用のビデオ)です。
だから、かなり若い時の映像と演奏ですが、
どうかこれは私の二十代の最後のアルバムという事で
許してあげてください(笑)

ちなみに撮った場所は一枚目はビクタースタジオや
ハバナ旧市街の中、二枚目はパリのオペラ座の近くと
サン・ミッシェル教会の近くのセーヌ川沿いと
ブロン・モントー教会の中、三枚目は沖縄本島の
古民家と中城村、大城にある中城城跡。

・・・結構凝ってるんです。
だからこのままお蔵入りはもったいないという事で
このたび日の目を見る事となりました。

CDの方は2007年の録音なので、
最近の演奏です(当然ですね・・笑)。
けれど、それぞれの曲については
新しいアイデアが既に湧いて来ており、
自ら自分のCD聴くと、「今ならこう弾くだろうな」
という聴き方してしまいます。
けれど、その時のベストの演奏なので、
是非たくさんの人に聴いていただきたいですsun

March 19, 2008 in CD, お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記, 趣味, 音楽 | | Comments (42) | TrackBack (0)

Feb 18, 2008

第18回出光音楽賞、受賞。

最初は留守番電話でこのニュースを聞いて、
その時は、びっくりした喜びを
誰かに伝えたくてもまだ公には
発表できなかったのですが、

昨夜この知らせが文書で届いて、
その時点でオープンにできる事になりました。

去年は8月にあった
ハクジュホールでの「スペイン」を
テーマにしたギターフェスティバルで
チェンバロの曽根麻矢子さんと
「ロドリーゴのルーツを探る」という副題で、
「ある貴紳のための幻想曲」を
演奏する試みが出来たり、
12月には所沢ミューズの企画で
四人のギタリストがそれぞれ四人の
作曲家の新曲を世界初演する
(私はホール委嘱の金子仁美さんの作品と
個人的に委嘱したアリエル・アッセルボーンさん
作品を演奏)という画期的なコンサートも実現したし、
クリスマスのコンサートにはパルテノン多摩
フルートの藤井香織さん、ヴァイオリンの
鍵冨弦太郎さんをゲストに
なかなか聴かれることの少ない
ジャック・ボンドンのトリオも演奏できました。

これらはすべて主催してくださった
ホールの方々の、音楽に対しての
熱意とご理解があったからこそ出来た
コンサートなのです。
そして、そのコンサートに来てくださった
皆様にお礼の報告をしたかったのでした。

「有り難うございます!!」

これからも常に高いモチベーションを持って
音楽に身を投じて行きたいと思います。


あ〜すっきりした・・・。


P1010204_2

February 18, 2008 in お知らせ, 文化・芸術, 日記, 音楽 | | Comments (43) | TrackBack (0)

Jun 18, 2007

九州ギター音楽コンクール速報!!

十五年前は私も受けました。
このコンクール、「九州」と書いてあるけれど、
応募は全国区からされるようです。

今年は私、大萩も審査員として初めて
席に座って審査する事になりました。
どんな若きギタリストが演奏しにやってくるのか、
その彼らとギター談義もできるでしょうから、
面白い事になるでしょう。

演奏家になるには、沢山の人に聴いてもらうことが
大切だと思います。
11月3日、福岡大博多ホールで聴けるのを
楽しみにしています!!

☆詳細はこちら☆
《九州ギター音楽協会》の HP が
あらたに開設されたようです。今年のコンクールの
日程、会場なども変更になったそうですので、
参加予定の方は要項の書かれたHPを必ずご覧下さい!
http://kyusyuguitar.org/
応募締め切りがもうすぐ、6月27日消印有効のようです。

June 18, 2007 in お知らせ, 文化・芸術, 音楽 | | Comments (1820) | TrackBack (0)

May 14, 2007

仙台、盛岡プロモーション

朝七時半の新幹線で仙台へ。
ついたとたんに怒濤のプロモーション活動!!
合計約二十カ所の新聞、雑誌、ラジオ番組、テレビ番組を
「分刻み」のスケジュールで回ってきました。

Iso2022jpbgyrcjv8lzse8jtglqyuvjs8laye8jt_4
Date FM板橋さんの番組で


Photo_8
こんな広い空間での取材もあり、、


Photo_9
仙台放送では梅島アナのインタビューもあり、、、


Photo_10
途中でNHK仙台では岩本アナに
宮崎のマンゴー「太陽のたまご」を
差し入れしていただいたり、、、、
(これ一度はお召し上がりください!美味です)


Photo_11
私のしゃべりで、Djも経験しました・・・。


当然ながら、この一泊二日はまるまる
取材、収録、生放送などで練習する暇なんて
なくなってしまうのですが、何十年も先のことを考えると、
「クラシックギター」という、すごく面白い楽器が
「芸術文化」として皆さんに認識してもらえるように
なるためにも、まずたくさんの方に聴いていただかねば、
と思うのです。

スポーツでは野球ならメジャーリーグで毎日のように
試合の様子が分かるのに、音楽では公演の様子なんて
足を運ばない限りなかなか知ることができません。
全く別の物なので、同じ環境である必要は無いのですが、
自分自身、音楽、ギターと出会って得た経験、人との出会い、
感動は本当に宝物なので、いろんな方にそのきっかけになるような
ことができたら、良いなと単純に思うのです。
このブログ同様、情報や意見を発信できる場所は
自分にとって貴重であると思っています。

よくコンサートでも「初めてギターの音を生で聴きました☆」
とおっしゃる方がいる、ということは、それだけ
知りたくても、キャッチできできていない人がいたということです。
それならプロモーションする価値は充分にあると思います。

今回の仙台、盛岡公演は、Welさんの
主催で実現します。
この現実化までの経緯も面白くて、以前仙台の電力ホールで
フルートの瀬尾和紀さんとコンサートをしたときに
たまたま来てくださっていたWelの方が、私のレコーディング
ディレクターと知り合いで、「やりましょうか!」と
お話が進んだのでした。

世の中広いようで、どこかで必ず繋がっているようですね・・・。


Nec_1221_1

May 14, 2007 in お知らせ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記 | | Comments (47) | TrackBack (2)

Jan 19, 2007

出来上がり!!

出来上がり!!
9日のコンチェルトが終わってから、ひたすら
新譜CDの編集作業でほとんどギターを
触れませんでした。そろそろ禁断症状が
出て来ています。笑

しかし今回のCDも、今現在の自分の持っている
「ちから」全てが凝縮されたものになりました。
早く皆様に聴いていただいて感想を
聴かせていただけたらと思います。

今日はそのできたてほやほやのCDを流しながら、
年末にできなかった大掃除でもしようかと思います・・・。
いろいろやらなきゃいけないことをすべて
そっちのけで没頭していたので、いろんな方々に
迷惑をかけています。ごめんなさいm(_ _)m
この場をかりてお詫びします・・・

ギター弾くのは掃除が終わってから・・・
・・いつ終わるやら(汗)

January 19, 2007 in お知らせ, 実況中継, 文化・芸術, 日記, 音楽 | | Comments (38) | TrackBack (0)

Dec 30, 2006

年越しそば

年越しそば

明日大晦日はジルベスターコンサートで、
蕎麦を食べる暇はないので、今日のうちに
年越し行事をすることにしました。

JR市ヶ谷駅をおりて靖国神社方面の坂を
上がって行き、麹町郵便局の先を右折、
それから二つ目の角を左にゆっくり歩いて行くと
「大川や」の看板が見えて来ます。

引っ越す前に住んでいたところから歩いて
10秒くらいの場所だったので、留学から
帰って来たばかりで勇気を出して一人で
初めて入るお店を探していたところ、
すんなり入れた唯一のお店でした。

そこで食べた鴨せいろの感動は、お汁に浸す前に
蕎麦のみを口に入れた瞬間のほのかな香りから始まり、
後味のすっきりしたお出汁、鴨の挑発するかのごとく、
噛んだ直後に悩殺されるジューシーなその
肉汁、「君はそこにいたのか!?」と
懐かしむ様に頬張ると「わたしはずっと
ここに居たのよ♪」と優しく舌にタッチしてくれる葱。
なるほど、その全ての均衡を保つことによって
この見事な食物四重奏を奏でていたのか・・・
と思いきや、実は、そのお出汁を蕎麦湯で
飲み干した暁には、お椀の底に、ひっそりと
佇む柚の皮が、お椀の中の皆の良さを
知っている唯一の友であり、
支えてくれた立役者だったのです・・・。

・・・というわけで(?笑)、皆様、良い御年を!!

2007年もどうぞよろしくお願い致します。

December 30, 2006 in お知らせ, 文化・芸術, 日記, 映画・テレビ | | Comments (37) | TrackBack (0)

Dec 26, 2006

六本木STB

六本木STB

今日の八時からライブ始まります!
当日券もあるようですので、これからでも間に合いますよ。

本日のスペシャルゲストのフルーティスト
斎藤和志さんがギターを・・・!?

とっても楽しみです。

December 26, 2006 in お知らせ | | Comments (11) | TrackBack (0)

Nov 28, 2006

録音終わりました!!!

録音終わりました!!!

リリースは二月の予定です〜。
内容はブラジルもの、そして
ベルギーのギタリスト兼作曲家、
ボリス・ガケールとのデュオも
録音しました!

November 28, 2006 in お知らせ, 日記, 音楽 | | Comments (20) | TrackBack (0)

Jun 15, 2006

iTunes Music Store

ボゴタ話は如何でしたか?
写真は私が撮ったものなので
見辛いものも有ったかと思います。
まぁ、これに関しては
プロフェッショナルではないので
お許しを・・・(笑)


さて、とうとうiTunesで
私の演奏した曲達が
配信される事になりました。
このiTunesは、一曲一曲
選んで購入出来るから
便利です。

便利な世の中です・・・。

Imgp0242これはカナダに行った時の
市場にあったイチゴ。
上手に積んでます。

June 15, 2006 in お知らせ | | Comments (20) | TrackBack (0)

May 04, 2006

J‐WAVE

申し遅れましたが、昨日からJ-WAVE 81.3にて、
先日カナダ・ブリティッシュコロンビア州へ
旅して来た模様が放送されています。


J-WAVE 81.3FM Golden week Special
BRITISH COLUMBIA PRESENTS
『MARBLE PALETTE』
May 3rd / 4th / 5th 2006
18:00 - 19:55


ナビゲーターはクリス智子さん、
http://blog.streaming.jp/user/christomoko/blog/
(クリスさんのブログ)
旅人はNew Yorkと東京を行き来しながら
活動しているアーティスト、
坂本美雨さんと、私オオハギです。
http://blog.excite.co.jp/miuskmt/(坂本さんのブログ)
演奏以外の目的で旅することはめったに無いので
この時ばかりは楽しむ事に集中していました・・・。

ホームページも充実しているらしいのですが、
家のMACでは沢山撮った写真を見る事が出来ません・・。

http://www.j-wave.co.jp/holiday/20060503_sp/

写真は何と坂本美雨さんが撮って下さったもの!
BC(ブリティッシュ・コロンビア)ロールの
入ったお弁当箱を持っています。
おっちょこちょいなことにクリス智子さん達と
一緒に携帯写真で撮ってもらうの忘れていました(笑)。


一人だけで少々さびしいとです・・・。
J‐WAVE

May 4, 2006 in お知らせ | | Comments (41) | TrackBack (2)

Apr 20, 2006

鮭の稚魚と森

鮭の稚魚と森

鮭の稚魚と森

カナダのバンクーバーとウィスラーに
J-WAVEの特番(ゴールデンウィークの夕方6時頃
から流れるらしい)の収録の為に行ってきました。
何故にラジオで海外? よく分からないけれど
きっと本編を聞いたら分かることでしょう。

自然がとっても美しい国でした。
森はどうやってできているのか、
その仕組み一例一例を丁寧に森の中で
実例をあげて説明していただいて改めて
自然の厳しさとバランスのとれた生態系の
それぞれの役割に感心したり、
かと思えばスノーモービルやスノーシュー、
MTBダウンヒルを体験させていただいて
興奮したりほかにも盛り沢山でした。

今回の旅はコンサートのためではなかったけれど、
こういう機会はなかなかないでしょうから
良い経験になったと思います。
全く違う世界に生きている方の
お話も聞くことができて刺激にもなったし。

2010年冬季オリンピックの頃には
更に開発された国になるのでしょうね。
生まれて初めて「スキー場」に行きましたが、
持っていたものがスキー板でもスノーボードでもなく、
ギターだったのがとても滑稽に思えました。
やっぱりそれぞれの場所に合ったものがありますね。
森林限界近くまでロープウェイで
ギター持ってあがった人もそう多くはないでしょう。

次回は人生初のスキーなど楽しみに
行けたらいいなと思いました。
イアンさんデザインのMTB「CHROMAG(クロマグ)」
も本気で欲しくなりました・・・。
楽しいことに強く影響受けやすい体質のようです(笑)

April 20, 2006 in お知らせ, エコ, 旅行・地域, 自然 | | Comments (7) | TrackBack (1)

Feb 21, 2006

スタジオにて

CD編集ルームとビクタースタジオです。

ここで毎日いろんなジャンルのいろんな音楽家の音源が生まれています。

今日の編集しているものは・・・・・春にお目(耳?)にかかれるそうですよ。

060221_112001.jpg


060221_124601.jpg

February 21, 2006 in お知らせ | | Comments (4) | TrackBack (0)

Feb 07, 2006

名古屋ブルーノート

今日、明日(7日、8日)と二日間はジャズギタリストの小沼ようすけさんをゲストに迎えて名古屋ブルーノートでのライブ(場所柄コンサートと言う雰囲気ではないですね)です。
去年の春には渡辺香津美さんと福岡のブルーノートで共演させていただきましたが、また全然違うアプローチで今回は演奏できそうです。

小沼さん、リハーサルでは休憩中にギターでバッハのインウ゛ェンションとかチラッと弾いたりして、かと思えばタック・アンドレスのフレーズやったり、面白い!!「巧ゃ〜(うみゃ〜)」です。

今名古屋に向かっている最中ですが、とっても楽しみです。チケットまだあるかな(要確認)。ご興味ありましたらどうぞ。

February 7, 2006 in お知らせ | | TrackBack (4)

Dec 15, 2005

ご招待

このページの左下に、今度の12/24、浜離宮でのコンサートへご招待のお知らせが出ていますね。ペア二組で4名様、恋人同士で行くも良し、友達同士で行くも良し、親子で行くも良し、知らない人同士で行くも良し(?)
とっても寒い日が続いていますが、暖かくなれるようなコンサートに出来たらと思います。どうぞご応募してみてください。

December 15, 2005 in お知らせ | | TrackBack (2)

Nov 18, 2005

北九州響ホール

11/18(本日)は北九州国際音楽祭でピアノの松本和将君、フルートの藤井香織さんとのコンサートが響ホールであります。

この北九州国際音楽祭、今回三回目になります。私がデビューするかしないかのときから参加させていただいていました。初めてのときはフルートの瀬尾和紀さんと、二回目は福田進一師匠と。リハーサルは響ホールでさせていただきましたが、響きの美しいホールは弾いていても気持ち良いのでつい沢山練習してしまいます。空港から直行してから6時間くらいは弾いていました。

開演は19:00から。一度で良いから客席で自分の演奏をゆったり座って聴いてみたいです。どんなすばらしいオーディオで聴くCDやLPより「生」を聴きに行くのが好きだから。
勿論すべてのコンサートが良いと言えるわけではありませんが、大当たりのときなんて、その約二時間のコンサートの思い出が、何年経っても心に残るものとして在るのです。6年近くパリに留学していましたが、そこで得た幾つかの感動は今の自分の糧になり、音楽をしていく上での支えになっています。

051117_180402.jpg

November 18, 2005 in お知らせ | | TrackBack (2)

Nov 11, 2005

池田慎司さん

今日11/11は要町GGサロン(http://www.gendaiguitar.com/)で池田慎司さんのコンサートがあります。彼は私の出身である九州は福岡、天神にあるフォレストヒル・ミュージックアカデミー(http://www.foresthill-morioka.com/)での兄貴的な存在でした。もう10年以上の付き合いですが、今でも仲良くさせて頂いています。
まずその地中海のカラッとした気候のようなキャラクターがナイス。一緒に話をしていると、文法とか語学力なんて、もしかしたら必要ないのかも?と、時々錯覚するほど、何かそれ以外で納得させられるチカラを持っていらっしゃる人です。 超能力?? もしくは天然??  ・・・か!?

shinji-ikeda

その日本人なのに「ラテン」な彼が、ブラジル音楽を中心としたプログラム(ヴィラ=ロボス、ジョビン、パウエル、レイス、ペルナンブコ、ガロート、ボンファetc…)で、クラシックギターのコンサートでは数あるホールの中でも一番演奏者と聴衆の熱気が伝わるんじゃないかと思われるGGサロンに来ると言う事なので、是非とも伺いたいと思っている所です。時間は夜の7時から。


・・・と、その前に、私、本日はお昼の一時から早稲田大学で招聘講師として教育学部教授の野谷文昭氏と「ラテンアメリカの文化」公開講義(http://www.waseda.jp/jp/event/ )します。キューバの内容が濃くなる講義になると思います。自分的には、「公開対談&演奏」という気持ちですが、どうなるかは見てのお楽しみです。受講生優先で、学外者はオブザーバーとして聴講できるそうです。お時間あればどうぞ。


November 11, 2005 in お勧め!!, お知らせ, 音楽 | | TrackBack (0)

Nov 04, 2005

2005弦楽器フェア

来る11月5日(土)!(ってもう明日ですね・・・)、東京千代田区北の丸公園の科学技術館で開催されている「2005弦楽器フェア」で8台の新作ギターを使用しての弾き比べミニ・コンサートをします。演奏曲は、本当は同じ曲を違う楽器で演奏した方が違いが分りやすいのでしょうが、今回は各々の楽器の個性に合わせて曲を演奏する、という試みになっています。F.Sorの”魔笛”の主題による変奏曲やF.Tarregaのアルハンブラの想い出、H.Villa-Lobosのプレリュードなど、名曲を中心にプログラミングしています。

筆者の演奏する時間帯は13:20〜13:50、15:15〜15:45です。
詳しくは本サイト、
http://park10.wakwak.com/~jsima/fairinfo/fair2005/fairinfojp.html
を御覧下さい。

jsima051104a

November 4, 2005 in お知らせ | | TrackBack (1)